« 大阪市立大学付属植物園4 | トップページ | 初夏の淀川河畔散策:2 »

2017年7月 3日 (月)

初夏の淀川河畔散策:1

 梅雨の合間に淀川河畔を久しぶりに散策しました。

 ネズミムギ? カラスムギ、イヌムギというものもあって迷います。
1nezumimugi_0001















 キマダラカメムシ
2kimadarakamemushi_0004
















 ヤナギハナガサ
3yanagihanagasa_0005
















 ヤナギハナガサに似た花にアレチハナガサがあります。葉の付け根が茎を抱くのがヤナギハナガサらしい。葉の付けも観察しないといけないですね。
3yanagihanagasa_0007
































 
 トノサマバッタ
4tonosamabatta_0008

















 なぜか河原の一部だけが焼けていました。自然発火なのか意図的なものなのか?
5yakeato_0012















 
 ツバメシジミ  翅を広げるときれいな色でした・・・
6tubameshijimi_0017
















 
 ヤナギハナガサはこの時期のチョウの栄養源です。

 キマダラセセリ
7kimadaraseseri_0023
















 モンシロチョウ
8monshgirocyou_0026

















* * * 続く * * *


« 大阪市立大学付属植物園4 | トップページ | 初夏の淀川河畔散策:2 »

コメント

梅雨の時期に事前発火は考えにくいのでは。
誰かがいたずらしたのか、火がついたタバコの吸殻でもしてたのか。
広く燃え広がらなくて良かったですね。

投稿: dojyou38 | 2017年7月 4日 (火) 11時19分

(^^♪ dojyou38さんへ

 そうですね。自然発火ではないとすると失火でしょうか?タバコの火でしょうか?いずれにしても狭い範囲で終わっていてよかったです。

投稿: とんぼ | 2017年7月 4日 (火) 13時42分

キマダラカメムシは久しぶりの出会いでした。名前を忘れかけていました。ヤナギハナガサってのもあるのですね。下流の東淀川区辺りでも見るのは全部アレチハナガサだと思っていました。今度しっかり茎を見て来たいと思います。ありがとうございます。

投稿: もこたん | 2017年7月 9日 (日) 15時37分

(^^♪ もこたんへ

 今回初めてヤナギハナガサとアレチハナガサの違いを知りました。
 花ばかり見ていてはだめですね。全体、葉など隅々まで見る必要がありますね。

投稿: とんぼ | 2017年7月 9日 (日) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/65485830

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の淀川河畔散策:1:

« 大阪市立大学付属植物園4 | トップページ | 初夏の淀川河畔散策:2 »