« どんぐり博士になろう! その3 | トップページ | 里山散策:2 »

2016年11月23日 (水)

里山散策:1

 毎月通っている里山での11月上旬の出会いです。


 通うたびに十数種のチョウ類との出会いがある里山ですが、さすがにほとんど出会いがありませんでした。


 ヤマトシジミ 幼虫越冬 次の世代が幼虫で冬を越すのかな? 午後になると出会いが増えました。
1yamatoshijimi_0277

















 キタキチョウ 成虫越冬 このまま冬を越すのでしょうか?冬眠場所を探しているのかな?
2kitakicyou_0221

















 イチモンジセセリ 幼虫越冬 やはり次の世代が冬越しをするのかな?
3ichimonjiseseri_0032















 
 ツマグロヒョウモン 幼虫越冬 昨年は越冬ぶりを観察させてもらいましたが春に生き方知れずになりました。
4tumagurohyoumon_0054



















 クロコノマチョウ 成虫越冬 日ごろはめったに出会いがないのに、この日だけで6匹も出会いました。地表に止まっていると枯葉に紛れて見つけにくいです。
5kurokonomacyou_0127


 

 









5kurokonomacyou_0234












 翅表には白い紋があります。
5kurokonomacyou_0136

















* * * 続く * * *




« どんぐり博士になろう! その3 | トップページ | 里山散策:2 »

コメント

さすがにここまで冷え込んでくると、チョウもトンボも殆ど見なくなりました。
チョウに成虫越冬するものがあるのですね。
知りませんでした。

投稿: dojyou38 | 2016年11月23日 (水) 16時28分

(^^♪ dojyou38さんへ

 昆虫たちがどのように冬を越しているのかほとんど考えたこともなかったのですが、興味ある課題です。

投稿: とんぼ | 2016年11月23日 (水) 17時27分

 クロコノマチョウはこの前教えていただきましたよね。でも、止まっている所を指し示して頂きながら見つけるのに何分もかかりました。とんぼさんの目の良さはどんどん進化しているような気がしてなりません。こんな擬態でも直ぐに見破るのですからね。まさに「トンボの目」ですよね。

投稿: もこたん | 2016年11月27日 (日) 12時35分

(^^♪ もこたんへ

 最近視力が衰えてきたような気がします。年だなぁ・・・

投稿: とんぼ | 2016年11月27日 (日) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/64509719

この記事へのトラックバック一覧です: 里山散策:1:

« どんぐり博士になろう! その3 | トップページ | 里山散策:2 »