« 里山:7月の植物(3) | トップページ | 里山:7月の植物(5) »

2016年7月26日 (火)

里山:7月の植物(4)

 7月上旬、里山の植物の続きです。

 カワラナデシコ
131kawaranadeshiko_0265














 ママコナ
132mamakona_0268

 














 ネジバナ
133nejibana_0299
































 ミソハギ
134misohagi_0312


















 ナツフジ
135natufuji_0316















 ヤブミョウガ
137yabumyouga_0386














 
 ウスノキ 果実…食べられます
139usunoki_0478














 
 ヌマトラノオ
140numatoranoo_0418














 
 コナラの芽吹き 地中にあるはずのドングリが地上に・・・
138konara_0400
 


« 里山:7月の植物(3) | トップページ | 里山:7月の植物(5) »

コメント

蔓に着く白い花、ナツフジというのですね。
次出会ったらよく観察します。
ヌマトラノオと言うのがあるのですね。初めて見ました。
ボランティアでコナラの苗を育てていたら、野ウサギに全部食べられた苦い経験があります。

投稿: dojyou38 | 2016年7月28日 (木) 10時43分

(^^♪ dojyou38さんへ

 ナツフジは里山では時折見かけます。
 ヌマトラノオはここの里山で教えてもらいました。
 どんぐりから芽が出て成長している姿は想像していましたが、どんぐりそのものは地中に埋まっていると想像していました。どんぐりが地上にあっても根っこが地中で生きていけば成長していくのですね。

投稿: とんぼ | 2016年7月28日 (木) 14時50分

 ウスノキの赤い実に惹きつけられました。食べられるの言葉もあってね。(笑)どんぐりの逞しさは凄いですね。ビニル袋に入れていたドングリがウネウネと発根していました。土を探していたのでしょう。そのまま埋めたのが植木鉢で育っています。

投稿: もこたん | 2016年8月 6日 (土) 10時20分

(^^♪ もこたんへ

 植物の生命力は素晴らしいですね。見習いたいですが、じいじには無理なようです・・・

投稿: とんぼ | 2016年8月 6日 (土) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/63915235

この記事へのトラックバック一覧です: 里山:7月の植物(4):

« 里山:7月の植物(3) | トップページ | 里山:7月の植物(5) »