« 晩春の里山9 | トップページ | 晩春の里山11 »

2017年6月 3日 (土)

晩春の里山10

 晩春の里山の続きです。
 ガガンボ
10gaganbo_0219_2

















 ヒメクロオトシブミ?
11himekurootoshibumi_0103_2
















 シュレーゲルガエル
12syuregerugaeru_0202_2

















 カワヂシャ
13kawadisya_0115

















 コシアカツバメとその巣
15koshiakatubame_012714koshiakatubame_su_0122_2










 エサを銜えたツバメ ヒナのえさ?
17tubame_0143















 
 ヒゲナガハナバチ?
18higenagahanabachi_ka_0227















 餌を加えたキセキレイ ヒナのためでなく恋のためか?
18kisekirei_0154















* * * 続く * * *




« 晩春の里山9 | トップページ | 晩春の里山11 »

コメント

こんばんは! とんぼさん
Heyモーです

シュレーゲルガエル とは 日本の古来のカエルでしょうか 外国種とか???

オトシブミはカッコイイですね

投稿: Heyモー | 2017年6月 5日 (月) 19時27分

(^^♪ Heyモーさんへ

 シュレーゲルアオガエルは日本固有種だそうです。名前は研究に携わった博士の名前に由来するようです。

 オトシブミは小さな小さな昆虫です。卵を産み付けた木の葉の細工は見事な姿です。

投稿: とんぼ | 2017年6月 6日 (火) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/65340952

この記事へのトラックバック一覧です: 晩春の里山10:

« 晩春の里山9 | トップページ | 晩春の里山11 »