« 一週間後の春の里山2 | トップページ | 高槻市の里山2 »

2017年4月 9日 (日)

高槻市の里山1

 春らしさが一層感じられるようになった3月下旬、高槻市の里山観察会に参加しました。

ナワシログミ 苗代の頃に熟すからついた名前
1nawashirogumi_0006















 ホオジロ
4hoojiro_0012















 チョウセンカマキリ(左)・オオカマキリ(右)の卵塊が多数ある塀壁
5cyousenkamakiri_00146ookamakiri_0015









 同じ堀壁にはスカシダワラやジャコウアゲハの蛹もありました。
7sukashidawara_kususan0017














8jyakouageha_0022














 
 

 少し離れた別の場所にはウスタビガの繭が落ちているのを発見
9usutabiga_0033
















 

 ヤマネコノメソウ
10yamanekonomesou_0034















* * * 続く * * *


« 一週間後の春の里山2 | トップページ | 高槻市の里山2 »

コメント

おはようございます
サナギもいろいろユニークな形や色で楽しめますね
いろいろ見せて頂きどうもありがとうございました!!

きょうも雨降りの東京です
最高気温17度の予想です

投稿: Heyモー | 2017年4月 9日 (日) 09時33分

(^^♪ Heyモーさんへ

 チョウやガのサナギにはそれぞれ固有のものがあるようです。
 サナギそのものを見る機会が少ないのですが、出会う旅に感動します。

投稿: とんぼ | 2017年4月 9日 (日) 17時53分

 チョウ類のサナギなど全く気付かないのは心がないからでしょうね。素敵なサナギたちに胸が躍りました。ありがとうございます。

投稿: もこたん | 2017年4月14日 (金) 15時04分

(^^♪ もこたんへ

 心の有無ではなく、住みやすい環境かどうかではないでしょうか?ジャコウアゲハは食草があることが条件になりますね。

投稿: とんぼ | 2017年4月15日 (土) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/65095391

この記事へのトラックバック一覧です: 高槻市の里山1:

« 一週間後の春の里山2 | トップページ | 高槻市の里山2 »