« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の記事

2016年9月30日 (金)

健康ハートウォーク:3

 鶴見緑地での健康ハートウォークの続きです。

 ナンキンハゼの果実がはじけているものがありました。
16nankinhaze_0032
















 ナンキンハゼの紅葉はもう少し先です。紅葉のはしりがかわいらしい。
16nankinhaze_0033
















 カリンの果実 熟すのはまだ先ですね。
17karin_0034















 イモカタバミかな?
18imokatabami_0035














 バラの果実
19bara_0037














 ブラシノキの花は面白い形です。
20burashinoki_0040













 ヤマブキの花がまだ咲いていました。
21yamabuki_0041















 ホシミスジ ウォーキング中はチョウやトンボなど動き回るものの撮影はむつかしいのですが、運良く止まってくれました。
22hoshimisuji_0044


 













 ゴール間近でした。雀の群れがいました。
23suzume_0048


 

| コメント (8) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

健康ハートウォーク:2

 鶴見緑地での健康ハートウォークの続きです。

 カラスウリ 花がややしぼみかけですが、午前10時過ぎにしては比較的美しい姿を見せてくれていました。
10karasuuri_0039

















 マメアサガオ 園内あちらこちらで見かけました。
11mameasagao_0022

















 黄色いヒガンバナではなくて、リコリスだと思います。
12rikorisu_0025















 ヒガンバナが疲れを癒してくれました。
13higanbana_002613higanbana_0027









13higanbana_0036















 ヒドリガモがもう飛来してきていました。
14hidorigamo_0030














 グミ。アキグミかな?
15gumi_0031


















* * * 続く * * *



| コメント (8) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

健康ハートウォーク:1

 9月25日はワールドハートデーで、世界心臓連合が定めた「心臓血管病予防キャンペーン」の一環として、鶴見緑地で様々な催しがありました。健康ハートウォークとして園内8Kmを歩きました。所要時間約1時間半。
 歩きながら秋の風情などを探しました。

 お天気は秋晴れでした。
3aozora_0008
















 大勢の方が参加されていました。
1kaijyou_0002















 来賓の元阪神タイガース・藪投手。
4yabutousyu_0007
















 紅葉のはしり。ケヤキ。
5kouyou_0045















 返り花。ウツギの仲間だと思います。
6kaeribana_0046















 モミジバフウの紅葉はまだです。果実がたくさんついています。
6momijibafuu_0016















 桜。冬桜?四季桜?
7sakura_0013














 こぶしの果実 これに魅せられて自然観察に興味を持ちました。
8kobushi_0015















 ギンナンが熟しかけていました。
9ginnan_0018

















* * *  続く * * *



 




| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

K渓谷周辺 動物3

 9月初めのK渓谷周辺の動物編の続き(Last)です。
 ヤマガラ
235yamagara_0350

















 ミンミンゼミ
236minminzemi_0353t

















 木立の根っこが作る暗部に小宇宙がありました。
237yamauzugumo_0376

















 ヤマウズグモが作った小宇宙です。
237yamauzugumo_0368_2237yamauzugumo_0372








 
 チョッキリムシのいたずら!
240cyokkirimushi_0407240cyokkirimushi_0405_2










 フクラスズメ幼虫
241fukurasuzume_0419
















 キンモンガ
243kinmonga_0431t
















 アゲハモドキ
245agehamodoki_0441





| コメント (9) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

K渓谷周辺 動物2

 9月初めのK渓谷周辺の動物編の続きです。

 メジロ アカメガシワの果実を食べています
215mejiro_0450
















 アキアカネ?
217akiakane_0213















 ナツアカネ?
218natuakane_0284t

















 イチモンジチョウ
219ichimonjicyou_0233

















 ジャケツイバラ果実に止まるホソヘリカメムシ
221hosoherikamemushi_0239















 ツマグロオオヨコバイ
223tumaguroooyokobai_0255t












 イチモンジセセリ
225ichimonjiseseri_0265



 

 








 ウラギンシジミ
227uraginshijimi_0287














 谷川の魚影
228gyoei_0295














 ホソバトガリナミシャク?
230hosobatogarinamisyaku_0302t_akar


 










 ミヤマカワトンボ
231miyamakawatonbo_0333















 

 ニホンアカガエル?ヤマアカガエル?
232nihonakagaeru_ka_0327_2234yamaakagaeru_0337_2




 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

K渓谷周辺 動物1

 9月初めのK渓谷で出会った動物編です。

 腹部が赤いハチ?アブ? 名前がわかりません。
203hachi_ka_0020t203hachi_ka_0022_2










 ツクツクボウシ
205tukutukuboushi_0043















 オオカギバ?
206ookagiba_ka_0049















 ネキトンボ?
207nekitonbo_0150_2207nekitonbo_0151








 マツカゼソウの蜜を吸うホシホウジャク
208hoshihoujyaku_0126















 

 マツカゼソウにはスズメバチもやってくる
209suzumebachi_0107t
 














 コミスジ
211komisuji_0394
















 

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

K渓谷周辺 植物4

 9月初め、K渓谷周辺の植物編の続き(Last)です。

 オニドコロ♂?
47onidokoro_0396

















 栗 収穫はもうすぐ・・・
48kuri_0401
















 ヌルデ
49nurude_0403

















 クマノミズキ 果実
50kumanomizuki_0403
















 ツリバナ
52turibana_0416

 














 ウバユリ 未熟果
53ubayuri_0434















 
 ウド
54udo_0436















 ノササゲ
55nosasage_0442

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

K渓谷周辺 植物3

 9月初めのK渓谷周辺の植物編の続きです。

 ヒヨドリバナ
32hiyodoribana_0229
















 クロモジ?冬芽
34kuromoji_ka_0245

















 キブシ? 未熟果
36kibushi_ka_0270

















 イヌトウバナ
37inutoubana_0274

















 テバコモミジガサ?
40tebakomomijigasa_ka_031040tebakomomijigasa_ka_0312











 ナガバヤブマオ
42nagabayabumao_0343t


















 モミジ 紅葉はまだ先のようです
46momiji_0388



















 ミズタビラコ
44mizutabirako_0381

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

K渓谷周辺 植物2

9月初めのK渓谷散策の続きです。

 マムシグサ 色づき始めました
17mamushigusa4_0314

















 マツカゼソウ 群生 見頃でした。
18matukazesou_0088
















 ジャケツイバラ 果実
19jyaketuibara_0198

















 タケニグサ
20takenigusa_0090












 
 カラスザンショウ?
21karasuzansyou_0139













 



 ミツバウツギ 未熟果
24mitubautugi_0166

















 オオバクロモジ 未熟果
26oobakuromoji_0181
















 
 カナクギノキ 果実
29kanakuginoki_0202















 
 ウリハダカエデ 未熟果
31urihadakaede_0242

 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

K渓谷周辺 植物1

 9月初め、K渓谷周辺を散策しました。

 フジの果実がたくさんぶら下がっていました。花の時期はきれいだったのでしょう。
1fuji_0001















 ヤブラン?ヒメヤブラン?
2yaburan_ka_0003
















 民家の庭のムクゲ、シュウメギク
3mukuge_00044syuumeigiku_0005_2






 道端のダンドボロギク
5dandoborogiku1_0010















 小川の土手に咲くのはアブラススキでしょうか?
7aburasusuki_ka_0015















 

 林道間近の川岸に咲くゲンノショウコ
8gennosyouko_0023















 シュウカイドウ
10syuukaidou_0028
















 
 コアカソ
11kusakoakaso_0029















 
 林道脇に咲くキツネノマゴ
12kitunenomago_0039















 
 ダイコンソウ
14daikonsou_0062















 
 クサアジサイ
15kusaajisai_0070






 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

京都府立植物園・生態園(8月):2

 8月下旬、京都府立植物園・生態園他での出会いの続きです。

 オオカメノキ 冬芽
141ookamenoki_0404
















 アキカラマツ
142akikaramatu_0407
















 ヒヨドリジョウゴ
143hiyodorijyougo_0408















 カシワバハグマ
145kashiwabahaguma_0412















 ヒマラヤハナイカダ
147himarayahanaikada_0426














 
 ホシミスジ
134hoshimisuji_0388















 
 マユタテアカネ
148mayutateakane_0427















 
 ミンミンゼミ
146minminzemi_0423t















 サンゴジュ
149sangojyu_0435














 
 クレマチス プリセスチャールズ、プリンスダイアナ
152purinsesucyaruzu_0449153purinsesudaiana_0451









 
 ヴィグナ アデナンタ  マメ科 渦巻く花の形に魅かれました。どんな豆ができるのでしょう?
155vigunaadenanta_0455



 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

京都府立植物園・生態園(8月):1

  8月下旬の京都府立植物園・生態園での出会いです。

 スズムシバナ
129suzumushibana_0375














 エゾミソハギに集まるモンシロチョウ、キタキチョウ
131monshirocyou_0382132kitakicyou_0384









 オニバスの刺
133onibasu_0385133onibasu_toge_0385






 オトコエシ
135otokoeshi_0391
















 フシグロセンノウ
136fushigurosennou_0393














 
 サギソウ
138sagisou_0396














 
 カラマツソウ
139karamatusou_0398















 
 ノシラン
140noshiran_0401



 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

京都府立植物園・四季彩の丘(8月):2

 8月最後の日曜日、京都府立植物園の四季彩の丘の続きです。

 シュクシャ
117syukusya_0346















 キワーノ ツノニガウリ
118kiwanotunonigauri_0350
 















 オキナワスズメウリ 植物園で出会うとは予想外でした。
119okinawasuzumeuri_0353
















 蓮の花がまだ咲いていました。
120hasu_0355
















120hasu_0361120hasu_0433










 
 モミジアオイ
121momijiaoi_0358














 
 ケナフ アオイ科フヨウ属 繊維を利用。洋麻、アンバリ麻、ボンベイ麻ともいう。
123kenafu_0363















 
 オクラ アオイ科トロロアオイ属 原産地(エチオピア等)や熱帯では多年草で何年も繰り返し果実をつけるが、日本では冬越しできないため1年草になるそうです。
124okura_0364















 
 トロロアオイ アオイ科トロロアオイ属。花がオクラに似るので別名:花オクラ。原産地は中国。採取される粘液はネリと呼ばれ、和紙作り、蒲鉾や蕎麦のつなぎ、漢方薬の成形などに利用されるそうです。
125tororoaoi_0368














 
 ダイジョ ヤムイモの1種のイモ類らしい。名前と茎のねじれ具合に魅かれました。
127daijyo_0371































 
 ハグロトンボ 園内ではよく見かけました。池や小川が多いからでしょうか? 雄は腹部背面が金緑色だが、雌は黒褐色。産卵光景に出会いました。
122hagurotonbo_0414
















122hagurotonbo_0420





 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

京都府立植物園・四季彩の丘(8月):1

 温室見学を終えたときには雨は止んでいました。昨年改修された四季彩の丘へ向かいました。

 ヤマシャクヤクの果実でしょうか?名札はついていませんでした。
107yamasyakuyaku_ka_0320
















 ガガブタ
108gagabuta_0323















 ミズカンナの仲間だと思いますが名札は見当たらず。
109mizukanna_ka_0324109mizukanna_ka_0325

















 
 ムベ 未熟果 別名:トキワアケビ
110mube_0328















 
 アケビ 未熟果
112akebi_0333














 
 ミツバアケビ 未熟果
112mitubaakebi_0331





  









 
 サネカズラ 未熟果
111sanekazura_0330















 
 オオケタデ
113ooketade_0336















 
 トウゴマ
114tougoma_0339114tougoma_0338









ゴマ
115goma_0341115goma_0342_2




 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

京都府立植物園の温室:5

 京都府立植物園の温室の続き(Last)です。

 イワタバコ
90iwatabako_0273















 ミヤコジマソウ
91miyakojimasou_0277
















 パイナップル アルボーマルギナタ
92painappuruarubomaruginata_0280

















 ヤトロファ 別名:ナンヨウザクラともいうらしいが、テイキンザクラとどう違うのか?
93yatorofa_0282 
















 ヒメアリアケカズラ
95himeariakekazura_0287















 上とよく似ているが名札がないので名前は??
97nanikana_0290

 
















ウコンサンゴバナ 別名:パキスタス・ルテア
96ukonsangobana_0289
















 イクソラ フケリ
99ikusorafukeri_0295

















 スイリュウ 酔竜 なんとも奇矯な形です。
100suiryuu_0296














100suiryuu_0298
















 ネペンテス インモバイル ‘コト’
104nepentesuinmobairukoto_0308














 サンゴシトウ
103sangoshitou_0305

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

京都府立植物園の温室:4

 京都府立植物園の温室の続きです。

 インドソケイ
77indosokei_0223
















 プルメリア
78purumeria_0226

















 アフリカバオバブ サン・テグジュベリの「星の王子さま」で星を破壊する巨木とされるバオバブ。
80afurikabaobabu_023180afurikabaobabu_0232




















 アデニウム オベスム 砂漠のバラといわれるらしい。
81adeniumuobesumu_0241















 
 温室には昼夜逆転室があって夜に開花する植物が展示されていますが、暗い。ノーフラッシュで撮影できたものを紹介します。

 ヤコウカ 夜香花 香りが強いそうです。
83yakouka_0246














 
 マルバタマノカンザシ
84marubatamanokanzashi_0254















 
 イエライシャン 夜来香 
85ieraisyan_0262





 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

京都府立植物園の温室:3

 京都府立植物園の温室の続きです。

 カラテア 地味な花ですが淡いピンクが美しいと思いました。
54karatea_0156















 フウリンブッソウゲとブッソウゲ
56fuurinbussouge_016257bussouge_0166




















 ミラクルフルーツ 果実自体は甘くないが次に食べた食物を甘く感じさせるらしい。
60mirakurufurutu_0175















 
 インガ ウラグネンシス  白いウィンナー? 暗い温室では一層目立ちました。
62ingauragunenshisu_0180














 
 チャボイランイラン 本来高木になるイランイランの低木種で、花がしぼんでから香るそうです。香水の原料らしい。
63cyaboiranirannoki_0182















 
 チャボディア スプレンデンス
64cyabodhiasupurendensu_0184
































 アリストロキアは、ウマノスズクサ科でどれも奇妙で面白い形の花を咲かせるそうです。
 アリストロキア ギガンティア
65arisutorokiagiganthia_018565arisutorokiagiganthia_0187









 アリストロキア サルバドレンシス
67arisutorokiasaruvadorenshisu_0191
















 アリストロキア トリカウダタ
68arisutorokiatorikaudata_0195















 アリストロキア アルボレア
69arisutorokiaaruborea_0197
















 モンキーオーキッド サルの顔みたいなランです。
71monkiokiddo_0206















71monkiokiddo_0205







 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

京都府立植物園の温室:2

 京都府立植物園の温室見学の続きです。

 ハエトリグサ 別名:ハエジゴク
41haejigoku_0115

 














 サキシマスオウノキ かって沖縄では船の舵にしたといわれる板根が特徴で、果実はウルトラマンそっくりとの説明ですが、この写真からは想像しにくいです。
43sakishimasuounoki_0119
















43sakishimasuounoki_0122














 
 
 オヒルギの花 マングローブ樹種のひとつで屈曲膝根で有名らしい。
44ohirugi_012444ohirugi_0126








 
 
 ヘリコニア プシタコルム‘ゴールデントーチ’ と ヘリコニア ロストラタ
46herikonia_013046herikonia_rosutorata_0136


















 
 
 ビヨウタコノキ 美容蛸の木 たこ足状の気根を出し、タコノキの中で一番美しい葉なのでついた名前らしい。雌雄異株。パイナップルのような果実は食べられないそうです。
47biyoutakonoki_0133














 ノランテア ギアネンシス ‘朱いポップコーン?’と説明されていました。花が小さくハチドリなどが受粉に影響しているそうです。
48noranteagianenshisu_0138














 
 ウコン 英名・ターメリック 根茎に含まれるクルクミンは黄色い染料になるそうです。
50ukon_014250ukon_0143_2
 

















 
 ホウガンノキ 果実が砲丸に似ているからつけられた名前 植物園では人工授粉させているそうです。
52hougannoki_0149















 
 サガリバナ 夜間に開花するので開園時間に入場しても落ちてしまっていることが多い花ですが、1輪だけ残っていました。落ちた花はきれいに並べて置いてありました。
53sagaribana_0152
















53sagaribana_0153


 

| コメント (8) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

京都府立植物園の温室:1

 京都植物園の温室を訪れるのは何年振りなのか・・・

 ツンベルギア マイソレンシス 温室の入り口を飾る花です。
24tunberugiamaisorenshisu_0074_2
















 ツンベルギア バッティスコムベイ 目立たない花ですが何か引き寄せられました
27tunberugiabatthisukomubei_0081_2

















 ウスベニアミメガサ 花よりは葉を鑑賞する植物です。
28usubeniamimegusa_0083_2















 
 ホザキノトケイソウ 残念ながら蕾でした。
29hozakinotokeisou_0085_2















 
 テイキンザクラ ナンヨウザクラという花があるがどう違うのか?
30teikinzakura_0090_2















 
 ベニヒモノキ わかりやすい名前です。
32benihimonoki_0094_2















 

 ベニマツリ 紅色の花の‘まつり’という意味ですかね。ルリマツリ、バンマツリという名前の花があります。
33benimaturi_0096_2
















 
 キバナヨウラク 黄色の花で仏像の装身具・瓔珞ようらくに似ているから着いた名前らしい。
34kibanayouraku_0099














 
 ヒギリ 桐に似た葉っぱを持ち赤い花だからついた名前らしい。
36higiri_0103













 
 
 
 ハナチョウジ ラッセリアの和名がハナチョウジ。
38hanacyouji_0107















 
 アルピニア プルプラタ ‘キミ’ ショウガ科ハナミョウガ属 和名:レッドジンジャー
39arupiniapurupurata_kimi_0109














 
 温室内に紛れ込んだ?ハグロトンボ
40hagurotonbo_0110








| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

京都府立植物園(8月) 曇天のち雨:2

 雨が予想よりも早く降り出したので温室見学と思って来てみると、温室の開園時間は約30分後の10時でした。やむなく傘をさして温室前の花を撮影して回りました。

 温室前の池にはスイレンの花が咲いていました。
17suiren_0064















 上の花とは違って花弁が縮れています。
106ninfaea_0316

















 

17suiren_0070

















17suiren_0071














 

 パラグアイオオオニバスの花は白い花びらにうっすらとピンクのお化粧をしています。
14paraguaiooonibasu_0317














 

 オオバミズオジギソウ ミズオジギソウとは花の形状が違うらしいがどう違うのかはわかりません。
18oobamizuojigisou_0065














 

 
 ブーゲンビリア
19bugenbiria_0052















 

 名札がありませんでしたが、エボルブルス(アメリカンブルー)だと思います。
20eboruburusu_0055














 

 
 ツノゴマ
22tunogoma_0059















 
 キバナツノゴマ
21kibanatunogoma_0057














 
 雨に打たれながらも飛び立たないショウジョウトンボ。
16syoujyoutonbo_0046_0927









 







 15分後も同じ姿勢。
16syoujyoutonbo_0049_0945   















 1時間半後、温室見学を終えて出てきた際も同じ姿勢です。雨は止んでいましたが、翅が乾くのを待っているのでしょうか?
16syoujyoutonbo_0311


| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

京都府立植物園(8月) 曇天のち雨:1

 8月最後の日曜日。この日は曇り空。予報では昼頃から雨となっていました。

 植物園正門横のスダジイ 昨年春に開花受粉して、今年の秋に熟します。
8sudajii_0023_2
















 シリブカガシ 昨年秋に開花受粉したものが今年の秋に熟します。雄花はまだ蕾です。
9shiribukagashi_0026















    


9shiribukagashi_0027














 
 タイサンボクの果実は見ごたえがあります。
10taisanboku_0030
















 会館正門に飾られていてキレンゲショウマ 生態園のキレンゲショウマの花を見るのは難しいのでこうして見れるとうれしいです。
11kirengesyouma_0037

 
 












11kirengesyouma_0033














 
 キレンゲショウマと並んで咲いていたミズアオイ 曇天なのであまりきれいには撮れませんでした。
12mizuaoi_0036















 入園時にいただいた週間見頃情報をチェックした後、会館を出ようとしたらもう雨が降りがしていたので、 雨が止むまで温室を見てることにして、温室方面に向かいました。
温室へ向かう途中の風景です。ソライロアサガオのアーチにはまだほとんど花が付いていません。ハゲイトウの赤色だけが目立ちます。曇天なので暗い写真です。
13hageitou_0038_b













 
 
 温室へ向かう通路前に咲くヒマワリ、パパイヤ
105himawari_0312














15papaiya_0044t

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

賀茂川・北大路橋上流

 京都府立植物園を訪れる際に地下鉄を利用した場合、北山駅で降りると近いのですが、開園時間までに若干の時間があったので北大路駅で降りて歩きました。

 北大路橋の上から賀茂川を見下ろすと、アオサギの幼鳥が身構えていました。
1aosagi_0001















 その横にはマガモの群れが休憩中でした。
2magamo_0002














 
 北大路橋東詰めから賀茂川河畔を歩きました。

 ハグロトンボ♂
3hagurotonbo_0006















 
 セグロセキレイ
4segurosekirei_0005















 
 キクイモ
5kikuimo_0007














 
 
 オオニシキソウの花と紅葉
7oonishikisou_0021














 
 コサギのダンス 魚影を追うコサギの動きはダンスを踊っているような優雅さがあります。
6kosagi_0013


 











6kosagi_00146kosagi_0015











6kosagi_00166kosagi_0017










6kosagi_00186kosagi_0019

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

セミの抜け殻から学ぶ:2 雄・雌の見分け方 産卵痕

 セミの抜け殻を見て雄・雌を見分けることができます。(実際には泥がついていたりして判別が難しい場合もあると思います。)

 クマゼミの抜け殻の写真です。
 上が雄、下が雌です。
4kuma_osu_0008











3kuma_mesu_0004











 セミは枯れ木に産卵します。翌年春、雨が降ると落ちて土中に潜ります。枯れ木に産卵するのは「生木」だと卵が圧迫されて死んでしまうかららしい。枯れ木だからそれが折れて落ちている場合があります。それを拾ってきて撮影したものです。何ゼミのものかは判断できません。
10sanrankon_0201















10sanrankon_0204_b

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

セミの抜け殻から学ぶ:1

 今年もセミ羽化観察会に何回か参加しました。セミが羽化する過程を観察して自然の生命力の素晴らしさを観察するのですが、それとは別にセミについての勉強をしてもらうことがあります。

 その一つにセミの抜け殻についての勉強があります。その一部を紹介します。

 大阪の街なかで一般に見たり聞いたりするセミは6種類です。クマゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ、ミンミンゼミ。(ミンミンゼミ・ヒグラシは里山に行かないと見られないかも・・・)

 この6種類の中で抜け殻を入手できたのはクマゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミです。
8kumaaburatukunii_0018
どれが何ゼミか
わかりますか?







<答えは末尾に>












 抜け殻の大きさが似ているクマゼミとアブラゼミの見分け方は・・・

 (右)クマゼミ・・・腹部分の縞模様は3色。白色が入る。
 (左)アブラゼミ・・・腹部分の縞模様は2色。白い線はない。
2kumazemi_00016azurazemi_0012









 
 (右)クマゼミ・・・腹側から見て、6本の脚の後ろ4本の真ん中に‘でべそ’がある。
 (左)アブラゼミ・・・‘でべそ’はない。
5kumazemi_debeso_0010_21aburazemi_hesonashi_0020









☆・☆・☆ 答え ☆・☆・☆

  上段:左…クマゼミ   右…アブラゼミ

  下段:左…ツクツクボウシ   右…ニイニイゼミ
   

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

折り紙手芸:竜

 孫からのリクエストが止まりません。今度は竜です。今までの中で一番苦労しました。足の取り付け、顔の取り付け、ひげや角の取り付けがテキスト通りはいきませんでしたが、どうにか竜に見えるかな・・・
3ryuu_0024














 上の竜を見た孫がもう一つほしいというので、空色の紙を使って挑戦してみました。紙厚が薄くなったのでスマートな竜に仕上がりました。孫にはお母さん竜と子供の竜と伝えました。

 頭と脚の取り付けにはやはり苦労しました。折り紙のテキストに共通した不親切さを感じました。
3ryuu_0032  

| コメント (10) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

オオスカシバの幼虫

 庭のコクチナシにオオスカシバの幼虫がいることに落ちている糞で気が付いたのは7月下旬。かなり大きくなっていました。
2oosukashiba20160725_0101














 ところがその後に強い雨の日があって、雨が止んだ後に姿を探すも見つかりませんでした。

 1か月後、再び糞が落ちていることに気が付きました。7月の幼虫の半分くらいの大きさでした。さなぎになって羽化するところまで観察できるといいのですが・・・
1oosukashiba_0001















1oosukashiba_0002

| コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

淀川河畔散策10 植物編

 ジャコウアゲハやウマノスズクサを探した堤防には、クズ、セイバンモロコシ、ワルナスビ、ノラニンジンなどが繁茂していて、ウマノスズクサを探すのに苦労しました。

 その際に目についた植物を紹介します。

 ヒルガオ 花柄には突起物はありません。あるとコヒルガオです。
1hirugao_0002














 
 
 オオニシキソウ
14oonishikisou_0081














 
 
 名前がわからない。花が咲くのはもう少し先・・・
33nanikana_012633nanikana_0157








 
 
 
 ワルナスビ 未熟果
36warunasubi_0146















36warunasubi_0172











 



 
 ミントだと思うのですが・・・
39minto_0159















39minto_0171















クコでしょうか?
44kuko_ka_0154




 
 
 

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »