« 大阪・天満橋付近 | トップページ | セミ羽化観察会 »

2017年8月 6日 (日)

ツバメねぐら入り下見

 大阪府高槻市の淀川河川敷・鵜殿は旅たち前のツバメが何万羽と集まることで有名です。
 8月5日に観察会を予定していましたのでその1週間前に下見に行きました。あいにくとうす曇りでしたので、光量不足できれいに撮れないと判断してもっぱら夕焼けを背景にして撮りました。そのためツバメの大群は撮影できていません。

 西の空はうす曇りで入道雲も隠れてしまうあいにくの曇り空でした。
2kumo_0016















 
 ツバメの大群がやってくる前触れのツバメが少しずつ飛来してきました。
4senken_0019















4senken_0021















 
 日没が近づくにつれ撮影がしずらくなり、夕焼けを背景に撮ることに切り替えました。そのため大群の飛翔姿は撮影できませんでした。
4senken_0024

















4senken_0051


















4senken_0058













 
 ヨシ原には舞い降りたツバメが無数に止まっていたらしいのですが、カメラではとらえきれませんでした。




« 大阪・天満橋付近 | トップページ | セミ羽化観察会 »

コメント

おはようございます Heyモーです
ツバメの集まる数が何万羽とは 驚きですね
集まったツバメはその後はどうするのでしょうか
南の方に帰るのでしょうか

投稿: | 2017年8月 7日 (月) 08時32分

(^^♪ Heyモーさんへ

 ツバメの数は野鳥部会の皆さんの話の受け売りです。

 今年日本で巣立ったツバメなどがヨシ原に集まってきて集団で南へ渡っていくまで、ヨシ原などをねぐらにしているそうです。いつ旅立つのかはよくわかりません。

投稿: とんぼ | 2017年8月 7日 (月) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/65608824

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメねぐら入り下見:

« 大阪・天満橋付近 | トップページ | セミ羽化観察会 »