« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の記事

2016年12月31日 (土)

初冬の里山:10

 長々と続いた初冬の里山の最終です。

 コクラン 花は夏に咲きます。
84kokuran_0166
















 カラスウリ  まだしなびずに輝いて見えました。
85karasuuri_0168

















  ツルニンジン 果実
86turuninjin_0169

















 フユイチゴ 果実
89fuyuichigo_0174
















 

 マムシグサ 果実
90mamushigusa_0175















 民家の軒下のスズメバチの巣 使用されていないようです。
91suzumebachinosu_0176















* * * 完 ***

+ + + + + + + + + +

 2016年も大みそかを迎えました。
今年1年間拙ブログにご来訪いただきありがとうございました。
ブログを始めて9年半。長く続けてこられたのもご来訪いただいた方々の温かいお言葉があったからと感謝しております。
 来年もよろしくお願い申し上げます。
  良いお年をお迎えください。

 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

初冬の里山:9

長々と続いていますが初冬の里山のラス前です。

 山の中で紅葉がまだ楽しめました。近くのもみじの木は散っていました。
70kouyou_0143


















 道端の木に生えたサルノコシカケ 子どもなら腰かけられそうな低さと大きさです。
71sarunokoshikake_0144
















 民家の庭のマユミ 園芸種でしょうか?
74mayumi_0147


















 

 サザンカ
76sazanka_0149





 










 ハチノスタケ 蜂の巣のような穴があいているかららしい。食べられないようです。
77hachinosutake_0150



















 まだまだ元気なノリウツギ
78noriutugi_0151

 














 

 初冬のわびしさを感じさせるススキ、ガマ
79susuki_0156_280gama_0157_2

 












 

 たくさんの果実をつけたカキノキ
81kakinoki_0159















* * * 続く * * *

 


| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

初冬の里山:8

 初冬の里山がもう少し続きます。

 ヨモギの葉裏にはどんな虫がいるのか?これを撮影していて、ノスリの撮影ができませんでした。3羽も現れたのに・・・
56yomogi_0109


















 ハンノキ 池際に群生していました。
58hannoki_0114

















 シャシャンボ 果実 うす甘くておいしい 葉裏の主軸にとげがあるらしいのですがうまく確認できませんでした。個体差があるのか? 
60syasyanbo_0118












 
 ハチノス 以前にも大きな蜂の巣の抜け殻?を見た記憶があります。人がめったに通らないので危険ではないのでしょう。
61hachinosu_0119

















 
 テイカカズラ 果実 木立の陰で木漏れ日が当たって輝いて見えました。テイカカズラの種子がこのように飛び散っていくのだと実感しました。
65teikakazura_0127
















 
 ジュズネノキ アリドオシの仲間です。オオアリドオシというのもあるからややこしい。木陰なのできれいに撮れませんでした。
67jyuzunenoki_0134_e

















 
 板根 山の中でこのような根っこを見るのは珍しいと思います。樹はカシの仲間だと思います。
68bankon_0136
















68bankon_013768bankon_0138_2











* * * 続く * * *

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

初冬の里山:7

 初冬の里山がもう少し続きます。

 エナガ 群れが枯草の中にいてなかなか姿を見せませんでした。一瞬一羽が姿を見せてくれたのですが、甘ピンでした。
47enaga_0092

















 サネカズラ これも増えてほしいと思っています。
48sanekazura_0095


















 ヤマコウバシ 春に新しい葉が芽生えるまで枯葉が落ちないらしい。
49yamakoubashi_0096















 ビワ 昆虫が少ない冬に咲くのはどんな戦略があるのでしょう?希少価値を狙っているのでしょうか?
50biwa_0097

















 

 ツグミ
52tugumi_0101
















 
 

 ウラギンシジミ♂ 成虫越冬 暖かいから飛び回るのか?
54uraginshijimi_0106




















 

 キチョウ これも成虫越冬 二羽飛んでいましたが止まらないので撮影はむつかしい・・・
59kicyou_0116

















 

 カマツカ? 果実
55kamatuka_0107


 













* * * 続く * * *

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

初冬の里山:6

 初冬の里山の続きです。


 ミズゴケではないかと思うのですが、自信がありません。
39mizugoke_ka_007639mizugoke_ka_0077_2













 ミヤマウズラ
40miyamauzura_0078


















 コウヤボウキ 花後の姿も美しいと思います。
41kouyabouki_0079



















 ホラシノブ? 以前見たものと似ていますが、写真整理をしていて迷いだしました。
42horashinobu_ka_0081

















 
 カエンタケ 枯れかかって茶色くなっていました。
43kaentake_0082


















 
 タカノツメ 落ち葉から甘いにおいが漂っていました。他の場所でも嗅いで見たのですがこの場所のが一番匂っていたような気がします。湿り具合によるのかな?
44takanotume_0083

















 
 キッコウハグマ 果実 この種子から増えてほしいです。
45kikkouhaguma_0085















 
 
 あまり増えてほしくないオニタビラコ 果実
46onitabirako_0087



















* * * 続く * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

初冬の里山:5

 初冬の里山の続きです。

 ヤブムラサキ 果実 葉が落ちて果実が目立ちます。葉っぱはビロードのようにすべすべです。
31yabumurasaki_0058

















 リュウノウギク 名残の花です。
32ryuunougiku_0061


















 アキノキリンソウ これも名残の花です。
33akinokirinsou_0063















 
 
 ウメバチソウ 草刈りがされていましたがかろうじて残っていました。種子が撒かれて増えてくれるといいのですが・・・
34umebachisou_0064_234umebachisou_0069_2











 
 リンドウ 草刈りを免れた個体です。
35rindou_0065















 
 
 ヤビコウジ(別名:十両) 以前に比べて増えたような気がします。
36yabukouji_0072_b
















 
 タマゴケ? 写真を整理していてたぶんそうだろうと気が付きました。
37tamagoke_0074


















 
 スギゴケ? シッポゴケ? 同定できません。
38sugigoke_ka_shippogoke_ka_0075















* * * 続く * * *




| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

初冬の里山:4

 初冬の里山の続きです。

オオイヌノフグリ 朝方はまだ花が開いていないようです。ホトケノザと同じように秋から咲くと覚えた方がよいようです。
24ooinunofuguri_0043

















 ホコリタケ
25hokoritake_0047_e
















 ジャノヒゲ 青い果実が美しい
26jyanohige_0048















 紅葉が美しい幼木の名前は?
26kouyou_0049
















 

 こちらの赤い葉っぱはスイバでしょうか?
26suiba_ka_0050















 ヨシノアザミでしょうか? 総苞のとげが立っているのでそうと判断したのですが・・・
27yoshinoazami_0052
















 ソヨゴ 果実
28soyogo_0053

















 

 ワレモコウ 果実は終わりかけています
30waremokou_0056














* * * 続く * * *





 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

初冬の里山:3

 初冬の里山の続きです。

 ツルウメモドキ 果実
18turuumemodoki_0032













 ソシンロウバイと先輩から教えていただきました。花が咲くころに来てみたい・・・
19roubai_0033


















 カワラタケが密集しているクヌギ いつ倒れるのか気がかりです
20kawaratake_0034

















 
 テイカカズラ 果実
21teikakazura_003621teikakazura_0037










 
 
 シロダモ 果実はますます赤く熟し、花はしおれてきていました
22shirodamo_0039














22shirodamo_0040

















 キノコ 名前は? 法面にたくさん出ていました。
23kinoko_0041
















* * * 続く * * *

 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

初冬の里山:2

 初冬の里山の続きです。
 モチツツジの花は季節感を狂わせますが、もともと秋から咲く花と思うほうがよいのかと考えが変わってきました。
9mochitutuji_0018


















 昨日の記事のムクドリが集まってきていたカキの実の大きさに比べると半分以下で真ん丸なカキの実
10kakinoki_0019


















 カナメモチ? 果実
11kanamemochi_0020
















 
 
ヘクソカズラ 果実 リースなどの飾りつけに使用されることもあるようです。
12hekusokazura_0021

















 
 セイタカアワダチソウ 果実が泡立つようにつくからついた名前と最近知ったばかりなのでまた撮影してしまいました。
14seitakaawadachisou_0025


















 
 
 キョウチクトウ 果実は珍しいらしい。 有毒です。
15kyouchikutou_0026

















 
 ナツフジ 果実
16natufuji_0028

















 ハキダメギク 牧野富太郎博士が名付けた名前だそうです。花期は6月~11月なので12月でも花が咲いている。
17hakidamegiku_0029


















* * * 続く * * *

| コメント (10) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

初冬の里山:1

 通いなれた里山の今年最後の例会に参加しました。

 ニホンスイセンが咲き始めていました。
1nihonsuisen_0001

















 ヒナギキョウの蕾。朝早いのでまだ開いていません。
2hinagikyou_0003_2



















 

 カキノキの果実に集まるムクドリ
3mukudori_0007



















 アキノキリンソウ 花後
5akinokirinsou_0013


















 ツリガネニンジン 果実
6turiganeninjin_0014


















 
 ブタナ 果実
7butana_0015


















 
 ヒノキは「Y」、アスナロは「W」、サワラは「X」と覚えるとよいようです。
 この里山では、ヒノキとアスナロが見れます。
 8hinoki_0016














69asunaro_0140















* * * 続く * * *


| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

正月飾り作り:3

 正月飾り作りの続きです。

 残りの3本目も右巻きにねじります。
12amikatab_0127
















 右巻きにねじった3本目を巻き上げた2本に左巻きで巻いていきます。
12amikatab_0131















12amikatab_0133

















12amikatab_0134

















 3本目を端まで巻き上げたら麻ひもでしっかり止めます。先ほど2本を止めたものは外します。
12amikatab_0139

















 

 巻き上げたら、はみ出たワラの端をはさみできれいに切り取ります。
13seisou_0140_e































 
 
 

 巻き上げた藁束の端を切りそろえて、輪にする際、太いほうが上にくるようにします。
その止め方や飾りつについては、残念ながら写真撮影できませんでした。来年の課題です。

* * * 完 * * *

 

 

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

正月飾り作り:2

 正月飾り作りの続きです。
 選別したワラの根元を麻ひもでしっかりくくります。最後に端を整えるために切り落としますのでその分を見込んだ幅を開けてくくります。
14amikatakihon_0142_e_3
















 上の写真は2本編みですが、3本編みで編み方を説明します。


3本のうち、1本には触らず、まず2本を編み上げます。
12amikataa_0101_2














 
 1本ずつは、右巻きにねじります。
12amikataa_0102_4















 
 
 
 それぞれ右巻きに巻いた2本を左巻きに巻いていきます。
12amikataa_010512amikataa_0107_2

 






 
 
 2本を左巻きに巻き上げたら端を麻ひもで仮止めします。
12amikataa_0125_212amikataa_0126_2









* * * 続く * * *



 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

正月飾り作り:1

 稲わらを使った正月飾りを作る催しがあり手伝い(主としてカメラマン役)に行きました。


作ろうとしているのはしめ縄ではなく正月飾りです。見本です。
4mihon_0061_2
















 スタッフが用意した道具や材料の一部です。
2dougu_00562dougu_0062










3zairyou_00573zairyou_00583zairyou_0059_e_2













3zairyou_0065














 
 
 
 

 
 飾りを作る稲わらを選別して木槌でたたいて柔らかくします。床をたたくので階下から苦情が出ました。
8waratataki_0086_f















8waratataki_0100_e

















* * * 続く * * *


| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

初冬の枚岡公園:3

 12月初めの枚岡公園散策の続きです。

 落葉樹が多い山肌に茶色い葉が輝いて見えました。春まで枯葉が落ちないヤマコウバシなのか?
14yamakoubashi_ka_0036



















 メジロ、ヤマガラと出会いました。広角ズームなのが残念です。
15mejiro_0038


















16yamagara_0042


















 トベラの果実。ひっそりと存在を教えてくれていました。
17tobera_0046


















 コウテイダリアがまだ咲いていました。
18kouteidaria_0049




















 
 ハギの花がまだ咲いていました。
20hagi_0051















 カキノキの果実 まだまだたくさん残っています。
19kakinoki_0050

















 アオツヅラフジの果実。鳥は食べないのかなぁ・・・
21aotudurafuji_0052
















* * * 完 * * *



| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

初冬の枚岡公園:2

 12月初旬の枚岡公園。里山の初冬の雰囲気を楽しみました。

 ヤブミョウガの果実。真っ黒でないところが魅力的といった方がおられました。
7yabumyouga_0016

















 アオキの若木、地上20cmくらいの高さに果実がついていました。冬の彩りですね。
8aoki_0017


















 山道の紅葉。殺風景な山の彩りです。
9kouyou_00269kouyou_0018













































 

 サネカズラの果実
10sanekazura_0028
















 

 ムクノキの果実。野鳥に食べ残されたものかな・・・
11mukunoki_0030


 












 

 クサギの果実も殺風景な山の彩りです。
12kusagi_0031

















 

 ケヤキの木に止まるのはヒヨドリのようです。
13hiyodori_0034















* * * 続く * * *

 

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

初冬の枚岡公園:1

 近鉄奈良線枚岡駅で降り生駒山麓側の階段を上がると枚岡神社の二の鳥居があります。その傍のエノキの大木に止まる鳥はツグミのようです。この日も室内撮影が主になるので広角ズームを装着していたので大きくは撮れません。
1tugumi_0002_2














 枚岡神社境内の紅葉。今年は紅葉が遅いようで、12月に入ってもまだ楽しめました。
2kouyou_0005














2kouyou_00072kouyou_0009_2










 

 参道脇のツボゴケ?コツボゴケ?
3tubogoke_ka_0010


















 

 境内のナギの果実。奈良の春日大社のナギ林(天然記念物)を連想させます。元春日といわれる枚岡神社にふさわしい樹です。
4nagi_0012











 
 
 

 枚岡公園に向かいました。コクサギの葉は2枚ずつ互生するのでコクサギ型葉序といわれています。サルスベリ、ケンポナシ、ネコノチチ、シナノキもコクサギ型葉序らしい。
6kokusagi_0015
















* * * 続く * * *





| コメント (8) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

街中の晩秋・初冬風景

 12月初め、かって同じ職場で仕事をした仲間が集まった会場は少し山手にあって周囲には木立がたくさん植えられていました。野鳥の鳴き声が聞こえたのでカメラを向けましたが、あいにくと広角ズームなのでいつもよりも小さくなってしまいました。エナガの群れでした。
1enaga_0004_2
















 果実が泡立つようになるからつけられた名前がセイタカアワダチソウ。秋の終わりを感じました。
2seitakaawadachisou_0062


















 
 わずかに残るノブドウの果実。
3nobudou_0064

















 
 コセンダングサはまだ元気でした。
4kosendangusa_0065

















 ビワの花はこれから咲き続けるのでしょう。
5biwa_0066


 
 














 
 ナンキンハゼの白い果実がきれいでした。
6nankinhaze_0067

















 
 桜の紅葉。まだ落ちていない葉がありました。
7sakura_0068

 

















 イチョウの黄葉は見ごろでした。歩道に落ちた落ち葉は滑りやすいので注意が必要と感じました。
8icyou_0069
















 モクレンとアラカシの冬芽
9mokuren_0072_210arakashi_0075_2











* * * 完 * * *


 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

バススタンプラリー

 11月下旬、市内のバスに乗るスタンプラリーに参加する孫のお供をしました。

 受付でもらった資料を見て作戦会議です。
1sakusen_0008_e

















 主催者の説明がありました。
2setumei_0013_e
















 子どもは説明の終わりが待ち遠しい様子です。
3madakana_0015_e
















 ラリー開始。バス乗り場まで案内がありました。
4hajimari_0018_e
















 スタンプを7個以上集めると抽選が1回できます。11個集めたので3回できました。
5garagara_0023_e6mayoi_0026_e_2









 

 子どもはこういった遊びの方が好きなようです。
7asobi_0032_e_27asobi_0034_e_2










* * * 完 * * *

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

市民の森:3

 11月下旬、市民の森付近の田んぼにいたケリ2羽
1keri_0002_2
1keri_0004_2













 傍の電線に止まるツグミ、ムクドリ
2tugumi_0009_23mukudori_0011_3













 鏡伝池のカルガモ
5karugamo_0032


















5karugamo_00435karugamo_0099_2












 マガモ、カイツブリ
6magamo_0034_27kaituburi_0041_2













 ヒヨドリ
9hiyodori_0049















 
 シジュウカラ、メジロ
28shijyuukara_0131_2 26mejiro_0112_2













 
 ナンキンハゼの実をついばむスズメ
27suzume_0147
















27suzume_0154

















 ナンキンハゼのはるか上空を飛ぶのはタカ?
29taka_0157















* * * 完 * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

市民の森:2

 11下旬の市民の森の続きです。

 キクなどの花に集まる虫たち。

 ツマグロキンバエ、名前不詳のハエ
14tumagurokinbae_007314hae_0064_2











 キゴシハナアブ、フタホシヒラタアブ
19kigoshihanaabu_007820futahoshihirataabu_ka_0092













 オオハナアブ、シマハナアブ
20oohanaabu_0088_220shimahanaabu_ka_0083_2













 ヤマトシジミ、ベニシジミ
21yamatoshijimi_0089_423benishijimi_0096_5










 
 
 ツマグロヒョウモン
18tumagurohyoumon_0076









 







 
 帰路で出会ったアカタテハ
30akatateha_0174

















* * * 続く * * *







| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

市民の森:1

 11月下旬の市民の森。菊の花がきれいに飾られていました。
10kiku_0055
















 秋を探しました。

 ハナノキの紅葉
4hananoki_0027

















 ドウダンツツジの紅葉
13doudantutuji_0060


















 ナンキンハゼ、トウカエデ
24nankinhaze_010325toukaede_0111










 
 

 エノキの黄葉
8enoki_0047
















 

 カキノキの果実、クスノキの果実
12kakinoki_005811kusunoki_0057_2











 

 コブシ・モクレンの冬芽
16kobushi_0070_217mokuren_0071_2











 
 

 ナズナ 春の花がも咲いている? いや、遅咲きなのかな?
22nazuna_0094

















* * * 続く * * *


 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

淀川散策:6

 11月中旬、淀川河畔散策時に出会った野鳥の続きです。

 ハクセキレイ、セグロセキレイ
27hakusekirei_013535segurosekirei_0262_2










 シジュウカラ
29shijyuukara_0156


















 カワラヒワ
30kawarahiwa_0169




















 タゲリ
33tageri_0211
















 カンムリカイツブリ
32kanmurikaituburi_0238

















 ダイサギ
40daisagi_0349_240daisagi_0370_2











 

 オオバン
39ooban_0306

















 

 コガモ
41kamonomure_0312















 

 ヒドリガモ
41kamonomure_0314















 
 

 カワウ
42kawau_0334


 












* * * 完 * * *



 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

淀川散策:5

 11月中旬、淀川河畔散策時に出会った野鳥などです。

 カワアイサとは三か所で出会いました
20kawaaisa_0088_320kawaaisa_0093_2









20kawaaisa_0142
















20kawaaisa_0383_220kawaaisa_0385_2












 アオサギ
21aosagi_0105

















 マガモ
22magamo_0096

















 オカヨシガモ
23okayoshigamo_0097















 

 カルガモ
24karugamo_0104
















* * * 続く * * *

 

| コメント (9) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

淀川散策:4

 淀川河畔散策時に出会った野鳥です。

 この日はタカの仲間との出会いが多くありました。

 ミサゴ
1misago_0044

















 チョウゲンボウ
2cyougenbou_0020

















2cyougenbou_00242cyougenbou_0026_2













 ノスリ
3nosuri_0030

















 トビ
5tobi_0113
















 

 オオタカ
36ootaka_0268















36ootaka_0271_236ootaka_0284










 ハヤブサらしい・・・ 撮っていたカメラマンに教えていただきました 小生のカメラではとても判定できません・・・
37hayabusa_0295














* * * 続く * * *







| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

淀川散策:3

 11月中旬、淀川河川敷散策時に出会った昆虫など。


 大きなエノキの幹にいたヨコヅナサシガメ 幼虫越冬 越冬場所を探しているのかな?
7yokodunasashigame_0054_2

















 同じ幹にいたカメノコテントウ 成虫越冬 ここで越冬するのか?
8kamenokotentou_0058



















 クロウリハムシ 成虫越冬 同じ幹に群れを成していました。ここが越冬場所?
9kurourihamushi_0060
















 
 カヤネズミの巣でしょうか?
16kayanezuminosu_0072
















 
 オンブバッタ
26batta_0133

















 
 ヨトウムシ(ヨトウガの幼虫) 多数が地上を這っていました なぜ?どこへ?
46yotoumushi_0397

















 
 こんな幼虫も移動中でした 名前がわかりません
47nanimushikana_0404



















* * * 続く * * *
 


| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

淀川散策:2

 11月中旬、淀川河畔散策の続きです。

 河原に咲くタデ類3種 同定できません・・・
25tade_0125_225tade_012825tade_0130









 ナンキンハゼ 紅葉と果実
28nankinhaze_014028nankinhaze_0255













 エンジュ 黄葉
31enjyu_0171


















 シャクチリソバ
38syakuchirisoba_0304


















 オギ
43ogi_0369
















 ギンドロ(ウラジロハコヤナギ) 黄葉
44gindoro_0392















 
 
 ナガエツルノゲイトウ 在来種の植物と競争する他、水面上にマット状に繁茂するので水流を停滞させる植物。特定外来生物に指定されている。
48nagaeturunogeitou_0409
















* * * 続く * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

淀川散策:1

 11月中旬、淀川自然環境の復元という講座に参加して、淀川左岸を散策しました。

 イタセンパラなど絶滅危惧種の復活を目的としてワンドが作られています。その状況を見て歩きました。
4wando_0039_2














4wando_0108
















 第2名神高速道路の工事がされると、対岸の鵜殿のヨシ原に影響が出ます。鵜殿のヨシはヒチリキのリード(蘆舌)には欠かせないものです。写真は高速道路通過予定地付近です。
12dai2meishin_0064
















 

 枚方大橋上流の河川公園の一部です。公園内に人工の池が作られていますが自然回復には程遠い状況です。
45kouen_0377















 河川敷のサイクリング道を散策しながら秋探しを楽しみました。

 エノキ 果実
6enoki_0053















 

 アキニレ 未熟果 紅葉はまだ見られませんでした。
10akinire_0061

















 

 スズメウリ 果実
11suzumeuri_0062
















 
 

 ツルマメ 果実
13turumame_0066


 












 

 ナヨクサフジ 春の花です もう咲きだしたのか? それとも咲き続けているのか?
14nayokusafuji_0068

















 

 シンジュ(ニワウルシ) 果実が白く輝いていました。
15shinjyu_0070













 
 イシミカワ 果実
18ishimikawa_0258
















 
 * * * 続く * * *

 

| コメント (8) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

再び里山散策:2

 11月中旬の里山での出会いです。
 コマユミ?
30komayumi_0057



















 ホオジロ この日二度目の出会い
31hoojiro_0062




















 ツマジロカメムシ
32tumajirokamemushi_0069




















 白花アキノタムラソウ
35shirobanaakinotamurasou_0075


















 ウメバチソウ 葉に特徴がある・・・
36umebachisou_0101


















 イヌセンブリ
38inusenburi_0097

















 
 カエデドコロか?
43kaededokoro_0109




















* * * 完 * * *



| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

再び里山散策:1

 昨日まで掲載していた里山に10日ほど経って再度訪れる機会がありました。重複していない出会いを紹介します。

 ヒメシロモンドクガ 幼虫の食草はリンゴ、ウメ、サクラ、クワ、クヌギ、ダイズなどと範囲が広いそうです。
2himeshiromondokuga_0002


















 



 ソシンロウバイ 蕾
5soshinroubai_0014_2


















 

 マユミ 果実が割れていました。
6mayumi_0015_2


















 

 アオツヅラフジ 種がアンモナイトに似ているといわれています。
12aotudurafuji_0025_2

















 
 タカノツメ 3出複葉 黄葉が美しい
24takanotume_0042_2

















 
 キノコ 緑色が入っているように見えます・・・
26kinoko_0047_2


















 
 ヒヨドリジョウゴ?ヤマホロシ?
29hiyodorijyougo_0053


















* * * 続く * * *





 

| コメント (8) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

里山散策:10(Last)

 11月中旬の里山での出会いの続きです。


 キツネノマゴ
88kitunenomago_0255



















 フユイチゴ 果実 うす甘い味です。
89fuyuichigo_0259


















 ノブドウ 果実
90nobudou_0263

















 ホトケノザ 春の花ですが今頃から咲くようです。
91hotokenoza_0264

















 
 アカネ
93akane_0266

















 
 ナキリスゲ
96nakirisuge_0274












 
 マユミ 未熟果
97mayumi_0275















 
 カキノキ 果実
98kakinoki_0276
















 
 ヒナギキョウ
99hinagikou_0279



















* * * 完 * * *

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

里山散策:9

 11月中旬の里山の続きです。

 春の花がまだ咲いていました。

 オオジシバリ、オニタビラコ
76oojishibari_021881onitabirako_0231_2












 テイカカズラ 果実
78teikakazura_0223

















 コウゾリナ 蕾、茎のとげ
79kouzorina_022479kouzorina_0225_2












 ハルジオン、ヒメジョン
84harujion_024887himejyon_0254











 

 タツナミソウ
85tatunamisou_0251


















 

 アキノタムラソウ
86akinotamurasou_0253

















* * * 続く * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »