« 里山散策:9 草本編その3 | トップページ | どんぐりまつり その2 »

2016年11月 4日 (金)

どんぐりまつり その1

 ある観察会主催の秋の恒例行事である“どんぐりまつり”を紹介します。

 メンバーが持ち寄ったどんぐり他の材料です。
1jyunbi_00031jyunbi_0004











 初対面の参加者とメンバーが親しくなるためのゲーム(どんぐりまわし)は、様々な形状をした器などを使いどんぐりを隣の人に渡していくゲームです。手の使用は禁止です。

5dongurimawashi_0029m















 紙芝居でどんぐりについて学びます。
6kamishibai_0036m














 
 どんぐり拾いに出かける前に、スズメバチに注意することなどを伝えました。
7cyuui_0040m
















 
 どんぐり拾いを楽しみました。
9dongurihiroi_0047m















 
 どんぐり拾いで自然との触れあい・・・ヌスビトハギの果実は通常は2個ですが、3個のものを発見しました。
10nusubitohagi_0054















 
 アオマツムシとの出会い・・・
12aomatumushi_0063
















 
 クヌギの芽生え。どんぐりのどこから芽や根が出てくるのかわかります・・・
13kunugi_0066

















* * * 続く * * *




« 里山散策:9 草本編その3 | トップページ | どんぐりまつり その2 »

コメント

おはようございます とんぼさん
Heyモーです
どんぐりを通して皆さんと交流ですか
楽しそうですね
ヌスビトハギの3粒サヤは珍しいのですね
クヌギの芽生えはかわいらしいです!!
やさしい感じで いいなあ

Heyモーブログに コメントを頂きどうもありがとうございました!!
<<狭い土地を有効に使う工夫がよくわかります。
生育状況をよく把握されているからできることです>>
狭~い区民農園でいかに多種類野菜を効率よく栽培するかいつも考えています
いろいろ試してみて楽しんでいますよ

投稿: Heyモー | 2016年11月 4日 (金) 07時38分

(^^♪ Heyモーさんへ

 孫と同じくらいのお子様たちでしたので楽しいひと時を持つことができました。スタッフも童心に帰って遊んでいました。
 ヌスビトハギの果実は通常は2個です。その形状が忍び足をした時の足跡似ていることからついた名前のようです。外来のアレチヌスビトハギの果実は4個も五個もありますから繁殖力が強いということになります。

投稿: とんぼ | 2016年11月 4日 (金) 19時34分

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

いろいろ見て、楽しめました。
眺めて、とても心癒されました。
ありがとうございました。

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。

投稿: siawasekun | 2016年11月 5日 (土) 03時08分

(^^♪ siawasekunさんへ

 小さなお子様が参加されて楽しんでいただけたのがうれしかったです。

投稿: とんぼ | 2016年11月 5日 (土) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/64410817

この記事へのトラックバック一覧です: どんぐりまつり その1:

« 里山散策:9 草本編その3 | トップページ | どんぐりまつり その2 »