« 里山散策:10(Last) | トップページ | 再び里山散策:2 »

2016年12月 3日 (土)

再び里山散策:1

 昨日まで掲載していた里山に10日ほど経って再度訪れる機会がありました。重複していない出会いを紹介します。

 ヒメシロモンドクガ 幼虫の食草はリンゴ、ウメ、サクラ、クワ、クヌギ、ダイズなどと範囲が広いそうです。
2himeshiromondokuga_0002


















 



 ソシンロウバイ 蕾
5soshinroubai_0014_2


















 

 マユミ 果実が割れていました。
6mayumi_0015_2


















 

 アオツヅラフジ 種がアンモナイトに似ているといわれています。
12aotudurafuji_0025_2

















 
 タカノツメ 3出複葉 黄葉が美しい
24takanotume_0042_2

















 
 キノコ 緑色が入っているように見えます・・・
26kinoko_0047_2


















 
 ヒヨドリジョウゴ?ヤマホロシ?
29hiyodorijyougo_0053


















* * * 続く * * *





 


« 里山散策:10(Last) | トップページ | 再び里山散策:2 »

コメント

 おはようございます とんぼさん
Heyモーです
珍しいキノコですね これから傘が開くのでしょうか?
ヒメシロモンドクガ いかにも毒が有りそう
秋にうちのバルコニー菜園鉢植え栽培のソメイヨシノについていた
この写真と同じような毛虫に指を刺されました 
かなり腫れてしまって数時間痛かったです

投稿: | 2016年12月 3日 (土) 07時10分

(^^♪ Heyモーさんへ

 キノコについてはさっぱりわからず、色・形を楽しむだけです。

 ケムシの仲間はうかつに触らないのが安全と思っています。触ると痛いぞと教えてくれているような気がしますので。

投稿: とんぼ | 2016年12月 3日 (土) 08時15分

ドクガと言えば、1度チャドクガに触れて酷い目にあったことがあります。
やはり、このヒメシロモンドクガも触れると腫れますか。
ヤマホロシは近くで良く見かけますが赤い実は見落としていました。
注意して観察して見ます。

投稿: dojyou38 | 2016年12月 3日 (土) 11時16分

(^^♪ dojyou38さんへ

 ヒメシロモンドクガがどの程度の毒性があるのかよくわかりません。

 ヤマホロシとヒヨドリジョウゴはよく似ているようです。写真のものはどちらなのか特定できませんでした。

投稿: とんぼ | 2016年12月 3日 (土) 17時08分

ソシンロウバイなんてロウバイにも色々あるのですね。難しいなあ(涙)アオツズラフジは私も今日偶然に実を見つけました。3年がかりでやっと覚えられたのですが、春にもすんなり思い出せるかは自信有りません。でも、枚岡の階段前では必ずチェックできますよね。タカノツメなんて唐辛子だと思っていました。ありがとうございます。

投稿: もこたん | 2016年12月 8日 (木) 21時02分

(^^♪ もこたんへ

 ロウバイ、ソシンロウバイ、ウンナンロウバイ、アメリロウバイ?などがあることを京都府立植物園で覚えました。
 タカノツメは里山を歩いて覚えました。先生(先輩)に教えていただいたものです。一人歩きもいいですが、先輩のいるグループで歩くと覚えますね。

投稿: とんぼ | 2016年12月 9日 (金) 10時30分

 丁寧にありがとうございます。4種もあることにビックリです。やはり一人歩きは中身も独り歩きになってしまって広がらないのですよね。残念!

投稿: もこたん | 2016年12月10日 (土) 11時58分

(^^♪ もこたんへ

 植物園巡りは一人でするほうが覚えやすいです。
 里山観察は先輩に教えてもらうのがいいですね。

投稿: とんぼ | 2016年12月10日 (土) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/64524682

この記事へのトラックバック一覧です: 再び里山散策:1:

« 里山散策:10(Last) | トップページ | 再び里山散策:2 »