« 里山散策(9) | トップページ | 公園での観察会 その2 »

2016年6月26日 (日)

公園での観察会 その1

 6月の中旬、梅雨空を思わせるどんよりとした空模様の日、ある公園で行われた観察会に参加しました。午前中は五感を使って‘遊びを通じて学びへ’という楽しい講義でした。

 密閉されたフィルムケースにムクロジ、フウセンカズラ、米粒を入れて降った音と、同じ音の者がグループを作る遊びです。その時に使用されたムクロジ無患子の果実です。
2mukuroji_0007













2mukuroji_00062mukuroji_0004







 3枚目は数珠玉に使用するために穴があけられていました。昔は羽子板の球に使用されたそうです。果皮はサポニンを含むので石鹸の代用とされたそうです。花期は6月。


 午後は公園内を散策しながらの‘学び’でした。
 
 エゴノキ 果実にえぐい成分が含まれるからついた名前らしい。この成分は‘魚毒’らしいが、使用することは控えた方がよいでしょう。
5egonoki_0022













 ナナミノキ 未熟果
8nanaminoki_0030













 サクラ 品種名は?
9sakura_0031














 ナンキンハゼ 雄花?
11nankinhaze_0035














 キランソウ 公園内の石段のすき間に咲いていました。
16kiransou_0046


« 里山散策(9) | トップページ | 公園での観察会 その2 »

コメント

 キランソウは私も見かけていましたが、名前が思い出せませんでした。今度こそ忘れないようにしたいですね。ムクロジは奈良での講座で教えて貰って以来で懐かしくみました。

投稿: もこたん | 2016年6月30日 (木) 10時26分

(^^♪ もこたんへ

 出会ったものを忘れないようにと思っても忘れてしまいます。それでよいのだと納得することのしました。

投稿: とんぼ | 2016年6月30日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217301/63804629

この記事へのトラックバック一覧です: 公園での観察会 その1:

« 里山散策(9) | トップページ | 公園での観察会 その2 »