« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の記事

2015年2月28日 (土)

泉原の里山散策 野鳥他編

 2月中旬、泉原の里山散策時に出会った野鳥他です。あいにく小雨が降っていたので、鮮明でない映像があります。ご容赦ください。

 カワラヒワ
13kawarahiwa2














 ホオジロ
14hoojiro2














 スズメ
15suzume2














 ヒヨドリ
16hiyodori2















 ミヤマホオジロ♂
23miyamahoojiro8














 ミヤマホオジロ♀
23miyamahoojiro12















 カシラダカ
24kasiradaka12















 シロハラ
25sirohara6














 アオジ
28aoji6














 シメ
44sime2














 ジョウビタキ♂
45jyoubitaki8














 ジョウビタキ♀
45jyoubitaki10














 シジュウカラ
46sijyuukara2














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

泉原の里山散策 草花編

 2月中旬、泉原の里山散策時に出会った草花です。

 オオイヌノフグリ
1ooinunofuguri2














 ホトケノザ
3hotokenoza2















 カラスノエンドウ 花は咲いていませんでした。小葉の先がくぼみ、中央に小さな突起がある。
4karasunoendou2














 ノアザミ? オニノゲシ? もう少し大きくならないとわかりにくいです。新芽のてんぷらを食べるには若い方がよいのでしょうが・・・
5noazami_oninogesi_ka













 オランダミミナグサ
6orandamiminagusa2














 花はないがゲンノショウコでしょう
7gennosyouko2














 センニンソウ
8senninsou1














 ナズナ
9nazuna2














 ノビル
10nobiru2














 コセンダングサの果実 種子の先に矢じりのような刺があります。
12kosendangusa2















 セイタカアワダチソウ ベニマシコなどがこの実を好むそうです。
35seitakaawadachisou1














 ミヤマカタバミ
36miyamakatabami1














 シャガ 鹿が食べた後が残っていました。
37syaga2














 トキリマメ? タンキリマメ? 果実だけでは判別しにくいです。
43tankiri_tokiri2














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (9) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

泉原の里山散策 樹木編

 2月中旬、茨木市泉原の里山散策に参加しました。曇り空から小雨が降り続くあいにくのお天気でした。

 人家脇の畑に植えられていたシキミ 蕾ができていました。
17sikimi2














 キブシ 雌雄異株だそうですが、蕾の状態なので雄株雌株を判断できませんでした。
18kibusi2













18kibusi4














 ウツギ 果実の残骸からウツギとわかりました。
19utugi2














 発芽を待つタラノキ 芽を全部取ってしまうと木が枯れてしまうそうです。
20taranoki2














 ヤブツバキ
22yabutubaki2














 サネカズラ 果実が落ちた痕が残っていました。
29sanekazura2













 リョウブ 冬芽
30ryoubu2















 ウリカエデ 果実
31urikaede2















 ミツバツツジ 冬芽
32mitubatutuji2














 ネジキ 若い枝は赤くて綺麗です。
33nejiki4















 ネズミサシ 果実
34nezumisasi2














 ホウノキの落ち葉
40hou_ochiba1














 ホウノキ 巨木
41hou1















 サリトリイバラ 果実は色がなくなっていました。
42sarutoriibara2








 小雨が降り続いたため、観察を早めに引き揚げました。


(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

万博記念公園 野鳥観察 3/3

 万博記念公園で出会った野鳥の最終です。

 ツグミ
12tugumi4













 カワラヒワ
13kawarahiwa2














13kawarahiwa4














 アオジ
17aoji2














 ヤマガラ
18yamagara4














18yamagara6














 シロハラ
19sirohara2













19sirohara4













 ミヤマホオジロ
20miyamahoojiro2














 エナガ
22enaga10













 カワウ
28kawau2














 モズ
29mozu2














 ヒドリガモ
30hidorigamo2













(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (8) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

万博記念公園 野鳥観察 2/3

 万博記念公園で出会った野鳥の続きです。

 ハクセキレイ
2hakusekirei2














 キセキレイ
27kisekirei8














 キセキレイの幼鳥
27kisekirei10














 ジョウビタキ
3jyoubitaki2













3jyoubitaki6














 ジョウビタキ
26jyoubitaki4














26jyoubitaki8














 ルリビタキ
24ruribitaki4














24ruribitaki10














 ルリビタキ♂幼鳥
21ruribitaki10













21ruribitaki12














 ハシブトガラス
23hasibutogarasu2















 ハシボソガラス
31hasibosogarasu2













(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

万博記念公園 野鳥観察 1/3

万博記念公園での野鳥観察に参加しました。
1taiyounotou1













 野鳥観察の合間に例によって脇見をしていました。メタセコイア 雌花は木の上部に、雄花は木の下部に付くことがはっきりとわかります。
4metasekoia3













 梅林のはまだほんの一部しか咲いていません。
8ume1t













 キリの蕾が膨らんできていました。
11kirinoki2













 コブクザクラだと思います。
14kobukuzakura2













 スイセン 品種名はわかりません。
25suisen2














 ここから、出会った野鳥たちです。
 メジロ
6mejiro2













 シメ
5sime2














 日向ぼっこをするヒヨドリ
7hiyodori2














 椿の蜜を吸うヒヨドリ
7hiyodori8














 シジュウカラ
9sijyuukara4














 スズメ
10suzume4













(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (8) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

奥の谷 里山保全実習 4回目

 富田林市の奥の谷での里山保全実習の4回目です。最終の作業日です。

 近鉄・滝谷不動駅から奥の谷に向かう途中に石川があり、橋を渡るたびにどんな野鳥がいるのか観察するのも楽しみです。

 ムクドリ
2mukudori2













 イソチドリ
1isochidori2














 イカルチドリ
3ikaruchidori2














 小生の班の保全活動は、植林の間伐作業に役立つように山道(階段)を作る作業です。木の根があるとつまづくと危ないので根っこを排除することもありました。
4kinone1














 作った山道に名前を付けました。「きぼうの径」です。尾根からの入口と作業場からの上り口に看板を立てました。
5kibounomichi1














 作業の追い込みに追われて写真を撮ることができずに終了しましたので、階段作りの様子は以上で終了です。満点ではありませんが何とか納得のいくものができて安堵しています。

 他の班は竹炭焼きをしていました。朝7時から作業をしているそうです。この白い煙が無色になるまで付き添うそうです。何時までかかるのか?これも大変な作業です。
6sumiyaki2















 帰路で出会ったヒヨドリ
7hiuyodori2














 1週間前に見た蛙の卵に大きな変化はありません。
8tamago1













 

(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

市民の森 3/3

 市民の森を訪れたこの日に出会った野鳥です。

 ハクセキレイ
5hakusekirei2














 ムクドリ
6mukudori2














 ツグミ
7tugumi6














 モズ
8mozu2














 カワウ
9kawau2














 アオサギ
13aosagi3














 メジロ
16mejiro2













16mejiro6













16mejiro10














 ヒヨドリ
22hiyodori2













 キジバト
24kijibato2














 セグロセキレイの水浴
25segurosekirei22













 水浴後のお手入れ
12segurosekirei8














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)



| コメント (11) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

市民の森 2/3

 市民の森へ行く途中の道路で出会った春を告げる花。

 プリムラ・マラコイデス
1purimuramarakoidesu2














 ニホンスイセン
2nihonsuisen1













 ヒマラヤユキノシタ
3himarayayukinosita1













 ナノハナ
4nanohana1













 市民の森近くの畔に咲いていたオオイヌノフグリ。周囲にはホトケノザ、ヒウメオドリコソウもありました。
10ooinunofuguri2














 正月に見た市民の森のブルーデージーがまだ元気に咲いていました。
17burudeji2














 カワセミの姿が見えなくなったので東公園へ回りました。公園付近で出会ったナズナ
19nazuna2













 ハコベ
20hakobe2














 東公園の
21ume2














 再び市民の森へ戻りました。タネツケバナ
26tanetukebana2














 帰路に住宅街で出会ったオウバイ
27oubai2














 花の名前がわかりません。綺麗なので撮りました。
28hana2













(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (3) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

市民の森 1/3

 カワセミとの出会いを楽しみに久しぶりに冬の市民の森を訪れました。
期待どおり、出会うことができました。しっかり‘おっかけ’の仲間入りをしていました。

11kawasemi4














11kawasemi10














11kawasemi26













11kawasemi14














 飛翔姿にも挑戦してみました。
14kawasemi4













14kawasemi10














14kawasemi14














 餌を銜えた姿も撮れました。
15kawasemi2













15kawasemi6














 甘ピンですが、ホバリングの姿も何とか見れるのが撮れました。
23kawasemi4













23kawasemi6














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

鴨川散策 2/2

 この日の賀茂川散策ではカワセミやキセキレイとの出会いがなく、ごくごく見馴れた野鳥との出会いばかりでした。

 セグロセキレイハクセキレイ
1segurosekirei2
8hakusekirei2







 アオサギ
9aosagi2













 コサギ
7kosagi2













 スズメ
10suzume2













 ジョウビタキ♂
13jyoubitaki8














 トビ
14tobi2














 トビの群れ 何をしているのか?
16tobinomure2













 上空にもトビの群れ カラスが1羽囲まれています。
17tobi2













 トビの群れに圧倒されたのかハシブトガラスの群れが川岸に集まっていました。
18karasu2













18karasu4














 ヌートリアがいました
15nutoria4














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

鴨川散策 1/2

 植物園から賀茂川左岸を出町柳まで散策して帰りました。ユリカモメとの出会いは僅かに4羽だけでした。

 オナガガモ
2onagagamo2_22onagagamo4







2onagagamo122onagagamo6







 ヒドリガモ
5hidorigamo85hidorigamo6







 マガモ
6magamo2














 コガモ
11kogamo411kogamo6







 くちばしの付け根が白いからスズガモ♀ではないかと思っています。
12suzugamo2














 この日はカイツブリと出会いが何回もありました。
4kaituburi24kaituburi4







(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

京都府立植物園 4/4

 2月初め、京都府立植物園で出会った野鳥たちです。

 シロハラ
2sirohara2















 カワラヒワ
5kawarahiwa2














 エナガ
9enaga2














 ツグミ
14tugumi6














 ムクドリ
16mukudori4














 キジバト
18kijibato2














 イカル
20ikaru6














 ジョウビタキ
45jyoubitaki2














 シジュウカラ
47sijyuukara2














 ヒヨドリ
49hiyodori2














 スズメ
50suzume2














 アオサギ
51aosagi2














 コサギ
52kosagi2














 アオジ
53aoji2














 野鳥ではありません。夏はスイレンなどが綺麗な花を咲かせる水槽にいたコマツモムシ
54komatumomusi2











(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

京都府立植物園 3/4

2月初めの京都府立植物園ではスプリング・エフェメラルといわれる春を告げる花が咲きだしていました。

 バイカオウレン
6baikaouren2














 セリバオウレン
7seribaouren2














 フクジュソウ
8fukujyusou2














 セツブンソウ
10setubunsou2














 スプリング・エフェメラルではないが、春を告げる花が咲いていました。
 ヤマアイ
3yamaai2














 アセビ
11asebi2














 シナマンサク
25sinamansaku2














 ソシンロウバイ
35sosinroubai1














 ロウバイ
48roubai2














 ウメ
46ume2














 モミジチャルメルソウ
44momijicyarumerusou2














 昨年秋から咲き続けているコブクザクラ
36kobukuzakura1














 春を待つミツマタの蕾
1mitumata2














 ツノハシバミの雄花
4tunohasibami2














 カナクギの蕾(真ん中は葉芽)
12kanakuginoki2














 フキノトウ
42fukinotou2














 


























(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

京都府立植物園 2/4

 京都府立植物園で見た樹木の続きです。

 シマモミ(別名:ユサン、アブラスギ)・・・マツ科。球果は直立する。
15simamomi2














 ハリモミ(別名:バラモミ)・・・マツ科。球果は垂れ下がる。
17harimomi2













 ヤブニッケイ・・・葉裏は無毛で、2側脈は先端付近まで届かない。ニッケイの葉と似ている。
23yabunikkei1














 ニッケイ・・・ヤブニッケイの葉に似る。側脈は先端近くまで伸びる。葉裏は粉白色で、細かい毛があるそうです。見た目では判断が難しそうです。
24nikkei1













 ケイカ 瓊花・・・鑑真和上の故郷である中国江蘇州揚州市の名花で、ガクアジサイに似た白い花が咲くそうです。唐招提寺にもあるようです。
26keika2














 オキナワウラジロガシ・・・日本最大のドングリができるらしい。実が成るのは何年後かな?
27okinawaurajirogasi1














 ハナガガシ(別名:サツマガシ)・・・カシ類の中では最も葉が細長い。
28hanagagasi1













 ブナ・・・落葉樹ですが、葉が落ちないで残っています。
32buna2














 タカクワホシザクラ・・・花びらの先端が尖ったようで星に見える。岐阜県柳瀬町高桑に原木がある。山桜の変異種らしい。花が咲く頃に再訪したい。
33takakuwahosizakura1













 セイヨウリンゴ・・・名前は万有引力の発見者・ニュートンに由来するらしい。
34seiyouringo1














 秋には絡まるアメリカヅタの紅葉が美しい樹齢200年余りのエノキ
39enoki1














 ケヤキと思えない樹形のムサシノ1号
40keyaki_musasino1gou1













 夏に落葉するナツボウズ。蕾ができていました。
43natubouzu2














 
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

京都府立植物園 1/4

 2月初旬、京都府立植物園で職員の方の樹木の管理についての説明会に参加しました。

 クスノキ並木は東西200メートル、樹齢約100年のクスノキが約150本植えられています。川端康成の小説「古都」に何度も登場するそうです。

 近年、成長に伴う大径化と個体間の競争による枝の枯れ上がりや形状比(樹高と直径の比で大きいとヒョロ長で風や雪などで折れやすい)が大きくなって枝折れ等の危険が高くなってきたので、今年になって本数削減と剪定をされたそうです。
19kusunokinamiki1














 伐り倒されたクスノキの切り株です。切り口表面には保護のために塗料が塗ってあります。
21kusunoki_kirikabu2














 樹木は樹皮近くの形成層は生きていますが、心材は死んでいます。
21kusunoki_kirikabu4













 樹木の枝を剪定する場合、樹皮が切り口を覆ってくるように切らないと切口下部から腐ってきてしまうそうです。この切口は5~6年は経っているそうです。
22kusunoki2














 さらに何年かすれば切口が完全に樹皮で覆われるそうです。
22kusunoki3














 このセンダンのほこらには以前、蛇が棲んでいたことがあるそうです。このように大きなほこらができても樹木は生きています。
29sendan_hokora1














 ムクロジの果実の果皮にはサポニンが含まれ、石鹸の代用に使用されたそうです。種子は衝羽根の球や数珠に使用されるようです。
30mukuroji2














 ムクロジは偶数羽状複葉ですが、落葉するときは小葉1枚1枚がばらばらに落ちるそうです。小葉の無い軸が無数に落ちていました。
30mukuroji3














 サクラの樹勢回復作業が行われているそうです。
31sakura_dojyoukairyou8














 老木に細い根っこが生えてくれば生き返るそうです。
31sakura_dojyoukairyou2













31sakura_dojyoukairyou4














 植物園のバックヤードです。どれだけの広さのバックヤードを持っているかが植物園の本当の力をあらわすそうです。バックヤードを削って営業面積を増やすことはよくないようです。
37bakkuyado1














 腐葉土を作る場所がありました。1年経つと腐敗がかなり進んで容積が小さくなります。
38fuyoudo1













38fuyoudo2














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

奥の谷 里山保全実習 3回目

 立春とはいえ寒い日中との予報で防寒対策をしっかりして出かけたのに意外と暖かくチョッキを脱ぐ状態でした。お天気も晴れあがって絶好の作業日でした。
4fuyuzora1














 スギやヒノキを植林した山に間伐作業に役立つように道(階段)を作る作業を本格的に行える1日でした。階段は、杭を打ち、横木を置いて、足場をなだらかにするという一連の作業の繰り返しです。斜面での作業ですので注意が必要です。
1kaidan1










1kaidan2














1kaidan3














 指導していただいた先生がヒノキ1本を伐採した方がよいとして伐採されました。隣接する樹木に引っかかって倒れないのでロープをかけて全員で引っ張るという作業もありました。伐採したヒノキの樹齢は20年くらいです。
3nenrin1














 作業現場に向かう途中で見かけたモズ。この日は脇見をまったくできませんでした。
2mozu2














 作業を終えて駅に向かう途中でようやく脇見を楽しめました。ビオトープの水たまりにはカエルの卵が無数にありました。数日前に和歌山県ではオタマジャクシが泳ぎだしたという報道を見たばかりです。富田林ではまだ卵の状態です。
5tamago1














5tamago2














5tamago3














 人家の庭に咲いていた梅。 数輪が咲き出していました。枝にカマキリの卵がありました。ここまでは雪が積もらないという安全位置でしょうね。
6ume2













6ume4















(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

共生の森づくり・植樹実習

 堺市にある産業廃棄物処分場の堺第7-3区にある「共生の森」で行われる植樹祭のスタッフのための植樹実習に参加しました。

 南海電車石津川駅から第7-3区に向かう途中で見た彩雲
1saiun1














 管理事務所に到着した際、柵の外に十羽ほどのタゲリの群れを見ました。柵越しの撮影ですので若干ぼやけた部分があります。
2tageri2














 管理事務所から植樹場所へ向かく途中、遠方のセンダンの木にヒヨドリの群れがいました。
3hiyodori2














 本年度の植樹場所は昨年植樹した区画の隣です。昨年植樹した樹木はまだまだ背丈が低く、草の背丈とさほど変わりがありません。
6sakunen1














 明石海峡大橋がはるかかなたに見えます。
5akashikaikyouoohasi1














 実習箇所の中心にはマルチング材(腐葉土)が山積みされていました。
4sagyouchi1













 この日の実習で植える木は、高木(コナラ、エノキ、クマノミズキ、ウバメガシ、アラカシ、イイギリ)6本、低木(ヤブツバキ、タニウツギ、ハマボウ、トベラ2)6本、合計12本が各班担当分。参加者を4班に分けましたので合計48本を植えました。落葉樹は名前がわかりにくいです。写真はヒメユズリハとヤブツバキ・トベラ・アラカシです。
7himeyuzuriha18tobera_yabutubaki2_2







 低木6本を内側に配置、高木6本をその外側に配置して位置決めをしました。
9karioki1














 埋立地ですから樹木の成長に適した土壌ではありません。穴を掘った時に出た土に、バーク堆肥という土壌改良材とパーライトいう保水する白い粉を混ぜて穴の底に敷き、木の周辺を埋めます。植穴の周囲は土を盛って水鉢というものを作っておき水分をためやすくしておきます。
10syokujyu1














 防草・保湿目的のため、マルチング材で周囲を覆いました。ただし、マルチング材は発熱する可能性があるので、水鉢の内部には敷きません。
11maruchingu1














 第7-3区にはタヌキが生息しており、周辺で糞だまりが見られました。樹木の名前を書いた名札を植樹した木に付けておくとタヌキが名札をくわえた際に引き抜いてしまうそうで、名札を付けるのに工夫がいるそうです。
12tanuki1













 樹木の枝先に止まっていると、スズメではないように見えてしまいます。
13suzume2















(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

淀川河畔散策 4/4

 樹木が伐採されて広々とした河原にムクドリの群れ
21mukudori4














 堤防の法面で出会ったムクドリ
21mukudori8














 散策途中で小雪が降り出しました。
24yuki1














 小雪の中を飛ぶ野鳥がミサゴかと思って撮りましたが、トビでした。
23tobi4














 少し離れた川原に降りたセキレイ。セグロセキレイ?ハクセキレイ?鮮明な画面でないので断定しにくいです。
25hakusekirei2














 伐られずに残った樹木の冬芽はハート形。木の名前はシンジュニワウルシ)でしょうか?
26sinjyu_fuyume6














 堤防下の砂利道で見られたのはキノコの仲間でしょうか?

27kinoko1t















 クズの果実が朝日に輝いていました。
30kuzu1














 モズ♂
28mozu2















 スズメの群れ
29suzume4














 ドバトの群れ
31dobato2














 草が刈り取られたところに不意に現れたイタチ。目線があったら会ったらあっという間に草陰に逃げ込みました。
33itachi2













33itachi4












(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

淀川河畔散策 3/4

 淀川は桂川、宇治川、木津川が合流してできています。対岸にはサントリーの山崎蒸留所があります。新幹線が傍を通っています。
16suntory1













 木津川宇治川がやや上流で合流しています。間の堤が桜の並木トンネルで有名な背割堤です。
18kidugawaujigawagouryuu1














 木津川と宇治川が合流したのちやや下流で桂川と合流して淀川になります。
32yodogawagouuryuu1














 キンクロハジロ♂
13kinkurohajiro2














 キンクロハジロ♀
15kinkurohajiro4














 ホシハジロ
14hosihajiro2














 小雪が降り出したため視界が悪くなった中、はるか前方に白っぽい野鳥の姿を見つけました。初めて見る野鳥でした。帰ってから調べてホオジロガモらしいとわかりました。
19hoojirogamo2













19hoojirogamo4














19hoojirogamo10














 カワウ
20kawau4














 12月に見たザゼンソウやオオイヌノフグリの姿はありません。新年以降の寒波で姿を消したようです。カラシナ?の花が咲いていました。
17karasina1














 八重の水仙が枯れたクズの中で花を咲かせていました。
22suisen2










































(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

淀川河畔散策 2/4

 この時期の河原ではホオジロとの出会いが何回もあります。
7hoojiro4














7hoojiro10














7hoojiro12














 ハシブトガラス
6hasibutogarasu2














 ケリ つがいでしょうか?
8keri6














8keri2














8keri4















 キジバト
9kijibato2














 シロハラ
10sirohara2














 シジュウカラ
11sijyuukara2














 ウグイス
12uguisu2














12uguisu4
















(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (12) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

淀川河畔散策 1/4

 先日は枚方大橋付近の淀川河畔散策でしたが、今回は上流の三川合流付近の左岸を散策しました。

 河原に向かう途中の公園でヒヨドリの見馴れない行動に出会いました。地面を突いてはくちばしを上にあげる行動を繰り返していました。虫か草を食べているようです。
1hiyodori2













 河原ではツグミと何度も出会いがありました。
2tugumi4













2tugumi6













2tugumi10













 (ツグミは鳩よりは小さい。)
 2tugumi12














2tugumi14














 河原に着いてすぐ、真上を飛ぶミサゴに気が付きました。あわててシャッターを切ったのでピントが合っていないようです。(ご容赦ください。)
3misago2















 散策途中で曇りだして小雪が舞う天候になりました。その悪天候の中を舞うミサゴを遠方に見つけました。同じ個体なのかわかりかねます。
3misago6














 枯草に止まるカワラヒワ
4kawarahiwa2





4kawarahiwa8














 アオジとも何回かの出会いがありました。
5aoji4













5aoji8



(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

里山保全実習 2回目

富田林市の奥の谷での里山保全実習の2回目。スギ林の間伐をやりやすいように登山道を作ることにしたのですが、この日はいよいよ実作業の開始です。

 スギ林を下から見たもの。奥の上部に道を作ります。
3sugibayasi1













 登山道を作ろうとしている個所です。もっとも急な坂道部分から作る予定です。
4ruto34ruto2_2







 尾根の方面から見た風景です。
4ruto44ruto5_3







 木材は樹皮をはいでおかないと腐りますので樹皮ハギは大事な作業です。
6kawawohagu2













6kawawohagu5













 横木や杭を所定の長さにそろえて切断できるように丸太に目印をつけておきます。
7saisun2













 切断はチェーンソウを取り扱える先生にお願いしました。機械の威力はさすがだと感心しました。
8setudan2













 階段の作り方の見本を見せていただきました。事故の無いように安全に気を配ることが大切と教えていただきました。
9kaidantukuri2













 切断した横木や杭を作業現場まで搬送するのも重労働です。
10hansou2













10hansou4














 この日の作業はここまで。次回はいよいよ斜面での階段作りです。

 滝谷不動駅から奥の谷までの行き帰りや奥の谷のスギ林までの行き帰りは野鳥観察が楽しみになります。(この日は広角レンズを主体としたズームなので野鳥観察には不向きなレンズでした。不鮮明な画像ですがご容赦ください。)
 カワウ
1kawau2













 ルリビタキ♀
2ruribitaki2













 ウグイスだと思います。
5uguisu4













 カワセミ
11kawasemi2













 ツグミのようです。
12tugumi2














 河原の枯れた草にはアオジらしい姿も見られたのですが、この日のレンズではとらえきれませんでした。

(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

淀川河川公園(枚方) 3/3

 淀川河川公園での野鳥観察の続きです。

 オオバン
3ooban2













3ooban8













 カワウ
8kawau2













8kawau6














 淀川河川公園の芝生地ではツグミがよく見られます。
2tugumi4













2tugumi6














 ヒヨドリもよく見かけます。
12hiyodori2














 スズメ
18suzume2













18suzume4














 ハクセキレイもよく見かけます。カメラ目線をくれました。
26hakusekirei8














 ヒバリの群れがいました。(タヒバリ、またはビンズイか迷いましたが、ヒバリとしました。間違いがありましたらご連絡ください。)
27hibari4














 近くに寄ってみました。
28hibari4













 1羽だけ飛び立たずにポーズをとってくれました。
29hibari8













29hibari14













 帰路、ミサゴが上空を飛び去るのに気が付きましたが、やや遅し!です。
30misago2














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

淀川河川公園(枚方) 2/3

 枚方大橋上流の中洲のカモの群れ マガモヒドリガモオカヨシガモ、の姿が見られます。2枚の写真はどちらも同じ場所からの撮影です。トリミングの仕方で大きさが変わってしまいました。
5kamonomure2














5kamonomure4














 川の中ほどまで出てきてくれると撮影しやすいです。
 マガモ
23magamo2













 オカヨシガモ 雌はマガモ♀似ているそうです
21okayosigamo6_2













21okayosigamo2_221okayosigamo4_2







 マガモの群れが飛び立ちました。
22kamonomure2













 先頭の群れを追ってみました。
22kamonomure10













22kamonomure16














 枚方大橋の下流で出会ったキンクロハジロらしき鳥。遠いので鮮明な写真は撮れませんでした。
9kinkurohajiro2














 上のキンクロハジロを見た後、枚方大橋上流でカワアイサ♂の姿を発見。流れに乗って下流へ下るのを追いかけました。
14kawaaisa2













 枚方大橋の橋脚付近まで追ってきて、今度はカワアイサ♀の姿を発見。
15kawaaisa2














 雄が雌と合流するまで追っかけです。
16kawaaisa4














 再び上流へ歩みを進め、枚方大橋上流の中州を見てみると、鴨の群れはいなくなっていましたが、カワアイサらしき姿が見えました。先ほどのつがいとは別です。

19kawaaisa4













 さらに上流へ向かって歩いていると、先ほどのカワアイサ♂でしょうか、上流へ飛び去っていくのに気が付きました。
19kawaaisa2
















































(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

淀川河川公園(枚方) 1/3

 1月下旬、枚方大橋付近の淀川河川公園を散策しました。

 堤防に植えられたシャリンバイの果実
1syarinbai1














 トベラの果実がはじけていました。
25tobera2














 センダンの果実
13sendan1t














 カラスノエンドウの花が咲きだしていました。
24karasunoendou2














 フジクサも咲いていました。春遠からじです。
10kusafuji2














 カラスノエンドウフジクサもマメ科ですので葉や複葉の先端のヒゲを見ただけでは区別がつきにくいです。左がカラスノエンドウ、右がクサフジのつもりで撮りましたがあっているのか自信がありません。
24karasunoendou610kusafuji4_2








 クサフジの花に止まっていたのはハエだと思うのですが、自信がありません。
11hae2














 淀川上流方面の景色。左の山の右端は天王山です。枚方大橋は全長689mだそうです。川幅は600m位でしょうか・・・
20jyouryuu1














 淀川河川公園は凧揚げをするには絶好の場所です。いくつかのタコが揚がっていました。
17tako217tako417tako6






 シャボン玉が風に吹かれて舞い上がって輝いていました。
4syabondama2














 枚方大橋上流の中州で休むユリカモメの群れ。中洲の下流側でした。こちら(左岸)の堤防から400m~500mは離れているのでしょう。小さくしか撮れません。
6yurikamome_mure1













 群れから外れて川の半ばくらいまで出てきてくれると、何とか撮影できます。
7yurikamome4













7yurikamome6














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (8) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

信太山丘陵 2/2 野鳥編

 信太山丘陵で出会った野鳥です。

 鏡池にいたホシハジロマガモカルガモ
2hosihajiro2













 カイツブリ
3kaituburi2













 ツグミ
4tugumi2













4tugumi4













 カワウ
5kawau2













 キジバト
7kijibato2













 ジョウビタキ♂
8jyoubitaki2













8jyoubitaki4













 ジョウビタキ♀
8jyoubitaki6














 カンムリカイツブリ
9kanmurikaituburi4













 ヒドリガモ
10hidorigamo4













 オオバン、ヒドリガモ
11ooban2













 ヒヨドリ
15hiyodori2













 シロハラ
16sirohara2














 メジロ
20mejiro2














 キンクロハジロ
22kinkurohajiro2














 オカヨシガモ?
23okayosigamo_ka2














 オカヨシガモ、キンクロハジロ、オオバン
24kamonomure2














 ミサゴ
27misago2














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

信太山丘陵 1/2 植物編

 信太山丘陵は住宅街に周りを囲まれた、海抜40~80mのなだらかな丘陵で、海性粘土層を含む大阪層群からなっており、標高50m前後で湧水して湧水湿地を形成しているそうです。

 信太の森ふるさと館で「信太山丘陵の自然と保全運動」の講義を聞いた後、陰陽師安倍清明にまつわる「葛の葉物語」ゆかりの土地である鏡池を見て回りました。
1sinodanomorinokagamiike2













 曇り空で、太陽を肉眼で見れる状態です。
6taiyou2













 惣ヶ池湿地 コバナノワレモコウが繁茂するそうです。
14sougaikesicchi2













14sougaikesicchi3













 埋蔵種子の発芽を目的として掘り起こしを所々されるそうです。
14sougaikesicchi4













 湧水が流れ込んでいました。
14sougaikesicchi6














 サルトリイバラの果実
12sarutoriibara2














 ヒトクチタケ 枯れてから1年以内の松に発生するそうです。枯れた赤松が目立ちました。
13hitokuchitake2














 奇妙な姿のアベマキ 若木の時に踏まれて倒れたがたくましく成長したようです。
17abemaki1













 カクレミノの葉 よく似た形状の葉にシロモジという木があるようです。どこで見分けるのかな?
18kakuremino2














 ホソバリンドウ 保護するために笹を刈り取っておられました。
19hosobarindou2



 











 コモウセンゴケ 冬でも元気でした。
21komousengoke1t













 タカサゴユリ 枯れた果実の抜け殻
25takasagoyuri1t














 タカサゴユリの茎についていたマユらしきもの。信太山丘陵にはムラクモカレハという蛾がいるそうですが、そのマユなのか?
26mayu2













 山火事で焦げた木の残骸でしょうか?
28yamakaji1














(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

| コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »