« 折り紙手芸:竜 | トップページ | セミの抜け殻から学ぶ:2 雄・雌の見分け方 産卵痕 »

2016年9月 4日 (日)

セミの抜け殻から学ぶ:1

 今年もセミ羽化観察会に何回か参加しました。セミが羽化する過程を観察して自然の生命力の素晴らしさを観察するのですが、それとは別にセミについての勉強をしてもらうことがあります。

 その一つにセミの抜け殻についての勉強があります。その一部を紹介します。

 大阪の街なかで一般に見たり聞いたりするセミは6種類です。クマゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ、ミンミンゼミ。(ミンミンゼミ・ヒグラシは里山に行かないと見られないかも・・・)

 この6種類の中で抜け殻を入手できたのはクマゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミです。
8kumaaburatukunii_0018
どれが何ゼミか
わかりますか?







<答えは末尾に>












 抜け殻の大きさが似ているクマゼミとアブラゼミの見分け方は・・・

 (右)クマゼミ・・・腹部分の縞模様は3色。白色が入る。
 (左)アブラゼミ・・・腹部分の縞模様は2色。白い線はない。
2kumazemi_00016azurazemi_0012









 
 (右)クマゼミ・・・腹側から見て、6本の脚の後ろ4本の真ん中に‘でべそ’がある。
 (左)アブラゼミ・・・‘でべそ’はない。
5kumazemi_debeso_0010_21aburazemi_hesonashi_0020









☆・☆・☆ 答え ☆・☆・☆

  上段:左…クマゼミ   右…アブラゼミ

  下段:左…ツクツクボウシ   右…ニイニイゼミ
   


« 折り紙手芸:竜 | トップページ | セミの抜け殻から学ぶ:2 雄・雌の見分け方 産卵痕 »

コメント

おはようございます  とんぼさん
Heyモーブログに コメントを頂きどうもありがとうございました!!
<<大根は秋に種まきなんですか?>>
春も蒔けますが 秋の方が栽培し易く美味しいですね
<<トウモロコシの収穫が待たれますね。
採れたてはやはりおいしいのでしょうね。>>
なんといってもトウモロコシやエダマメは採れてすぐに食べると最高ですね
バルコニー菜園だとエダマメなどは鍋に火をかけてから収穫出来ますよ

セミの抜け殻の種類の見分け方勉強になりました
クマゼミとアブラゼミは大きさが似ているので見分けにくいですね 
クマゼミの方が大きいと言う記憶が有りました

セミの抜け殻クイズ  当たりました~!!

投稿: Heyモー | 2016年9月 4日 (日) 07時23分

(^^♪ Heyモーさんへ

 セミ羽化観察会で子供たちに話さないといけない立場になって初めて真剣に学びました。
 ミンミンゼミ、ヒグラシの抜け殻がなかなか見つかりません。山へ行って探すしかないですね。

投稿: とんぼ | 2016年9月 4日 (日) 07時57分

セミの抜け殻はいつも一種類と思って見ていました。
庭で良く見るのは何ゼミなのでしょう。
こちらの記事を参考にして今度確かめられるので楽しみです。

投稿: とんとん | 2016年9月 5日 (月) 21時50分

(^^♪ とんとんさんへ

 クマゼミとアブラゼミの違いだけでも分かってくると面白いと思います。

投稿: とんぼ | 2016年9月 6日 (火) 05時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/64101440

この記事へのトラックバック一覧です: セミの抜け殻から学ぶ:1:

« 折り紙手芸:竜 | トップページ | セミの抜け殻から学ぶ:2 雄・雌の見分け方 産卵痕 »