« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の記事

2014年1月31日 (金)

万博記念公園野鳥観察 2/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 万博記念公園での野鳥観察の続きです。

14karugamo2  カルガモ





15magamo2  マガモ





16kaituburi2  カイツブリ





19sagi2  コサギ・アオサギ





24daisagi2 24daisagi4  ダイサギ





25kisekirei2  キセキレイ





17mukudori2 17mukudori4  ムクドリ





18tugumi2  ツグミ




20sirohara2  シロハラ





21yamagara2  ヤマガラ





23kogera2  コゲラ





22ootakanosu1  オオタカの巣
らしい





 観察会終了後も残っていて、カワセミと出会えました。
26kawasemi426kawasemi826kawasemi10

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

万博記念公園野鳥観察 1/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 万博記念公園での野鳥観察に参加しました。

1dobato2  ドバトは野鳥観察会では対象にならないらしい。





2hasibosogarasu2 11hasibutogarasu2  ハシボソガラス・ハシブトガラス





3hiyodori2  ヒヨドリ





4torinosu2  鳥の巣
(カラスかも…)





 カワラヒワ 3回ほど出会いました。
5kawarahiwa25kawarahiwa45kawarahiwa10






6atori4 6atori8  アトリ ♀は雄に比べて額から後頸にかけて褐色なので淡い色に見える 。(1枚目は左が♂、右が♀)





6atori10 6atori12  アトリ ♂の顔、頭、背が黒い。






7jyoubitaki2  ジョウビタキ






8sijyuukarahakusekirei2  シジュウカラ・ハクセキレイ(右・左)

9sijyuukara410hakusekirei4







12suzume1  スズメの群れ






13gama1 13gama2  ガマの穂が散り積もっていました。





| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

鴨川河畔 3/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 鴨川河畔での野鳥観察の続きです。

15onagagamo2  オナガガモの群れ





16hiyodori2  ヒヨドリ





18isosigi6 18isosigi8  イソシギ





19magamo2  マガモ♂ オナガガモのこの姿はよく見かけますが、マガモでは珍しい。





19magamo4 19magamo6  マガモ♀ 左足を痛めているようで、不自然な動きをしていました。




20karugamo2  カルガモ





21hasibutogarasu2  ハシブトガラス 
二羽とも水浴びをしていました。





22tobi4  22tobi2 トビが三羽川原にいました。1羽は水を飲んでいるようです。




22tobi6 22tobi8  近くの樹にトビが何羽か止まっていました。





 ユリカモメの群れが円弧を描いて飛んでいました。
23yurikamome2 23yurikamome4 23yurikamome6





24suzume2  スズメ 幼鳥なのか?羽がまだ十分生えていないように見えます。





 出町柳まで散策してきて、下鴨神社(賀茂御祖神社)へ参詣しました。
25kourinnoume2  下鴨神社(賀茂御祖神社)の光琳の梅 尾形光琳が紅白梅図屏風を描いたことからそう呼ばれているそうです。





26soribasi1  光琳の梅の傍の輪橋そりばしの上にはギンナンの実が積もっていました。





25sakura2  境内のはずれに咲いていた 種類は?





27himekomatu2  境内の媛小松ひめこまつ 5葉の松です





この日の散策で出会った野鳥で撮影できなかったのはカワセミですが、今年はこれまでに数回出会いがあるので、失望感はありませんでした。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

鴨川河畔 2/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 鴨川河畔での野鳥観察の続きです。

 コガモ♂は、目の周りから後頸にかけての緑色、翼鏡(次列風切り上面の金属光沢のある部分)の緑色が特徴と覚えていましたが、見る角度・光線の具合で紺色に見えます。
8kogamo4 8kogamo8 8kogamo12





8kogamo6 8kogamo10  コガモ♂の水浴び 最後は飛び上がって仕上げです。





8kogamo2 8kogamo14  コガモ





 キセキレイ 見やすい場所に上がってきていました。
10kisekirei2 10kisekirei4 10kisekirei6





11kosagi2  コサギ





 アオサギ
12aosagi2
12aosagi4 12aosagi6





13suzume2  スズメ





14dobato2  ドバト 
センダンの樹でお休み中





 別の場所で見たキセキレイ 先ほどのよりは黄色い部分が少ない。石の多い水面を行ったり来たりするのを追いかけました。
17kisekirei2 17kisekirei6 17kisekirei8  
17kisekirei12 17kisekirei16 17kisekirei18

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

鴨川散策 1/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 所用があって京都へ出かけた帰り道、鴨川河畔で野鳥観察をしました。

1isosigi2  朝9時半頃、四条大橋の上からイソシギを見たので、昼過ぎでもまだいるかもしれないと思って四条大橋下流でイソシギの姿を探しました。同じ個体なのかはわかりませんが1羽を観察できました。



 ユリカモメとは何回か出会いがありました。
2yurikamome62yurikamome102yurikamome14_2





 ユリカモメの飛翔姿にも挑戦してみました。
2yurikamome2 2yurikamome12 2yurikamome16_2





3magamo8 3magamo10  マガモ 雄のくちばしの色合いもさまざまあると気が付きました。黄色みが薄いのは幼鳥なのか?




3magamo4 3magamo6  上空を飛ぶカモを撮ってみました。マガモのようです。





 ヒドリガモ くちばしから藻が垂れている♂、その近くにいた♀、仲の良い♂♀
4hidorigamo2 4hidorigamo4 4hidorigamo8






4hidorigamo12  水浴びをするヒドリガモ






6kawau2  中洲で休むカワウの群れ






5segurosekirei2  セグロセキレイ






7hakusekirei2 7hakusekirei4  ハクセキレイ






9tobi2  トビの姿が目立ちました。






| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

淀川散策 2/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 淀川河畔での野鳥観察の続きです。

12kawaaisa2 12kawaaisa4  淀川本流の川面を飛ぶのはカワアイサでしょうか?気づくのが遅くて後ろ姿だけです。




13kosagi4  コサギ





 
近づく鳥影にカメラを向けました。オオタカのようです。 
14ootaka2_2 14ootaka4_2 14ootaka6_2





 更に別の鳥影が近づいてきました。カモメの仲間のようです。名前は?
15kamome4_2 15kamome6 15kamome8
    





16hakusekirei2  ハクセキレイ 





17tugumi2  
飛び去る鳥影を追いました。ツグミかな? 





18misago4 18misago6  三度目のミサゴとの出会い。ホバリング中に脚を下したので捕獲体勢に移るのかと期待しましたがそうではありませんでした。



 ベニマシコ♂ 雌もいましたが撮影ができませんでした。
19benimasiko2 19benimasiko4 19benimasiko6                                                                          





20kogamo2_2  わんどにコガモの群れ

| コメント (12) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

淀川散策 1/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 淀川左岸で野鳥観察を楽しみました。

1kawarahiwa2  カワラヒワ





3enaga2  エナガ





4uguisu2  ウグイス





5sijyuukara2  シジュウカラ





6misago2 6misago4  ミサゴ
(1回目)





 ムクドリ
7mukudori47mukudori67mukudori12






8hasibutogarasu2  ハシブトガラス






9takoage1  対岸の川原で凧揚げ会が開催されていた





10misago2  その影響でこのあたりを縄張りとするミサゴがよく表れているようだ。 先ほどの個体とは違うようですが…






11ikaruchidori2 11ikaruchidori4 わんど近くの川原にいたイカルチドリ  川原の石が保護色となって見分けにくい





11ikaruchidori6 11ikaruchidori8  
近づきたいが飛び立ってしまうイカルチドリ 

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

茨木市耳原公園野鳥観察会 2/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 大阪自然環境保全協会の茨木・高槻自然に親しむ会主催の茨木市耳原公園での野鳥観察会の続きです。

14kogera2  コゲラ





16daisagi6  ダイサギ





17aoji4  アオジ





18segurosekirei2  セグロセキレイ





19kijibato2  キジバト





 コガモ

20kogamo220kogamo420kogamo8





21ikaruchidori4  イカルチドリ






22kawarahiwa4 22kawarahiwa6  カワラヒワ 水を飲みに来ていました。






24mozu6 24mozu8  モズ♀





24mozu12  モズ♂






26mukudori2 26mukudori4  ムクドリ






27hoojiro6  ホオジロ






15ume2  耳原公園のウメの蕾が少し膨らんできていました。 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

茨木市耳原公園野鳥観察会 1/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 大阪自然環境保全協会の茨木・高槻自然に親しむ会主催の茨木市耳原公園での野鳥観察会に参加しました。今回はスタッフとしての参加です。参加者は14名、スタッフは7名でした。出会った野鳥は27種で、1週間前の30種以上の野鳥との出会いがあったことに比べると少なかったのですが、カワセミ、ゴイサギ、ホシゴイ、コゲラ、イカルチドリなどとの出会いがあってまずまずの観察会でした。出会った野鳥を2回に分けて掲載します。

1suzume6  スズメの群れ





2kaituburi8  カイツブリ





3karugamo2  カルガモ





4aosagi4 4aosagi6  アオサギ 
泳ぐ姿を初めて見ました。





4aosagi8 4aosagi10  撒き餌を食べた後飛び去るアオサギ、アオサギの若鳥





5kawau4  
撒き餌にカワウも寄ってきていました。





6onagagamo4 6onagagamo6  オナガガモ♀





 オナガガモ♂
7onagagamo2
7onagagamo4 7onagagamo6





11goisagi2 8hosigoi6  ゴイサギ・ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)





 カワセミ♀
9kawasemi2
9kawasemi4 9kawasemi6





10m1gamo2  マガモ♂





13hasibosogarasu2 25hasibutogarasu2 ハシボソガラス・ハシブトガラス








 

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

茨木市耳原公園野鳥観察 Last

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 茨木市耳原公園での野鳥観察の最終です。

18kaituburi2_2  カイツブリ





19kawasemi5b_2 19kawasemi7b_2  カワセミ♀





20sijyuukara1b_2  シジュウカラ





21enaga3b_2 21enaga1b_2 エナガ






22mejiro2  メジロ






23kawarahiwa1b 23kawarahiwa3b  カワラヒワ






24kijibato224kijibato4 キジバト バトル中






26mozu2 26mozu3b  モズ






 イソシギ
27isosigi1b27isosigi7b27isosigi3b

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

茨木市耳原公園野鳥観察 2/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 茨木市耳原公園での野鳥観察の続きです。

9tugumi2 9tugumi3b  ツグミ





10suzume2  スズメ





11magamo1b 11magamo4  マガモ ♂ ♀





12goisagi2  ゴイサギ





 ホシゴイ
(ゴイサギの若鳥)
14hosigoi214hosigoi414hosigoi6






13kinkurohajoro2  キンクロハジロ






16karugamo2  カルガモ





15kawau6 15kawau4  カワウの婚姻色







17aosagi2 17aosagi4  アオサギ

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

茨木市耳原公園野鳥観察 1/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 新年早々、茨木市耳原公園へ野鳥観察に出かけました。

 阪急バスの中河原バス停で下車。勝尾寺川に沿って下流へ、佐保川と合流した茨木川にかかる幣久良橋を渡って、耳原公園に向かいました。

 出会った順番ではありませんが、3回に分けて出会った野鳥の一部を紹介します。
1hidorigamo2 1hidorigamo5  ヒドリガモ





2kosagi2  コサギ
(後ろ姿です。)





3ikaruchidori2 3ikaruchidori4b  イカルチドリ コチドリなのか判断に迷いましたがイカルチドリだろうという判断になりました。




4hakusekirei3b 4hakusekirei9b  ハクセキレイ





5kogamo2b 5kogamo4b  コガモ♂ (1枚目の右側2羽が♂)





5kogamo6b  コガモ♀ (右を向いているのが♀)





6aoji2b 6aoji4b  アオジ





7onagagamo8b 7onagagamo20b  オナガガモ♂ (1枚目の右側2羽)





7onagagamo14b 7onagagamo22b  オナガガモ♀





8hasibosogarasu2  ハシボシガラス 
でよいかな…

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

石清水八幡宮初詣

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

1hachimanguu1  京都府八幡市男山にある石清水八幡宮に初詣。運動を兼ねてケーブルカーは利用せずに歩いて登ります。お天気は上々、昼前なのでさほどの混雑はなし。



2sakaki1  境内に植えられていたサカキ(ツバキ科) 枝先の芽は細長く勾玉型で、爪のように曲がって尖ると聞いていたので確認しました。




3ejison1  男山山上にはエジソン記念碑があります。エジソンが発明した白色電球のフィラメントに男山の竹が使われたためです。




 エジソン記念碑の後ろに植えられているのがその竹らしい。孟宗竹ではなく、真竹らしい。真竹の節は2環状で、孟宗竹の節は単環状とのこと。写真の左と真ん中はエジソン碑の後ろに植えられていた竹で、右は別の場所の竹。男山の竹は今ではほとんど孟宗竹ばかりのようです。
5takenofusi1 5takenofusi2 5takenofusi3






6itadori1  下山途中の道脇のイタドリ(タデ科)の果実 雌雄異株なのでこれは雌株ですね。「虎杖」と書いてイタドリと読みます。枕草子にも出てきたと記憶するのですが…



 
 下山途中、空を見ていて雲の色が赤みを帯びているのに気が付きました。彩雲といわれるもののようですが、実際に見たのはこれが初めてです。色調がうまく表現できたのか自信がありません。カメラ任せです。
7kumo2 7kumo3 7kumo4

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

元旦初散策 2/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 東公園から再び市民の森へ戻りました。裏口から入ってすぐの水路でカワセミ♀を見つけてしばらくにらめっこ。
10kawasemi210kawasemi410kawasemi6






11kawasemi1t  散歩する人の気配で飛び去った方角へ行って、探してみたら木の枝に止まっていました。



 

12kawasemi1 13kawasemi1  よく見るともう一羽もいました。もう一羽の方は雄のようです。その前に見た♂なのか…




14tugumi2 15kaituburi1  ツグミ・カイツブリ





 
市民の森を出て、年末にスズメが柿の実を食べているのを撮影した場所へ来ると、いましたいました、ヒヨドリメジロムクドリ
16hiyodori217mejiro218mukudori2






19suzume2  車や人が通る気配で皆逃げ出したあとも、未練たっぷりなスズメ






20momijibasuzukakenoki1 20momijibasuzukakenoki4  小学校裏門に植えられているプラタナス(モミジバスズカケノキ)のまだ残っている葉と果実





21misago1 21misago2  上の写真を撮っていて、何か黒い影が風に流されたように動くのが見えたので追ってみました。ミサゴのようです。翼はほとんど動かさず、滑空しているように見えました。住宅の陰に入って追い切れませんでした。



22taiyou2  元日の朝は小雨がぱらつく天気で初日の出を見れませんでしたが、 昼前になってようやく雲間から顔を出してきました。‘初日の出’かな…?

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

元旦初散策 1/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 
2mikke1 2mikke2 正月三が日は市民の森が開いているというので初散策に出かけました。

 市民の森近くに在る交野天神社に立ち寄り初詣参拝。樟葉宮表参道商店会&地域活性のゆるキャラ‘みっけ’が神社のお手伝いをしていました。










1akamegasiwa2  アカメガシワの冬芽





 ヒヨドリが見慣れない飛び方をしていました。求愛ダンスなのか?
3hiyodori23hiyodori43hiyodori6






4kawasemi2 4kawasemi3  カワセミ♂が止まっているのに気が付きました。人の気配で飛び去るのを追ってみました。





5hakusekirei2  近づいても逃げないハクセキレイ





6jyoubitaki1 6jyoubitaki2  ジョウビタキ♀ 枝から電線に移動するのを追っかけ。





7ume2  市民の森から東公園へ足を延ばしました。白梅の蕾が膨らみだしていました。




8hiyodori2 8hiyodori4  ヒヨドリとの出会いが多いと気が付きました。ナンキンハゼの実はいろいろの鳥が食べに来ます。





9suzume2 9suzume4  ナンキンハゼの実を食べるスズメ。年末の出会いを思い出しました。

.

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

年末の近隣散策

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 先日は市民の森が定休日だったので、今年最後の訪問になるかもしれないと思って再度訪れました。

1habotan1  市民の森は新年を迎える準備がされていました。葉ボタンで描かれた干支の馬と富士山




2kakuremino1  カクレミノ(ウコギ科)の果実





3mochinoki1  モチノキ(モチノキ科)の果実





4kawasemi2  この日のカワセミは池に注ぐ水路の裏側にいました。すぐに飛び立ったのでこのポーズだけです。




5suzume2  カワセミを撮影に来ていた方が投げたパンくずでしょうか、スズメが銜えていました。大きくて食べあぐんでいました。




6gama2  陽光に輝くガマの穂





7mozu2  モズが池の柵に止まっていました。ユキヤナギの枝越しに撮影です。





 この日はシジュウカラとは3回出会いがありました。
8sijyuukara28sijyuukara48sijyuukara6






9mejiro2  メジロ






10kijibato2  キジバト






11kogamo2  市民の森からさくら公園に向かいました。池にはやはりコガモしかいませんでした。





12kantubaki1 12kantubaki2  カンツバキ ツバキととサザンカの交雑種と書いてありました。花を見るとやはりサザンカに近いと思いました。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

近隣散策 2/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月下旬、市民の森が定休日なので、外周道路から覗きこんでの観察が続きました。

13mejiro2 14sijyuukara2  メジロ、シジュウカラ





16kinoko2 19tabunoki1  キノコタブノキの新芽





17karasu2 18kobusi2  カラスコブシの冬芽





20kodachidaria2 21kinkan1  市民の森から東公園に向かう途中で出会ったコダチダリアキンカンの果実




22syarinbai2 23nanten1  黄葉が散った後に赤い葉を見せる東公園のシャリンバイナンテン




24metasekoia1 24metasekoia2  メタセコイア
の雄花は木の下部に、果実は頂近くに付くそうです。




25momijibafuu1  モミジバフウの果実はクリスマスツリーの飾りのようです。





26dobato1  ドバトは枯葉の中の餌探しに忙しい。





27kijibato2 27kijibato4  ナンキンハゼの実を食べるキジバト





 
キジバトの横でスズメの群れも食べていました。
28suzume6 28suzume10 28suzume12





29kogamo1 30kaituburi2  東公園からさくら公園に足を延ばしました。秋によく見かけたゴイサギの姿はなく、コガモカイツブリだけでした。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

近隣散策 1/2

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月下旬、寒いけれども近隣散策に出かけました。

 1nankinhaze1 お決まりのコースをいつものようにぶらつきました。小学校校庭のナンキンハゼの実がはじけて青空に白く輝いていました。




2jyoubitaki2  小学校の向かい側の民家の庭でジョウビタキが飛び回っていました。住居に向かってカメラをかまえるには勇気がいります。




3suzume4 3suzume6  毎年、柿の実を食べに来るメジロを撮影しているカキノキに、今日はスズメが来ていました。




4tudurafuji1  そのカキノキにまつわりつくツヅラフジの見事な果実の鈴なり。





5nogesi1  南向きの民家の石垣の隅に咲くノゲシ。12月下旬でも元気に咲くたくましさ。




6himeakatateha4 6himeakatateha6  その石垣にとまっていたヒメアカタテハ。冬をどうやって越すのでしょうか?タテハチョウの足は4本しかない?と教えていただいたので足の数を確認してみました。やはり4本ですね…


7katabami1  その南向きの石垣ではカタバミもまだ咲いていました。





8doudantutuji2  中学校の校庭土手に植えられたドウダンツツジの冬芽と果実。





9kabasira1  市民の森は定休日ですが、道路上から覗きこむと、陽のあたる場所に蚊柱がうごめいていました。




10tochinoki1  トチノキの冬芽が陽を受けて光っていました。





11hiyodori2 11hiyodori4  市民の森は定休日ですが、外周の道路上から覗きこんで、クロガネモチの実を食べるヒヨドリを発見しました。




12kawau2  公園内の池ではカワウが気持ちよさそうに餌を探していました。





 水音に驚いて視線を向けると、カルガモの争う水音でした。最後は負けた方が逃げ出して決着がつきました。
15karugamo215karugamo415karugamo615karugamo815karugamo10

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

山田池公園 Last

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月下旬(クリスマス前)、山田池公園で出会った野鳥たちの続きです。

23sekirei2  ハクセキレイ





 
山田池は水門工事のため水が抜かれていて、水際は通常の岸から10mほど離れた状態でしたが、柵があるので近づけませんでした。

 ミコアイサ 体が白いのが♂、頭の茶色いのが♀
45mikoaisa1045mikoaisa1845mikoaisa27






46kinkutrohajiro2 46kinkutrohajiro4  キンクロハジロ






47ooban2 47ooban4  オオバン






48aosagi2  アオサギ





49kosagi4  コサギ







50kawau2  カワウ 大きな魚を銜えて飛んでいました。安心して食べられる場所へ移動しているのかな?





 公園を去ろうとして出口付近でエナガの群れと再会しました。

52enaga352enaga752enaga12

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

山田池公園 4/5

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月下旬(クリスマス前)、山田池公園で出会った野鳥たちの続きです。

11karasu211karasu4  ハシボソガラス でよいかな・・・





13hiyodori2  ヒヨドリ






 スズメ

16suzume2 16suzume14 16suzume20 





 カラスに追われる鳥を見つけて追ってみました。ハイタカらしいのですが自信がありません。高度が上がるにつれてハイタカが逆襲しているようにも見えました。
19haitaka2 19haitaka4 19haitaka819haitaka1019haitaka1419haitaka16










20mozu10 20mozu12  モズ





21karugamo2  カルガモ






| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

山田池公園 3/5

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月下旬(クリスマス前)、山田池公園で出会った野鳥たちです。

1mejiro4  メジロ





3sijyuukara4  シジュウカラ





 カワセミ 
この日は数回出会いがありました。しかも比較的近距離でした。
5kawasemi45kawasemi65kawasemi105kawasemi145kawasemi185kawasemi22










6jyoubitaki2  カワセミが飛び去った池の向こう岸にジョウビタキ♂の姿を見つけました。




8enaga2 8enaga4  エナガ





9kogera6 9kogera10  コゲラ





10aoji4 10aoji12  アオジ 草むらに溶け込んでしまって見つけにくい状態です。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

山田池公園 2/5

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月下旬、クリスマス前に出会った山田池公園の木の実や紅葉(黄葉)などの続きです。

17mayumi2 17mayumi5  マユミ(ニシキギ科)





29nisikigi2  ニシキギ(ニシキギ科)の果実





18yamabuki1  ヤマブキ(バラ科)の黄葉 葉も花のような黄色になると知りました。





22yukiyanagi2  ユキヤナギ(バラ科)の花が咲いていました。返り花というのでしょうか?





24tounezumimochi1  トウネズミモチ(モクセイ科)の葉を陽光に透かすと、葉脈と葉縁が透けて見えるそうです。




25inubiwa2  イヌビワ(クワ科)の果実 雌雄異株らしいがどうやって見分けるか?





33bebasumomo1  ベニバスモモ(バラ科) 落葉樹です。新葉の時から紅紫色で秋には濃い紅紫色になるようです。




34kakinoki1  実をいっぱいつけたカキノキ これから野鳥の餌になるのでしょう。





36numasugi1  ヌマスギの果実





39whesutoringia2  ウェストリンギア‘ウィニアッビージェム’(シソ科)





40aomusi1  ノボタンらしい花にいたアオムシ 冬をどうやって越すのか?





42hana1  名前不明の花 コデマリに似た葉ですが花は八重咲・・・





44sendan1  センダンの果実 ヒヨドリなどの餌が豊富にある・・・





51panpasugurasu1  パンパスグラス(イネ科)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

山田池公園 1/5

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 毎年クリスマス頃に咲くヒマラヤザクラの開花状況を確認しに山田池公園を訪れました。

2sazanka2 7kantubaki1  サザンカ<左>、カンツバキ<右> カンツバキはシシガシラともいわれるようで、どちらかというとサザンカに近いようです。




4kuroganemochi2 35nanaminoki1  クロガネモチ<左>、ナナミノキ<右> (いずれもモチノキ科) よく似ていますが、クロガネモチの葉は全縁、ナナミノキの葉はまばらに浅い鋸歯がある。



15himarayazakura4  15himarayazakura2 ヒマラヤザクラは数輪が咲いていました。今年の見頃は大晦日~お正月かと思われました。




14sikizakura2 14sikizakura4  シキザクラ四季桜 春に咲いた後、秋から冬にかけて咲く二季咲き




27ume4  の蕾が少し膨らみかけていました。





30roubai1 30roubai2  ソシンロウバイ(ロウバイ科)が咲いていました。別の場所のロウバイは蕾でした。




31sansyuyu2  サンシュユ(ミズキ科)の冬芽





37sankakubaakasia1 38akasia_ka1  サンカクバアカシア(マメ科)<左>の蕾、名前がわかりませんが蕾を付けたアカシアの仲間<右> 




41sanzasi1  サンザシ(バラ科)の赤い実





43chainizuhori1  ヒイラギモドキ(モチノキ科)の赤い実 別名:ヒイラギモチ、クリスマスホーリー、チャイニーズホーリー、シナヒイラギ、キッコウバモチ、




32mochinoki2  モチノキ(モチノキ科) 1cmほどの果実の花落ちの部分に特徴があると感じました。




26kanamemochi1  カナメモチ(バラ科) 果柄が長く、葉には鋭い細鋸歯があるのでクロガネモチと区別できる。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

京都 宝ヶ池

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月中旬、京都での所用が終わった後、宝ヶ池へオシドリが来ているか確かめに行きました。

18kasumi1t  京都市中は雨の心配のない天候でしたが、宝ヶ池周辺は雨上りだったようです。比叡山系に雨雲がかかっていました。




2sansyuyu2 3hanamizuki2  赤い木の実についた水滴が綺麗でした。サンシュユハナミズキ




4aoji2  アオジの鳴き声を聞いて、姿が現れるのを待ちました。





5momijibafuu1  街路樹のモミジバフウの枝にできた翼。不思議なものを見つけた気分です。




6hosihajro2 7kaituburi2  宝ヶ池の鳥影が少ないように感じました。ホシハジロカイツブリ




8sarutoriibara2 9umemodoki2  池畔のサルトリイバラウメモドキの果実の水滴も綺麗でした。




12enaga2 12enaga4  エナガ





13sekirei2  セキレイ





14aosagi2 14aosagi4  アオサギ
の飾り羽が綺麗でした。





15sijyuukara2  シジュウカラ





16osidori2  オシドリ 
この日は崖下に隠れていたこの二羽だけでした。





17tubaki2  国際会館外周垣根のツバキ






☆おまけ***
1keyaki1  ケヤキの種子 バス待ちの時間を利用してケヤキの種子探しをしました。枝ごと落ちて少しでも遠くに散ろうとするらしい。種子の付いた枝の葉は小さい。

꾸铧

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

京都府立植物園 Last

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月中旬の京都府立植物園で出会った野鳥です。

33sirohara2 33sirohara4  シロハラ





34hiyodori2 34hiyodori4  ヒヨドリ





35aosagi2  アオサギ





 植物園横の賀茂川堤防を出町柳まで散策しました。
1isosigi2  イソシギ





 
2hidorigamo2  ヒドリガモ





 カワセミ 
雌雄が確認できませんので、番いなのか兄弟なのかわかりません。
3kawasemi4 3kawasemi6 3kawasemi8 3kawasemi12 3kawasemi10 3kawasemi14











4kawau2  カワウ





5kosagi2  コサギ





6onagagamo2  オナガガモ 
くちばしの特徴で識別するのがわかりやすいと思っています。雄は全体が黒いくちばしで左右が青灰色。雌は黒色。ヒドリガモは雄雌とも全体が菁灰色で先端が黒い。 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

京都府立植物園 2/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月中旬の京都府立植物園で出会った草木などの続きです。

 世界三大紅葉樹は、スズランノキニッサボクニシキギだそうです。京都府立植物園にそれらがそろっていることを知りました。来年の楽しみにしたいです。
 左から、スズランノキの花穂の枯れたもの、ニッサボクの樹、ニシキギの樹
16suzurannoki118nissaboku115nisikigi1







19gyoryuu1_2  ギョリュウ(ギョリュウ科) 落葉するのでこの姿です。






20iigiri1_2  イイギリ(イイギリ科) 落葉後も残る赤い果実が綺麗でした。





22tubakitosazankanochigai1  21sazanka2 サザンカ(ツバキ科) ツバキとの違いが掲示されていました。




 冬に咲く桜が集めてありました。
23accolade2  アーコレイドAccolade イギリスで育成。オオヤマザクラ×コヒガン。秋春二季咲。八重咲。




24fuyuzakura2  冬桜 オオシマザクラ×マメザクラらしい。秋から春まで咲く。「三波川冬桜」「不断桜」「寒桜」とも呼ばれるようです。




25jyuugatuzakura2  十月桜 マメザクラ×エドヒガン。花弁数10~20枚の八重咲。秋から春に咲く。




27sikizakura1  四季桜 マメザクラ×エドヒガン。秋と春の二季咲。一重咲。コヒガンに似て、ガク筒にややくびれがあるつぼ型。




 ヒマラヤザクラも植えられていましたが花は見られず。散ってしまったのかと思ったのですが、後日別の場所のヒマラヤザクラを見に行ってまだ咲く前だったと思いました。
 子福桜も秋から咲く花ですが、別の場所だったので撮影を漏らしました。

26tachibana1  タチバナ(ミカン科) 京都御所の右近の橘は本種だそうです。





28sunodoroppu1  スノードロップ(ヒガンバナ科)が咲き始めていました。





29suisen2  スイセンガリル’(ヒガンバナ科)





30tutuji2  玄海ツツジ





31ruribitaki2  ルリビタキ





32karatachibana1  カラタチバナ
(ヤブコウジ科) 正月の縁起物で百両といわれる。









| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

京都府立植物園 1/3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月中旬の京都府立植物園で出会った草木などです。

2korurabisanbado1 1korurabipapurubado1  北山門から入るとワイルドガーデンにコールラビ(アブラナ科)が植えられていました。コールラビとは、ドイツ語で‘kohl’=キャベツ+‘rabi’=カブという意味だそうです。和名が「蕪甘藍かぶかんらん」「蕪玉菜かぶたまな」というそうです。(甘藍、玉菜はキャベツのこと
 左:サンバード、右:パープルバードという名前だそうです。


3mekyabetu1  メキャベツ(アブラナ科)‘早生子持ち’





4kerunerodhitosukana1  ケールネロディトスカーナ





5daiansasuterusuta1 6daiannsasumithiarozupinku1  ダイアンサス‘テルスター’‘ミーティアローズピンク’ 12月中旬でもまだ咲いていることに感動です。




7hakusekirei2  ハクセキレイ 気のせいかややふっくらさんです。卵を抱いているのかな?




8ichigonoki1  イチゴノキ(ツツジ科)





9yamakoubasi1  ヤマコウバシ(クスノキ科) 葉は枯れても枝に残り、翌年の春に落葉する。枯れても“落ちない”ので、受験生のお守りになるようです。枝を折ると芳香があるのでついた名前らしい。



 イスノキ(マンサク科) 別名:ヒョンノキ、ユスノキ。アブラムシが付いて虫えいができます。大きくなるものもあります。
10isunoki2 10isunoki4 10isunoki6





11hosobainubiwa1  イヌビワ(クワ科)は雌雄異株。冬に実が残っているのは雄株なのか?ビワという名前が付いていますが、いわゆる“ビワ”はバラ科です。




12syarinbai1  シャリンバイ(バラ科)





13seiyouhasibami1  セイヨウハシバミ(カバノキ科)の雄花(冬芽) 果実は食用のヘーゼルナッツだそうです。




14fuiriyatude1  ヤツデ(ウコギ科) これは斑入りです。





17tochinoki2  トチノキ(トチノキ科)の冬芽 表面が濡れています。

tat

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

里山観察会 Last

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月中旬の里山観察会で出会った草木などの最終回です。

58nagabamomijiichigo1  ナガバモミジイチゴでしょうか? そうであれば食べられるかな…… 果実が橙色なら間違いないのですが…




63birodoichigo1  ビロードイチゴ(バラ科) これも食べられるらしいが、実は付いていない。





59tokirimame2 59tokirimame1  トキリマメ(マメ科) タンキリマメの葉っぱは、葉っぱの先端寄りに一番広いところがあり、トキリマメの葉っぱは、葉っぱの付け根寄りに一番広いところがあるので、葉が尖ったように見える。


60kamatuka2  カマツカ(バラ科)の果実でしょうか? 別名:ウシコロシ





61hakidamegiku2  ハキダメギク(キク科)





62chichikogusamodoki1  チチコグサモドキ(キク科)





64hiyodorijyougo1  ヒヨドリジョウゴ(ナス科)





65karasuuri1  カラスウリ(ウリ科)





66hotokenoza1  ホトケノザ(シソ科) 向かって左の小さな赤紫の点は閉鎖花だそうです。春の七草のホトケノザとは別種。




67nazuna2  ナズナ(アブラナ科) 別名:ペンペングサ 春の七草のひとつ。





68hayatouri1  ハヤトウリ(ウリ科) 熱帯アメリカ原産 畑になっていました。





69habotan1  ハボタン(アブラナ科) 正月用に栽培されているようでした。





70komatunagi1  コマツナギ(マメ科)の果実 花には注目していましたが、葉が落ちて果実が付いた姿では気が付きにくいです。




71tobikera2  トビケラ

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

里山観察会 Part4

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月中旬の里山観察会で出会った草木などの続きです。

42kamenokotentou2  カメノコテントウ。冬籠りの姿でしょうか?





44turuumemodoki2  ツルウメモドキ(ニシキギ科)の果実





45sasa  と竹の違いは? 皮が棹さおから脱落するのが「竹」、棹が腐るまで皮が棹に付着するのが「」だそうです。




46kawasemisuana1  カワセミ巣穴の跡だそうです。





47kuchibenitake2  クチベニタケ





48kabaedasyaku2  カバエダシャク 
クロスジフユエダシャクの仲間らしい。





49nezumisasi2 49nezumisasi1  ネズミサシ(ヒノキ科) 三輪生の針葉の先が固くとがり、触れると痛いため、枝葉をネズミの通る場所に置くとネズミを刺して防いでくれるということからついた名前らしい。「ネズ」の別名。樹皮は縦に裂けて、薄片となってはがれる。


50kaki1  カキノキの果実。





51aotudurafuji2  アオツヅラフジ(ツヅラフジ科)の果実





52umebachisou2 52umebachisou4  ウメバチソウ(ウメバチソウ科) 花と果実





53sarutoriibara1  サルトリイバラ(ユリ科)





54utubogusa1  ウツボグサ(シソ科) 枯れた姿から「夏枯草かこそう」ともいわれる。





55akinokirinsou1  アキノキリンソウ(キク科)





56ryuunougiku1  リュウノウギク(キク科) 葉をもむと、樟脳に似た「竜脳」のようなにおいがするから。




57kumo2  リュウノウギクの傍にいたクモ。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

里山観察会 Part3

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 12月中旬の里山観察会で出会った草木などの続きです。秋の名残り、冬支度を楽しみました。

28miyamauzura1_2  ミヤマウズラ(ラン科) 花は夏らしい。





29yabukoji1_2  ヤブコウジ(ヤブコウジ科) 可愛らしい姿に魅せられました。





30syunran1_2  シュンラン(ラン科) 花は文字通り春。





31konara1_2  コナラの幼木。





32ga2_2  ガの仲間。詳細不詳。





33murasakikeman2  ムラサキケマン(ケシ科) 花のない姿での見極めは難しいです。





34yamanoimo1 35yamanoimo2  ヤマノイモ(ヤマノイモ科)は対生だそうです。さく果は横広楕円形で、種子は偏円形で周囲に翼があるそうです。ヒメドコロの種子は楕円形なので区別がつくそうですが、個体差があって難しそうです。ヒメドコロ、オニドコロは互生、ヤマノイモは対生。



35yamanoimo3  ムカゴができるのはヤマノイモ。ヒメドコロ、オニドコロはできないらしい。





36sanekazura1  サネカズラ(マツブサ科) 別名:ビナンカズラ。





37turuaridoosi1  ツルアリドオシ(アカネ科) 花は2個ずつ並んで咲き、果実は2個が合着したものらしいのですが、詳しく確認しないままに終わりました。




38kinoko2  キノコ。詳細不詳。





39maimaiga1  マイマイガのサナギらしい。





40waremokou3  ワレモコウ(バラ科)





41gama1  ガマ(ガマ科)





42nosuri2 42nosuri4  ノスリ



>

| コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
(記事掲載は遅れています。ご了承ください。写真はクリックで拡大します。)

 

Nenga01fsx0363本年もよろしくお願い申し上げます。

 昨年は拙ブログへご来訪いただきありがとうございました。
 皆様のご来訪が励みになります。


21ema2


21ema3 貴船神社は、絵馬発祥の地だそうです。





24uma2






***** 「里山観察会」の続きは明日、掲載します。ご来訪をお待ちしております。 *****

| コメント (14) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »