« 初冬の里山:1 | トップページ | 初冬の里山:3 »

2016年12月23日 (金)

初冬の里山:2

 初冬の里山の続きです。
 モチツツジの花は季節感を狂わせますが、もともと秋から咲く花と思うほうがよいのかと考えが変わってきました。
9mochitutuji_0018


















 昨日の記事のムクドリが集まってきていたカキの実の大きさに比べると半分以下で真ん丸なカキの実
10kakinoki_0019


















 カナメモチ? 果実
11kanamemochi_0020
















 
 
ヘクソカズラ 果実 リースなどの飾りつけに使用されることもあるようです。
12hekusokazura_0021

















 
 セイタカアワダチソウ 果実が泡立つようにつくからついた名前と最近知ったばかりなのでまた撮影してしまいました。
14seitakaawadachisou_0025


















 
 
 キョウチクトウ 果実は珍しいらしい。 有毒です。
15kyouchikutou_0026

















 
 ナツフジ 果実
16natufuji_0028

















 ハキダメギク 牧野富太郎博士が名付けた名前だそうです。花期は6月~11月なので12月でも花が咲いている。
17hakidamegiku_0029


















* * * 続く * * *


« 初冬の里山:1 | トップページ | 初冬の里山:3 »

コメント

おはようございます とんぼさん
Heyモーです

ヘクソカズラ ネーミングに似合わずお花も晩秋の実もとっても素敵な雰囲気ですよね!!

投稿: Heyモー | 2016年12月23日 (金) 06時20分

アキノキリンソウなどの花後など普段気にとめていない姿を見せて頂きました。
以前、柿農家を訪ねたとき柿は野鳥の被害が無いので助かりますといっていましたが、
収穫時期を過ぎて熟柿になると鳥たちの餌になるのですね。

投稿: dojyou38 | 2016年12月23日 (金) 09時36分

いつも応援コメント下さりありがとうございます。
きょうも楽しませて、いただきました。

投稿: ちごゆり嘉子 | 2016年12月23日 (金) 09時45分

(^^♪ Heyモーさんへ

 ヘクソカズラは名前で損をしていますね。花もかわいいし、実も手芸などで利用されるなど有用なのにです。

投稿: とんぼ | 2016年12月23日 (金) 17時07分

(^^♪ dojyou38さんへ

 花や実を楽しむだけでなく、1年間の様子を追いかけてみるのも面白いと思っています。
 もともと小生が自然観察に関心を持つようになったのは、こぶしの果実が秋空に輝いているのを見たからです。コブシの実と分かってから花を見たくなり、その花がどのようにして果実を形成していくのか、果実が散った後冬はどのような姿で越しているのか、春の芽生えはどうなのかと1年を通して観察したことからです。
 カキの果実を小鳥のためにいくつか残しておく農家の方の思いやりを聞いたことがあります。

投稿: とんぼ | 2016年12月23日 (金) 17時15分

(^^♪ ちごゆり嘉子さんへ

 こちらこそありがとうございます。いつも楽しませていただいています。

投稿: とんぼ | 2016年12月23日 (金) 17時17分

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

いろいろ見て、楽しめました。
眺めて、ほっとし心安らぎました。
ありがとうございました。

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。

投稿: siawasekun | 2016年12月24日 (土) 02時47分

(^^♪ siawasekunさんへ

 いつものようにいつもの草花たちが生きている姿が美しいと思います。

投稿: とんぼ | 2016年12月24日 (土) 05時53分

ヘクソカズラは去年の🎄リース作りには持参しましたが、今年は緑地で見つけられませんでした。花も実も愉しめますよね〜。小さな頃に花びらにツバ付けて鼻の頭に付けて遊んでいました。
それに負けないハキダメギクなんて牧野さんも無粋なネーミングしてくださいますね。もっとも掃き溜めでも綺麗に咲くというのかもしれませんが、それでも注釈なしにはイタイ名前だと思うのは私だけ?
花の少ないこの時期でもこうやって普段は見過ごす草花に愛を注いでおられるとんぼさんに感謝です。

投稿: もこたん | 2016年12月24日 (土) 07時11分

(^^♪ もこたんへ

 来年3月にインスト修了生の歓迎観察会を受け入れることになったので春にはどんなものがあるのかという目で回りました。春には春の姿があるのですが冬のすがたを知っているかいないかは氷山の水面下の大きさのようなものだと思います。

投稿: とんぼ | 2016年12月24日 (土) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/64654219

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の里山:2:

« 初冬の里山:1 | トップページ | 初冬の里山:3 »