« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の記事

2014年8月31日 (日)

茨木市泉原散策 その2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  8月下旬の茨木市泉原の里山散策・植物編の続きです。春の花がまだ咲いていました。

イヌガラシ、オニタビラコ、カタバミ
13inugarasi2
14onitabirako216katabami2





シロツメクサ、セイヨウタンポポ
17sirotumekusa219seiyoutanpopo2





秋の訪れを告げる花との同居です。
ヒヨドリバナ
20hiyodoribana2













キツネノマゴ
21kitunenomago2_2













コアカソ
23koakaso3_2













エビヅル
24ebiduru1













ヌルデ、ヘクソカズラ、ヌスビトハギ
22nurude126hekusokazura227nusubitohagi2





クズ
30kuzu2













ミズヒキ
31mizyhiki2_2













アキノタムラソウ
32akinotamurasou2














ヒメドコロ?ヤマノイモ?迷います。
36himedokoro_ka1



| コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

茨木市泉原散策 その1

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  8月下旬、茨木市泉原の里山を散策しました。植物編です。

1ookinkeigiku24urikawa2 オオキンケイギク、ウリカワ






 幾種類かのキノコとの出会いがありました。
5kinoko2102kinoko1




110kinoko1110kinoko4イグチ科のようです。
裏は管孔になっています。



117kinoko1117kinoko4117kinoko10





117kinoko5t_2117kinoko8イグチ科





シマスズメノヒエ
6simasuzumenohie2














9butana212nogesi2ブタナ、ノゲシ
春の花がまだ頑張って咲いている。




アキノノゲシ
10akinonogesi1














タカサブロウ アメリカタカサブロウとの区別が難しい。
11takasaburou2
























 

| コメント (12) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

京都府立植物園 Last

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  京都府立植物園のLastです。

オトコエシ
58otokoesi1













シマトネリコ
60simatoneriko1













シマサルスベリ
59simasarusuberi1














京都府立植物園で出会った昆虫たちです。

ツマグロヒョウモン ♂
2tumagurohyoumon2













シオカラトンボ
3siokaratonbo2













ツクツキボウシ
15tukutukubousi4













15tukutukubousi6














カマキリ
18kamakiri1














マユタテアカネ
24mayutateakane2













24mayutateakane4














オオシオカラトンボ
35oosiokaratonbo2














ハンミョウ
54hanmyou2














ハグロトンボ
56hagurotonbo2
























| コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

京都府立植物園 4/5

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  京都府立植物園の続きです。

ナツハゼ
42natuhaze2














ヒヨドリジョウゴ
43hiyodorijyougo1














ツルボ 蕾
44turubo1














シュウカイドウ
45syuukaidou1














モミジガサ
46momijigasa1














キレンゲショウマ 蕾 散った跡も一つ
49kirengesyouma2














クサアジサイ
50kusaajisai2














コバギボウシ
51kobagibousi2














ヌスビトハギ
52nusubitihagi1














タマアジサイ
53tamaajisai2














53tamaajisai4















オグルマ
55oguruma1













ツリバナ
57turibana1







| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

京都府立植物園 3/5

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  京都府立植物園の続きです。

ハマナデシコ
29hamanadesiko1













ハマカンゾウ
30hamakanzou2













フジバカマ
31fujibakama1













サワギキョウ
32sawagikuou1













キツネノマゴ
33kitunenomago2













サギソウ
34sagisou1













カラマツソウ
36karamatusou1














ノシラン
37nosiran1














38kusagi2














フシグロセンノウ
39fufigurosennou2














ヤマボウシ
40yamabousi2














ホツツジ
41hotutuji1





















| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

京都府立植物園 2/5

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  京都府立植物園の続きです。

ミヤギノハギ
13miyaginohagi2













ミズヒキ
14mizuhiki2













ヤマノイモ
16yamanoimo1













ヒオウギ
17hiougi2













ツリガネニンジン
19turiganeninjin219turiganeninjin4







オミナエシ
20ominaesi1














シラヤマギク
21sirayamagiku2














ヤマルリトラノオ
22yamaruritoranoo1













フジカンゾウ
23fujikanzou1













キセワタ
25kisewata1













アキカラマツ
26akikaramatu1














ボタンボウフウ
27botanbouufuu1













トウテイラン
28touteiran1


















| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

京都府立植物園 1/5

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  8月下旬の京都府立植物園です。

トケイソウ
1tokeisou1













タイワンホトトギス
4taiwanhototogisu2_2















ゴジカ 昼ごろ開花して1日で萎むので午時花という。
5gojika1














雨後のキノコ
6kinoko16kinoko26kinoko4





リコリス・スプレンゲリ
7rikorisusupurengeri1














オニグルミ
8onigurumi1














ボダイジュ
9bodaijyu1














シロヤマブキ
10siroyamabuki1














スズムシバナ
11suzumusibana3














スズムシバナ 白花
11suzumusibana6














オトギリソウ
12otogirisou2













オトギリソウの葉
12otogirisou4










| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

里山散策中止で市民の森へ Last

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  市民の森の続きです。
28mukuge2


 ムクゲの花びらにとまっている虫は何でしょう?










29kobusi2 コブシの実が赤くなってきていました。





30hagi131sarusuberi1 ハギサルスベリの赤い花が美しく見えました。





32kiageha4













32kiageha6 キアゲハ 前翅の付け根が黒くなっていることで普通のアゲハと区別できるそうです。上の写真では、蕾でも蜜を吸おうとしているのがわかります。



33hachisu1 蜂の巣に似ているから蓮のことをハチス蜂巣といったらしい。





34hachi234hachi4 蜂の名前は?





36cyoutonbo2













36cyoutonbo4 チョウトンボ





35nisikigi139sakura1 ニシキギサクラの紅葉が一部ですが始まっていました。




 37aotudurafuji2
 アオツヅラフジ 未熟果





38egao1住宅街の生垣で見つけました。疲れがとれました。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

里山散策中止で市民の森へ 2/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

14yamanoimo2  近隣散策の続きです。東公園を出てすぐ傍にある小さな畑にヤマノイモが栽培されていました。




15musi2


 ラブラブのヤマイモハムシ











16tamasudare1 タマスダレ





17ubamegasi2 市民の森のウバメガシのドングリ。2年成りなので昨年の春に受粉したものかな?





18uchiwayanma4













18uchiwayanma6 ウチワヤンマ  次のタイワンウチワヤンマに似ていますが、腹部8節のウチワに黄色部があるのが相違点。また胸の黒い斜線2本の太さも違うように見えます。



19taiwanuchiwayanma4













19taiwanuchiwayanma6 タイワンウチワヤンマ





20suzume2 スズメ
も暑いから口をあけているのかな?





21takasagoyuri1 市民の森でもタカサゴユリが咲いていました。





22karugamo1 台風で増水した市民の森の鏡伝池にはカルガモが数羽のみ。このカルガモは幼鳥?




23kame226kame1 増水した池の縁には鯉に混じっても浮かんできていました。餌をもらえるのと勘違いしているようです。ミシシッピアカミミガメではないようです。



24akamimigame1 これはミシシッピアカミミガメ





25suppon2_2


 スッポン
もいました。











27siokaratonbo2 シオカラトンボ

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

里山散策中止で市民の森へ 1/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  台風11号が去った後は曇天で時折強い雨が降ったりするうっとおしいお天気が続いています。この日も降水確率30%ですが、定例の里山観察会は実施と見込んで家を出ました。

2kumo2 駅へ向かう歩道脇の花壇で巣作りをするクモ





3takasagoyuri2 背丈20cmほどしかないタカサゴユリ 花は見劣りしません。花びらから雨の水滴がこぼれそうでした。




 
 花壇ではジガバチが巣穴を掘っていました。自分の頭ほどの土の塊を前足で抱えて後ずさりをして出てきて巣穴から15cmほど後ろに捨てました。捨てた後はまっすぐ穴に入りまた土を抱えて後ずさり。それの繰り返しでした。雨後なので掘りやすかったのかも…
4jigabachi2














5onbubatta2 曇ってはいても雨は降っていないので出発し始めた途端、強い雨が降り出しました。雨宿りした作物小屋の脇に咲いていたタカサゴユリ。オンブバッタが止まっていました。



6hisi1 雨が止みそうにないので観察会は中止。自宅付近についたころは先ほどの雨が嘘のように止んで晴れ間も見えていたので近隣散策に変更。
 さくら公園の池でゴイサギなどとの出会いを期待しましたが、水面全体がヒシが繁茂していました。岸にアオサギ二羽がいただけでした。


10kumazemi211aburazemi2 朝日新聞の「天声人語」の筆者がツクツクボウシの声を聴いたと書かれたその同じ日にさくら公園でもツクツクボウシが何匹か鳴いていました。鳴き声を頼りに姿を探しましたが、クマゼミアブラゼミとの出会いだけでした。


 ようやく見つけこのセミの抜け殻がツクツクボウシのものではないかと考えました。帰宅後にアブラゼミの抜け殻と並べて撮影してみました。やはり小さい。ニイニイゼミとも違うようです…。
7tukutukubousi2_27tukutukubousi3







この赤トンボはアキアカネでよいのかな?
8akiakane2













9kogera4 鳴き声は聞こえませんでしたが、コゲラが動き回っていました。





12nanikana1 サクラの幹もとに何かしら正体不明のものが…・コケ?キノコ?





13akamegasiwa413akamegasiwa2 さくら公園から東公園へ向かう歩道脇のアカメガシワの果実。未熟果と完熟果。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

庭の花 マルバツユクサ

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  台風11号が去った翌々日の朝、水やりをしていてマルバツユクサが咲いているのに気が付きました。ツユクサと比較してみました。

ツユクサです。6本の雄しべに雌しべ1本。花糸や花柱は透明に近い白色。
1tuyukusa2
















マルバツユクサ
2輪。ツユクサよりもやや小さい花。綺麗な咲き具合ではないので蕊の本数など明確には確認できません。花糸や花柱は青い。3枚目は数日後に撮影した別の花です。
4marubatuyukusa4














6marubatuyukusa2_2













1marubatuyukusa2_2














花糸や花柱に色が付いている花が他にもあるのか、庭で今咲いている花を撮ってみましたが、色は付いていませんでした。
アサガオ、サフランモドキ
2asagao2
3safuranmodoki2_2







ルリマツリ
7rurimaturi28rurimaturi2_2







5mekarudonia2
メカルドニア 
花が小さいので、蕊まで確認できませんでした。






マルバツユクサには地中花というのがあるらしいので、いずれ確認してみたい。強害草らしいので庭にはびこらないよう気を付けたい。


















| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

宇治中書島ツバメのねぐら入り 2/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  


  宇治川・中書島でのツバメのねぐら入り観察の続きです。
16tubame7_16816tubame10_178 日没時間を過ぎてもまだ薄明るい空にツバメの数が増えてきました。




18tubame1_200













18tubame4_206













18tubame8_257













18tubame10_277














月を背景に飛び回るツバメ
17tuki2_246













17tuki4_253














19yosihara2_228 日没後の薄暗くなったヨシ原。ヨシ原の上を飛ぶツバメらしき影が映っていました。




20yuuhi2_284


宇治川にかかる高速道路の照明もヨシ原の上あたりは照明がなく、ツバメに影響が出ないように配慮されているそうです。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

宇治中書島ツバメのねぐら入り 1/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  淀川・鵜殿でのツバメのねぐら入りを見た2日後、今度は宇治川・中書島でのツバメのねぐら入りを観察しました。

1tubamenokurasi2 淀川自然観察会代表・大阪府鳥獣保護員の中野勝也氏に「ツバメのくらし」を教えていただきました。




2watarinoruto2 ツバメの渡りのルート。南方からなぜ日本にやってきて子育てをするのか?子育てには豊富な食料を必要とするが、南方よりも競争相手が少ない日本にたどり着いたなど、いろいろな説があるようです。



3sudukuri2 巣作りをするには泥・草・唾液が必要だそうです。昨年の巣の戻ってくる割合とか同じ相手と一緒になる割合とかを調べた方がおられるようです。




4houran27tamago1 抱卵は2週くらいだそうです。右の瓶がツバメの卵。左の瓶は○○インコといわれた記憶です。




5fukago2 ふ化したツバメ





6sudachi26sudachi4 巣立ちを促す親鳥、巣立ち後も餌やりをする親鳥。





8kotubame29oyatubame2 子ツバメの尾羽は親鳥の尾羽とは異なる。





10kawarahiwa2 紙芝居を見終えて、観察場所へ移動する途中で見たカワラヒワ。ツバメだけでなく、カワラヒワ、スズメ、ムクドリなどもねぐら入りするそうです。




11tubame2_3816tubame2_146 ツバメの群れが飛来する前に、偵察隊が飛来するそうです。これはまだ若いツバメのようです。




11tubame4_46 最初は多くても数羽で来ることが多いようです。













12yuuhi212yuuhi3 日没まではまだ少し時間があるので、空もヨシ原も明るい。1枚目:18:48 2枚目:18:52




15yosinoha2 ツバメはオギの葉には止まれない、ヨシの葉に止まる。止まるというよりは葉の上に乗っている感じだそうです。残念ながらその姿は確認できませんでした。



16tubame4_158日没時間になってもまだ余韻を残して薄明るい空にツバメの数が増えました。









| コメント (12) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

鵜殿ヨシ原ツバメのねぐら入り

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  大阪府高槻市鵜殿にある淀川右岸のヨシ原は、南方へ飛び立つ前のツバメが集まる場所の一つです。日没寸前にツバメの群れが一斉にヨシ原へ降りる姿は壮観と聞いて期待しました。

 淀川堤防上にある鵜殿ヨシ原の石碑とその付近のオシロイバナ
1hyousiki1
2osiroibana1_2





堤防を降りてヨシ原へ入りました。日没前の夕闇を飛ぶアオサギ。(この日は曇天でした。
3yosiharahenoiriguchi14aosagi1





上空で渦を巻くように飛び回るツバメの群れ。
5tubame45tubame5







5tubame75tubame8_2







5tubame95tubame105tubame11





5tubame14













5tubame15













上弦の月が出ていました。
6tuki2_2














ヨシ原に降りたツバメを写そうとしましたが暗くて撮れませんでした。

| コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

鶴見緑地 昆虫とそのはたらき

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  鶴見緑地の水田のイネと生き物の観察の続きです。
クモはイネに集まる虫を狙っているのでしょう。
14kumo214kumo414kumo6






ガ2種、ウリハムシ
18ga418ga617urihamusi2





カメムシ、バッタ
19kamemusi221batta2





午後からは水田以外でも「昆虫とそのはたらき」を観察しました。
クヌギの木の樹液もれを探しましたがありませんでした。その際に出会ったクヌギの木にいたキマダラカメムシ?の幼虫とダンゴムシ
24kimadarakamemusi225marumusi2





腐葉土を掘り起こしてみました。
コガネムシ?の幼虫、ハサミムシ、クモ
26koganemusiyoucyuu227hasamimusi228kumo2






黄色いダンゴ虫かと思ったら、ワラジムシらしい。
29warajimusi2













野菜畑のオンブバッタ、バッタ
30onbubatta231batta2





草地にはヒメジョオンが咲き、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、ベニシジミの他にハチやコアオハナムグリがいました。
32hachi233koaohanamuguri2




















| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

鶴見緑地 田んぼ イネと水&生きもの

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  8月初め、6月に田植えをした鶴見緑地の水田の状況を見に行ってきました。稲を植えた水田は稲刈りまで水を張っておくのではなく、2か月ほど経過した時点で水を抜く‘中干し’ということをするそうです。

1ine21ine1稲は順調に成長していました。








‘中干し’を初めて数日たっていて、稲の株下に立っても沈みません。カエルもこの中干し前にオタマジャクシからカエルになっていました。
2suiden13kaeru2






一株3~5本で植えた稲は‘分けつ’をして茎の数が14本ほどに増えていました。背丈も小学生の背丈位になっていました。
4ine1_2













ムギワラトンボが水田のあちらこちらで見られました。
20mugiwaratonbo4 20mugiwaratonbo6







20mugiwaratonbo8 中には羽化に失敗したトンボも見られました。





22siokaratonbo2 とんぼは雄が先に羽化し、雌が遅れて羽化するそうです。この日出会ったのはほとんどが♀でした。雄のシオカラトンボはほとんど見られませんでした。



ラブラブのアオモンイトトンボ?もあちらこちらで見れました。
11aomonitotonbo4_2















単独行動のものもあちらこちらにいました。
12aomonitotonbo216aomonitotonbo2







水田で出会ったその他の昆虫です。
コオロギ、オンブバッタ、イナゴ
6koorogi2
13onbubatta4 15inago2





10syouryoubatta2 10syouryoubatta4 ショウリョウバッタ







| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

淀川の河川環境 十三干潟

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  7月下旬、淀川の河川環境を観察するため前回の菅原城北大橋付近よりも下流の十三じゅうそう干潟を訪れました。十三大橋の下流です。このあたりは潮の干満の影響を受ける汽水域になります。
1higata21higata1

 対岸には梅田のビル群が見えます。
干潮1時間ほど前でした。




8higata1


干潮に近づいた状態です。この日は大潮ではないそうです。




2haze22haze4 ハゼの腹びれは吸盤になっている。





スジエビテナガエビ
3sujiebi24tenagaebi2





クロベンケイガニ♂♀、ケフサガニ
5kurobenkeigani25kurobenkeigani47kefusagani2





カニが脱皮した後の殻 背中が前の方にめくれあがって脱皮するそうです。
6nukegara16nukegara4





9unagi2


ウナギの稚魚











イシマキガイカワザンショウガイ
14isimakigai215kawazansyougai2





10sijimi1 ご近所の方がヤマトシジミ採りをされていました。砂を吐き出させた後は冷凍しておくそうです。




ムクドリコサギ
11mukudori217kosagi2





ウ、アオサギ
12u213aosagi2



















| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

淀川の河川環境

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  7月下旬、大阪市の東北部の淀川左岸にある城北しろきた公園付近で淀川の河川環境の講義を受けました。
2sirokitakouen1_2


 城北
しろきた公園は明治に行われた淀川付け替え工事で、空き地となった旧淀川の河川敷を利用して造られたもので、旧淀川の流れをせき止めた池が残っています。花ショウブの名所です。








1niji2_2
 晴天ですが薄いが出ていました。




3wando1_2
 ワンドやたまりは明治初期に行われた蒸気船を通すための河川改修工事で両岸に作られたT字型の水制工の名残りだそうです。(菅原城北大橋から下流左岸を見たもの)











4goisagi2 ゴイサギが浅瀬にいました。





5jyaribune2 砂利を満載した砂利船が2隻、下流へ渡って行きました。淀川の砂利は工事用に重宝されるようです。淀川の砂利は木津川からのものが多いそうです。



7suiseikouato2
 かっての水制工の跡が川岸付近に見られました。




大橋を降りて下の堤防の上にでました。ヨシオギマコモが繁っていました。
10yosi111ogi112makomo1





ワンドのヨシノボリ
14yosinobori221kai2





16itasenpara1
 イタセンパラ
の保護活動がされています。













外来種のコゴメイ 在来のイやホソイの茎は中実で白い髄が詰まっているが、コゴメイの髄はすき間がある。
17kogomei317kogomei2_2










スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)とその卵(オオタニシとしていましたが訂正しました。)
19ootanisi419ootanisi2







22wandosuge1_2

 ワンドスゲ 淀川と熊本でしか確認されていない希少種。











23kusafuji2
 クサフジでよいのかな?




24kaigara1先生が集めてこられた貝殻。ヌートリアが食べたあとらしい。イタセンパラが卵を産み付けるイシガイなどが被害にあっており、イタセンパラ保護のためにもヌートリア対策が望まれるそうです。













| コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

鴨川 ゴイサギ・ダイサギ

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  7月下旬、鴨川右岸の四条大橋下流の堰でゴイサギ・ダイサギなどを観察しました。12時40分から約40分の間に数回獲物を獲得する場面を撮影できました。
3goisagi2


ゴイサギ 1匹目










2匹目~5匹目
3goisagi63goisagi83goisagi103goisagi12







ダイサギに追われて場所を譲るゴイサギ。次席に移動しました。
5daisagigoisagi14goisagi1





移動先で獲物を狙うゴイサギ。舌をちらつかせたり、バランスを崩して羽根を広げたり。
4goisagi44goisagi5





2daisagi12daisagi4

ダイサギ 1・2匹目






ダイサギ 3~8匹目
2daisagi62daisagi82daisagi102daisagi122daisagi142daisagi16









1aosagi4新たにアオサギが参入。くちばしの先に羽繕いをした形跡が…





アオサギ、ゴイサギ、コサギ、ダイサギが陣取りをして勢ぞろい
6jintori2













| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

里山散策 出会った昆虫など

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  7月下旬、里山散策で出会ったチョウ・トンボなどです。
オニヤンマ、チョウトンボ
2oniyanma210cyoutonbo2







オオシオカラトンボ♂♀
13oosiokaratonbo213oosiokaratonbo4







ウスバキトンボ、モノサシトンボ
36usubakitonbo220monosasitonbo2_2







35kiitotonbo4

キイトトンボ












コチャバネ、クロヒカゲ、ジャノメチョウ
(翅を痛めています)
5kocyabane212kurohikage217jyanomecyou2





ダイミョウセセリ、イチモンジチョウ、テングチョウ
22daimyouseseri226ichimonjicyou229tengucyou2





キタテハ、ヒメジャノメ、サナギ(何のさなぎかな?)
30kitateha233himejyanome2
41sanagi2_2








24arijigoku1

アリジゴクの群れ












37tumaguroinago2


ツマグロイナゴ










巣立ちをした若いツバメ、巣の中のツバメの雛
1tubame41tubame2














| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

里山散策 出会った草花など

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

    7月下旬、里山散策で出会った草花・樹木です。
3onidokoro23onidokoro4 どちらもオニドコロでしょうか?雌雄異株らしい。





4ooenokorogusa2


 オオエノコログサ
 

 
エノコログサとアワの交雑種らしい。









コマツナギ、ナツフジ、ヘクソカズラ
6komatunagi18natufuji19hekusokazura2





ハエドクソウ、サンコタケ、ヒメヤブラン
14haedokusou215sankotake216himeyaburan2





ツユクサ、イヌホオズキ、ウスノキ
18tuyukusa223inuhoozuki225usunoki2





31yamatoranoo2

 ヌマトラノオ












ヒヨドリバナ、ベニナギナタタケ?、ヤブミョウガ
32hiyodoribana234beninaginatatake_ka238yabumyouga2





39fuuran239fuuran3_2
 フウラン







40suzurannoki_ka1_2

 スズランノキ?






















| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

京都府立植物園四季彩の丘 2/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  7月中旬、京都府立植物園色彩の丘での出会いの続きです。
トロロアオイケナフトウゴマ
28tororoaoi229kenafu230tougoma1





ハトムギ、ハブソウ、ゴマ
31hatomugi232habusou133goma1





34ooketade1

オオケタデ













ツノゴマ、シカクマメ、ナタマメ

35tunogoma136sikakumame237natamame1





カンナ
38kanna138kanna2





クガイソウ、クサキョウチクトウ、ホスタ:ゴールデンティアラ
39kugaisou140kusakyouchikutou241hosutagorudenthiara1





42yanagiran1

ヤナギラン











以上が色彩の丘での出会いです。
ムクゲ‘鳥取花笠’、‘ラージホワイト’
44mukugetottorihanagasa145mukugerajihowaito1







46momijiaoi1


モミジアオイ


| コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

京都府立植物園四季彩の丘 1/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  7月中旬、京都府立植物園色彩の丘での出会いです。
3kibunedaiou2_2

 キブネダイオウ
貴船大黄・・京都府絶滅寸前種。植物園で栽培したものを本来の自生地・貴船川流域に戻そうとされているそうです。










ヒメノカリス:ステラデオロ、宿根スイトピーボタンクサギ
4hemerokarisusuteradeoro15syukukonsuitopi16botankusagi1





ユーコミスコモサ、サルビア:インウォルクラタ、クサレダマ
7yukomisukomosa220sarubiainworukurata121kusaredama1





9hasuwisconsin1

Wisconsin  黄色い蓮です。












10hyakumanman1_2

百万万











11cyuunichiyuugiren1

中日友誼蓮











12hasutaisaikin1

大灑錦タイサイキン












14hasuseiryoukouren1

西菱紅蓮セイリョウコウレン 












15oguranohakucyou1_2


巨椋の白鳥











16ogunohonoo1

小椋の炎












オオシオカラトンボ、ショウジョウトンボ、イトトンボ
(名前は?)
18oosiokaratonbo219syoujyoutonbo426itotonbo2





シラサギガヤツリカンナ:グラウカガガブタ
22sirasakigayaturi1
23kannagurauka124gagabuta2





25suiren1




















| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

京都府立植物園 Part3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

  7月中旬、京都府立植物園での出会いの続きです。

カリガネソウカンガレイキハギ
44kariganesou1
45kangarei147kihagi1





ナツノタムラソウヤマシャクヤク(果実)、ヌスビトハギ
49natunotamurasou251yamasyakuyaku152nusubitohagi2





ハナイカダ(果実)、リョウブ、ミヤマイラクサ
53hanaikada157ryoubu259miyamairakusa1





ユキミバナ、ツガルフジ、ツノハシバミ(果実)
60yukimibana261tugarufuji163tunohasibami1





スズカケソウ、ヤブラン、ネコノチチ(葉が2枚ずつ互生)
64suzukakesou165yaburan166nekonochichi1





14kumo2_2


空中遊泳?をする蜘蛛











オオシオカラトンボ、ホシミスジ

24oosiokaratonbo258hosimisuji2





メジロ、ヤマガラ(若鳥)
55mejiro256yamagara2





















| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

京都府立植物園 Part2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

7月中旬、京都府立植物園での出会いの続きです。

レナーテシュタイニゲルブラオーマイゼユニバーサル
18renatesyutainigeru1
19buraomaize220yunibasaru1





ロゼア桂夢衣カムイ
22rozea123kamui1








25maihiren2_2


舞姫蓮















26ukesyonohonbeni1



請書本紅












27oogahasu1






大賀ハス











伊豆の華、ノリウツギ
28izunohana229noriutugi2






ハグロソウ、ヤブミョウガ、コアカソ
30hagurosou131yabumyouga232koakaso1





アオノクマタケラン、ハギ、マキエハギ
33aonokumatakeran134hagi438makiehagi1





キキョウ
37kikyou337kikyou2





ヒメイヨカズラ、イヌゴマ、キンミズヒキ
39himeiyokazura140inugoma141kinmizuhiki1





カワラナデシコ、タケニグサ
42kawaranadesiko143takenigusa1


















| コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

京都府立植物園 Part1

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

 

  7月中旬、京都府立植物園での出会いです。

 ヒマワリサルビア・ボンファイアートウガラシ
1himawari2
3sarubiabonfaiya14tougarasi2






 エキナケア・プルプレアアメリカフヨウ
5ekinakeapurupurea16amerikafuyou1





 ハゲイトウ、‘エロ-スプレンダー’、‘イルミネーション’
7hageitouerosupurenda18hageitouiruminesyon1





 トウガラシ‘紫炎’、ホスタ(ギボウシのこと)
9tougarasisien29tougarasisien411hosutagibousi1





 シマサルスベリ
15simasarusuberi215simasarusuberi415simasarusuberi5





 オリエンタルリリー‘ラベンナ’、‘シグナム’
13orientaruririrabenna113orientaruririsigunamu1





12kihiradoyuri1


黄平戸百合キヒラドユリ











35ougononiyuri1

オウゴンオニユリ












36kooniyuri1
コオニユリ




46sakuyuri1

サクユリ












48yamayuribenisuji1_2

ヤマユリ‘紅筋’












50yamayuri1

ヤマユリ



































 

| コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

セミ羽化観察会

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

 1annai2

7月中旬、セミ羽化観察会がおこなわれました。




2aburazemi23minminzemi2日没までの時間を利用して勉強会。アブラゼミ、ミンミンゼミ、クマゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミについて各担当者が説明。



4kamisibai24kamisibai4続いてセミの生態などについての紙芝居





4kamisibai64kamisibai8紙芝居の最後は「セミの歌」です。唱歌「虫の声」の替え歌で歌いおわるころには陽も落ちて薄暗くなりました。



低い位置での羽化でしたので小さなお子さまもしっかり観察できました。(抜け殻に止まっての羽化です。)
5uka15uka25uka35uka55uka6_2







羽化の開始直後から観察
6uka16uka26uka36uka4







あちらこちらで観察できました。低い位置が多かったのでお子様も十分楽しめました。
7uka18uka2





9uka1

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

奈良春日山キノコ観察 3/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

 7月上旬、奈良春日山でのキノコ観察の最終です。

19kurorappatake2
 クロラッパタケ








20yamadoritakemodoki_ka220yamadoritakemodoki_ka4

 ヤマドリタケモドキ








21himekonakaburiturutake2


 ヒメコナカブリツルタケ









22asibosochichitake_ka2
 アシボソチチタケ?









23awafuki223awafuki4
 キノコではありません。
 アワフキムシ









24irogawarikiirohiratake2

 イロガワリキイロヒラタケ
裂いて空気に触れると青く変色するからついた名前か…








25kasugayamagensirin1
 春日山原始林の標識の地点で折り返しました。









26momiji127koke2
 新緑の美しさに写真を撮りました。モミジ









29syuukaku130noboriryuu2


 この日の収穫。最後はノボリリュウタケというらしい。

















| コメント (12) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

奈良春日山キノコ観察 2/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

 7月上旬、奈良春日山でのキノコ観察の続きです。

9kikurage228aragekikurage2
 キクラゲ と アラゲキクラゲ










10abu2
 観察中、隣の人の肩に止まったアブ。ガの汁を吸いながら交尾という忙しいアブです。








11yamakagasi1
 ヤマカガシ
先生が手づかみで捕まえました。








12nenkin2
 粘菌








13sarunokosikake213sarunokosikake3
 サルノコシカケ











15kinoko215kinoko4

 名前を聞きもらしました。












16umenokigoke2
 ウメノキゴケ 地衣類








17kareedatakemodoki2
 カレエダタケモドキ









18sumiremo2
 スミレモ キノコではなく、藻類の一種。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

奈良春日山キノコ観察 1/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

 7月上旬、奈良春日山でのキノコ観察会に参加しました。講師は奈良教育大学理科教育講座准教授 菊池純一先生でした。キノコについては苦手意識が強いためかせっかくの講義メモと写真とがうまくかみ合わなくなってしまい、まとめるのに苦労しました。

1nankinhaze1
 バス停破石町で下車。春日山原始林へ向かう途中で出会ったナンキンハゼの雄花。








2fujinomi1
 藤の果実









3sika1
 奈良公園にきたら鹿の写真はとらないわけにはいかない・・・








4kakinoki1
 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」 柿も奈良を連想させます。








5murasakiyamadoritake25murasakiyamadoritake4
 ムラサキヤマドリタケ
傘の裏面はひだではなく、孔状になっている。イグチ科らしい。








14kankou2
 キノコの裏面が孔状になったものを管孔というそうです。管孔の状態を見せていただきました。(黄色い部分)








6tengutake_ka26tengutake_ka4

テングタケ
毒キノコらしい。









7toucyuukasou47toucyuukasou6
冬虫夏草だそうです。
どんな虫に寄生したのか聞き漏らしました。










8benitake48benitake6
 ベニタケ













8benitake8
 
 このキノコの名前は?










| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

西宮市甲山湿原 2/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)  

 6月下旬、特別に入れていただいた甲山湿原で出会った昆虫などです。

11batta411batta6


 ヒシバッタ
 白いのは羽根が十分生えていないようです。






13kutuwamusi_ka2


 クツワムシ
 近寄れないので全体の姿を撮れませんでした。






17benibotaru_ka2


 ベニボタル







19kumo2

 クモ
 脚が2本ないようです・・・







20batta1


 名前は?







21awafuki2


 アワフキ







23moriaogaerunokurasi1

 「モリアオガエルのくらし」の説明板
 寄贈されたものです。






25tamago125tamago4


 モリアオガエルの卵
 日数が経つと黄色くなってくるそうです。







26kaeru224hebi1
 池の中にいたはモリアオガエルではない。ヤマカガシらしいが池の縁にいました。蛙を狙っていたのでしょうか…








27kanahebi2

 一般に出入りできる湿原にいたカナヘビ
 シッポがはえかかっていました。







28nohanasyoubu1


 名残のノハナショウブ







29chidakesasi2



 チダケサシ







30hotaruga2


 ホタルガ







31kinoko2



 キノコの名前は?







33youcyuu1

 甲山湿原から阪急甲陽園駅へ歩いていた際に見つけたアゲハチョウの幼虫。柑橘類の葉ではないのがポイントです。なんという木なのか?イヌザンショウなのか?
 それとも、アゲハチョウの幼虫ではないのかな?

| コメント (12) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »