« 山田池公園 | トップページ | 里山散策:1 »

2016年10月10日 (月)

大和川の流れを変えた男・中甚兵衛

 大和川は奈良の羽瀬川を源流に大阪の南側(大阪市と堺市の境界)を横断するように流れる一級河川ですが、300年前(江戸時代前期)は生駒山の西側の河内平野を枝分かれしながら北へ流れ大阪城方面へ流れていたそうです。

 たびたび洪水が起きる大和川の流れを今のように付け替える工事をした中甚兵衛の屋敷が東大阪市今米いまごめにあり、訪問しました。

 門を入るとおいてあった漫画「中甚兵衛物語」。200円を竹筒に収めました。
41nakajinbee_0301_b














 裏表紙の説明書きです。
41nakajinbee_0303















 特別緑地保全地区に指定されています。
4hozenchiku_0217















 明治9年に建てられた屋敷は藁ぶき屋根で、近々吹替工事がされるようでした。
13warayane_0232

 

















 門から玄関を見る・・・
6houmon_0225

















 玄関
8genkan_0227

 

 











 

 玄関内:萱を入れた納戸と天井の梁
9kayaire_0228_edited110hari_0229_edited1_2








 



 庭の真竹
17madake_0243
















 お庭は屋敷林として昔ながらの状態が維持されているそうです。ボランティアの方々が協力されているようでした。
 下草の中に白花のミズヒキがありました。屋敷の周辺の小道でも咲いていました。
5mizuhiki_02785mizuhiki_0223_2


 






 

 屋敷に隣接するマンションの屋上に上がらせていただき、上からお屋敷を見させていただきました。
31okujyoukara_0290














 左下に突き出ているのはトウチク(大名竹)だそうです。
34touchiku_daimyouchiku_0294


















 勝手口のイチョウのギンナン
36ginnan_0299



 


« 山田池公園 | トップページ | 里山散策:1 »

コメント

おはようございます とんぼさん
Heyモーです
大和川の流れを変えて洪水を防ぐ 
当時は大変な工事だったのでしょうね
白いミズヒキ うちのマンションの周りの植栽のところでも隅の日陰の方に見る事が出来ますよ

Heyモーブログに コメントを頂きどうもありがとうございました!!
<< トマトの脇芽を挿し木にされたのですか?脇芽を取って植えておくだけですか?>>
トマトの挿し木は 脇芽を取ったら ペットボトルに水をいっぱいい入れてその中に1週間ほど差して置きますと発根するのでそのまま土に移植します
トマトは簡単に出来ますね
 
<<次郎丸ホウレンソウが発芽してよかったですね。しばらく目が離せませんね>>
自家採種の次郎丸ホウレンソウ一気に発芽しました
自家採種で発芽してくれるととてもうれしいものですね しっかりお世話したいです

投稿: Heyモー | 2016年10月10日 (月) 08時57分

(^^♪ Heyモーさんへ

 トマトの挿し木、来年挑戦してみます。ありがとうございました。

 白いミズヒキは初めて見たのですが、ご近所にもあったとは驚きです。

投稿: とんぼ | 2016年10月10日 (月) 17時28分

屋敷林が鬱蒼と生い茂り、0.5ha より随分広そうに見えますね。
屋敷全体はもっと広いのでしょうか。
ミズヒキ、クリアーに撮れています。
私のカメラではなかなかピントが合いません。

投稿: dojyou38 | 2016年10月11日 (火) 18時50分

(^^♪ dojyou38さんへ

 屋敷全体が保全地区に指定されています。

 隣のマンション屋上から見下ろした最後から3枚目がほぼ全体の写真です。

投稿: とんぼ | 2016年10月11日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/64303060

この記事へのトラックバック一覧です: 大和川の流れを変えた男・中甚兵衛:

« 山田池公園 | トップページ | 里山散策:1 »