« 春の生駒山系を歩く:1 | トップページ | 春の生駒山系を歩く:3 »

2017年4月22日 (土)

春の生駒山系を歩く:2

 4月上旬、生駒山系の公園での観察会の続きです。

 雨上がりのモミジの花 桜に負けてしまって振り向く人が少ないのが残念です。
1momiji_0001_2















 コクサギ雄花
2kokusagi_0004_2















 ソメイヨシノは満開でした
4sakura_ggh_0008_2















 キランソウ ‘地獄の窯のふた’といわれるのは「みなの病気を治してしまい、死んで地獄に行く人をなくしてしまう」ほどいろいろな薬効があるかららしい。
7kiransou_0012_2
















 ハルジオン 茎の中は空っぽだそうですが、「‘姫’はお腹がいっぱい」と覚えています。また、葉っぱは茎を抱くそうですが、ノゲシほどはっきりした抱き方ではないので注意が必要です。蕾は首をうなだれているのも特徴の一つです。
8harujion_0013















 
 スズメノヤリ  大名行列の毛槍に見立ててつけられた名前 槍が1本飛び出している。
9suzumenoyari_0014














 
 ヤブニンジン 久しぶりの対面で名前をすぐに思い出せませんでした
10yabuninjin_0016















 
 ジロボウエンゴサク ムラサキケマンとは違うことがわかりました。葉っぱの形状が違うようです。よく似た花にヤマエンゴサクがあるがまだ出会いはない。
11jirobouengosaku_001811jirobouengosaku_0026










* * * 続く * * *


« 春の生駒山系を歩く:1 | トップページ | 春の生駒山系を歩く:3 »

コメント

生駒山では、虫や蝶や野鳥、野草や木々の花、いろいろ楽しそうです。
コクサギの雄花、見られて羨ましいです。
出会いたいです。

投稿: とんとん | 2017年4月23日 (日) 10時17分

(^^♪ とんとんさんへ

 生駒山系は自然が豊かですがまだその一部しか見ていないと思います。まだまだこれから勉強していきたいです。

投稿: とんぼ | 2017年4月23日 (日) 11時38分

本当に華やかなサクラの中ではモミジも花は目立たなくて可哀そうです。
良く見ると繊細な姿かたちと彩をしています。

投稿: dojyou38 | 2017年4月24日 (月) 18時31分

(^^♪ dojyou38さんへ

 モミジの開花時期は桜と同時なのに陰に追いやられていますね。新緑の緑と対比される朱赤が奇麗だと思っています。

投稿: とんぼ | 2017年4月24日 (月) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/65167271

この記事へのトラックバック一覧です: 春の生駒山系を歩く:2:

« 春の生駒山系を歩く:1 | トップページ | 春の生駒山系を歩く:3 »