« 早春の里山:2 | トップページ | 早春の里山:4 »

2017年3月28日 (火)

早春の里山:3

 

彼岸の入りを迎えた里山での春のいぶき探しの続きです。

 カンサイタンポポ
21kansaitanpopo_0058

















 風を待つコウヤボウキの種子
22kouyabouki_0059

















 キョウチクトウにも種子はできる・・・ どこかへ飛んで行ったあとだ・・・
23kyouchikutou_0061

















 ハランの蕾と果実
24haran_0064















24haran_0065
















 

 ナキリスゲ
25nakirisuge_0066
















 

 ムラサキハナナ
26murasakihanana_0067
















 

 タネツケバナ
27tanetukebana_0070
















 

 クモが活動を開始しだした・・
28kumo_0071

















 

 ホトケノザ 周囲にはオオイヌノフグリ
29hotokenoza_0072















* * * 続く * * *

 


 


« 早春の里山:2 | トップページ | 早春の里山:4 »

コメント

コウヤボウキやセンニチソウの綿毛って
結構多く残っていますよね
せっかく綿毛を付けても
あまり拡散してないのでは?

投稿: imakarayarou | 2017年3月31日 (金) 18時00分

(^^♪ imakarayarouさんへ

 コウヤボウキなどの種子がよく残っていることがありますが、里山ではテイカカズラの大きな種子を意外なところで見つけることがありますので、それなりに機能はしているのではないでしょうか。

投稿: とんぼ | 2017年3月31日 (金) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/65050569

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の里山:3:

« 早春の里山:2 | トップページ | 早春の里山:4 »