2022年12月 9日 (金)

12月初めの市民の森3

 12月に入って訪れた市民の森で出会った紅葉・黄葉です。

 ケヤキ ほとんど散ってしまっています。
6keyaki_0019

 時折吹く強い風に木の葉が舞います。
52kaze_0213-2

 ニシキギ
14nishikigi_0071-2

 オオシマザクラ ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの交配種。オオシマザクラの葉の両面・葉柄に毛がないのが特徴だそうです。葉にはクマリンが含まれるので塩漬けにした葉は桜餅に使われるそうです。ソメイヨシノの葉の紅葉と比べてみると輝き方が違うようです。
17ooshimazakura_0052-2

 少し前に別のところで撮影した多分ソメイヨシノと思われる桜の紅葉を掲載します。オオシマザクラとは輝き方が少し違うように感じます。
1sakura_0001-2_20221202173201

 ドウダンツツジ
18doudantutuji_0054-2

 モミジ
20momiji_0201-2 20momiji_0116-2

 クヌギ
22kunugi_0064-2

 ナンキンハゼ
27nankinhaze_0079-2 27nankinhaze_0097-2

 ムクノキ 葉縁全体に鋸歯 側脈が鋸歯の先端まで達する 葉柄:1㎝くらい 果実:紫黒色~黒色
32mukunoki_0091-2

 エノキ 鋸歯は葉縁上部1/3ほどに  側脈は葉縁近くで上に曲り鋸歯の中には入らない 葉柄:5mmくらい 果実:赤褐色38enoki_0104-2

 ユリノキ 奇麗とは言えない・・
29yurinoki_0081

 ミツバツツジ
36tutuji_0100-2

 トウカエデ
37toukaede_0102-2 37toukaede_0101-2

 イチョウ
40icyou_0118-2

 ハナミズキ 
42hanamizuki_0122-2 

 アカメヤナギ
43akameyanagi_0128

 ザクロ
49zakuro_0200-2

 ハマボウ
50hamabou_0203-2

 水鏡 写っているのはナンキンハゼの紅葉
44mizukagami_0147-2 44mizukagami_0148-2

**  **  ** 続く **  **  **




 

| コメント (1)

2022年12月 8日 (木)

12月初めの市民の森2

 市民の森の鏡伝池には冬鳥が飛来します。

 カルガモの群れにマガモが混じっていました。
45magamokarugamo_0175-2 46magamokaruagmo_0176-2

 見慣れないカモの群れがいました。オカヨシガモのエクリプスではないかと思います。市民の森では初めて見ました。
46okayoshigamo_0174-2

 常連のコサギ、カワウも1羽だけいました。
45kawaumagamokosagikarugamo_0167-2

 カイツブリが数羽いました。市民の森に入ってすぐに見たカイツブリの行動が目に留まりました。スイレンの株が撤去されずに残っている中に1羽のカイツブリがいました。巣ごもりをしているように見えたのですが、水につかっていますから見間違いかもしれません。
9kaituburi_0031-2

 園内を半周して別の角度からこのカイツブリを観察してみるとやはりこの姿勢でした。約30分この姿勢を続けていることが驚きでした。
9kaituburi_0142-2

 これ以外のカイツブリが数羽。冬季は数が増えるようです。写真整理時に気が付いたのですがカワセミの飛行姿らしいものが写っていました。
9kaituburi_0137-2 9kaituburi_0139-2

 市民の森のあとで、さくら公園の池にカイツブリが来ていないかを見に行きました。数年前にカイツブリの営巣が見られた池です。
 カイツブリの姿はなく、オオバン、コガモ、カルガモがいました。
53ooban_0215-2 54kogamo_0217-2 54kogamo_0223-2 54kogamo_0220-2

**  **  ** 続く **  **  **


| コメント (2)

2022年12月 7日 (水)

12月初めの市民の森1

 12月に入って一気に冬到来を感じたのですが、お天気も良いので市民の森へ出かけました。

 コミュニティ広場はクリスマスムードでした。
5hiroba_0013 5hiroba_0014 5hiroba_0015 

 トナカイは柳子の枝を編んで作られているのでしょうか?トナカイの角はサルスベリの枝を利用しているように見えました。
5tonakai_0211-2

 ポインセチアの花が静かに咲いていました。
5poinsechia_0208-2

 クリスマスツリーは木片を利用して組み立てられていました。
5hiroba_0018_20221202095101

 展示室もクリスマスの飾りがされていました。幼児向けに作られているようです。
4kurisumasu_0012-2 4kurisumasu_0007 4kurisumasu_0006-2

 クリスマスが終わればすぐに新年を迎える準備が必要になります。その準備の一端を見つけました。職員以外は入れない柵の内側に置かれていた来年の干支のウサギの置物を見つけました。木製でうまく作られていると感じました。
35usagi_0095-2 35usagi_0096-2

 市民の森は元旦から解放されます。楽しみにしたいです。

**  **  ** 続く **  **  **

| コメント (2)

2022年12月 6日 (火)

11月下旬の里山3

 11月下旬の里山での出会いの続きです。

 キドクガ幼虫 よく似た姿の幼虫が他にもあり同定に悩みました。
24kidokuga_0029-2

 ヤママユ(蛾)の蛹が抜けたあと・・
25yamamayu_0030-2

 オオカマキリの卵
26ookamakiri_0031-2

 タケカレハ蛹
27takekareha_0032-2

 フユシャク(蛾)?
28fuyusytakui-ka_0050-2

 ヒメアメンボ ゲンジボタルの幼虫の傍にいました。
29himeamenbo_0057-2

 サザンカの花に集まる蜂・アブ
30hachi_0074-2 30hanaabu_0073-2 30hanaabu_0080-2 30hanaabu_0078-2

 サザンカの花
30sazanka_0079-2

 農道を歩いていたらすぐ横を何かが落ちたように感じたので振りかえるとオオスズメバチが道路の上にいました。もう少しずれていたらまともにぶつかっていたと思うと冷や汗です。左前脚の先端がないように見えます・・
31oosuzumebachi_0086-2

 カタツムリ このまま冬眠するのでしょうか?
32katatumuri_0091-2

**  **  ** 完 **  **  **

| コメント (2)

2022年12月 5日 (月)

11月下旬の里山2

 11月下旬の里山での出会いの続きです。

 ビワの花。先日NHKテレビでも取り上げていました。
7biwa_0009-2

 ジンジャー 畑で咲いていました。
8kinjya_0012-2

 リュウノヒゲ 青い果実が魅力的です。
9ryuunohige_0020-2

 キノコ 
10kinoko_0025-2

 スミレが早くも咲いていました。
11sumire_0046-2

 ツルリンドウ 果実
12tururindou_0055-2

 切り株の上に芽生えた赤ちゃん 元気に育っているようです。
13mebae_0066-2

 ヤクシソウ まだ楽しめました。
14yakushisou_0068-2

 イノシシが荒らした農道脇の土手 このような急傾斜でも上の方まで荒らしていることに驚きました。
21inoshishi_0070 21inoshishi_0069

 農道脇にいた瀕死のアカガエル 冬眠中をイノシシに起こされたのではないかな・・?
22akagaeru_0015-2 22akagaeru_0017-2

 農道脇の水路にいたゲンジボタルの幼虫 初めての出会いです。
23gennjibotaru_0023-2

**  **  ** 続く **  **  **



 







| コメント (4)

2022年12月 4日 (日)

11月下旬の里山1

 11月下旬の里山での出会いです。
 里山の紅葉がまだ楽しめました。
  ツタ、イソノキ、ハナミズキ、ガマズミ、ハゼノキ
1kouyou_0001 1kouyou_0026 1kouyou_0013-2 1kouyou_0045 1kouyou_0039-2

 落葉 イチョウ
2ochiba_0022

 農道を埋める落葉 アベマキ、タカノツメの葉を見つけてください。
2ochiba_0040 2ochiba_0047-2

 ヒマワリ畑
3himawari_0003-2

 春の花・ホトケノザが満開
4hotokenoza_0004-2

 秋の花・イヌタデも元気に咲いていました。
5inutade_0005-2

 春の花・ハナイバナも頑張っています。
6hanaibana_0006-2 6hanaibana_0008-2

**  **  ** 続く **  **  **







| コメント (2)

2022年12月 3日 (土)

11月中旬の里山5

 11月中旬の里山の続きです。

 畔に咲くオオジシバリ。雨に打たれたからでしょうかしなだれています。
72oojishibari_0204-2

 ツタの紅葉
73tuta_0206-2

 タチツボスミレ 早くも咲いていました。
74sumire_0211-2

 強い風に飛ばされ舞う木の葉
76kaze_0215-2

 タラノキ
77taranoki_0224-2

 タツナミソウ
79tatunamisou_0228-2

 ブタナ まだ頑張って咲いていました。
80butana_0229-2

 ヤブムラサキ
83yabumurasaki_0235-2

 ヤマトシジミ 幼虫越冬 食草:カタバミ
84yamatoshijimi_0238-2

 ツマグロヒョウモン ♀ 幼虫越冬 食草:スミレ類
85tumagurohyoumon-mesu_0240-2

 ヤクシソウ
87yakushisou_0249-2

 トフンタケ?
88tofuntake_0250-2

 ヘクソカズラ
89hekusokazura_0255-2

 シャリンバイ 返り花
90syarinbai_0257-2

 トウゲシバ(峠芝) シダ植物
91tougeshiba_0218-2

**  **  ** 完 **  **  **












| コメント (2)

2022年12月 2日 (金)

11月中旬の里山4

 11月中旬の里山。冬を迎える晩秋の里山の雰囲気を楽しみました。

 キチジョウソウ まだ花が残っていました。
56kichijyousou_0149-2 56kichijyousou_0150-2

 場違いな湿地に1本のトウカエデの若い木。きれいに紅葉していました。
61toukaede_0167-2

 獣の糞 イタチ?テン?何かな?
62fun_0169-2

 コマツヨイグサ
63komatuyoigusa_0170-2

 フユノハナワラビ
64fuyunohanawarabi_0171-2

 チョウジタデ
65cyoujitade_0172-2

 コバネイナゴ
66kobaneinago_0173-2

 田んぼ横の水路のメダカ
67medaka_0175-2

 ハハコグサ
68hahakogusa_0176-2

 カラスノエンドウ 春を待つ姿!
69karasunoendou_0179-2

 オオアオイトトンボ
70ooaoitotonbo_0193-2 70ooaoitotonbo_0195-2

 トキワハゼ
71tokiwahaze_0198-2

 アオミズ
57aomizu_0155-2

 キタキチョウ なかなか止まってくれません・・
58kitakicyou_0157-2

 カキ 一本の木の根元から分かれでた2本の枝にそれぞれ形の違う実がなっていました。どうしたらこうなるのか?
59kaki_0159-2 59kaki_0160-2

**  **  ** 続く **  **  **



| コメント (2)

2022年12月 1日 (木)

11月中旬の里山3

 11月中旬の里山の続きです。朝方まで雨が降っていましたが、曇ってはいても雨は上がっていました。

 雨上がりの草の中にウメバチソウが咲いていました。
39umebachisou_0081-2 39umebachisou_0100-2 39umebachisou_0094-2 39umebachisou_0084-2

 ワレモコウ まだ元気に咲いていました。
40waremokou_0085-2

 アキノタムラソウ
41akinotamurasou_0231-2

 ツリガネニンジン
42turiganeninjin_0091-2

 ウメバチソウの蜜を求めて寄ってきたホソヒラタアブ
43hosohirataabu_0099-2

 サワヒヨドリ
44sawahiyodori_0102-2

 ツルリンドウ
45tururindou_0111-2

 イチヤクソウ
47ichiyakusou_0116-2

 ウスノキ 果実
48usunoki_0118-2

 タカノツメ 黄葉 里山のあちらこちらを黄色く染めていました。
49takanotume_0131-2 49takanotume_0124-2

 ヤブムラサキ
50yabumurasaki_0122-2

 ノブドウ 雨の水滴がまだ残っていました。
51nobudou_0164-2

 ガマズミ
52gamazumi_0133-2

 コバノガマズミ
52kobanogamazumi_0225-2

 竹と笹の違いは…成長するにつれて皮が剥がれ落ち、茎の部分がツルツルしているのが「竹」、
         成長しても枯れるまで皮が残っているのが「笹」
         葉脈が格子状になっているのが「竹」、平行になっているのが「笹」
         茎にある節目から出ている枝の本数が2本のものが「竹」、
         3本以上(5~6本)のものが「笹」
53sasa_0135-2

 崖に苔らしいものが覆っているところに動くものが見えました。メンバーはどんどん先へ行ってしまっているので長いはできず写真撮影のみ。帰り道に確認しましたが影も姿もなし・・・  右上の少しだけ見えているのも仲間なのか?
54hiru_0137-2-p 54hiru_0138-2-p

**  **  ** 続く **  **  **

  

          





 

| コメント (4)

2022年11月30日 (水)

11月中旬の里山2

 11月中旬の里山の続きです。

 ヤブコウジ (十両) 赤い果実がきれいでした。
19yabukouji_0034-2

 シロダモ 花と果実を同時期に見れる樹木です。
20shirodamo_0036-2

 ホトケノザが咲いていました。
21hotokenoza-hakidamegiku_0038-2

 チチコグサ まだ頑張って咲いていました。
22chichikogusa_0045-2

 ヨメナ 名残の花です。
23yomena_0046-2

 イタドリの果実 雨に洗われて白く光っていました。
24itadori_0047-2

 ウシハコベ まだ元気に咲いていました。
25ushihakobe_0050-2

 ノアザミ、ヨシノアザミ 花の形状が違います・・
26noazami_0090-2 26yoshinoazami_0053-2

 セイヨウタンポポ 元気に咲いています。
28seiyoutanpopo_0070-2

 ゴンズイの果実 まだ残っていました。
29gonzui_0058-2

 フユイチゴの果実が草陰から見えました。
30fuyuichigo_0060-2

 サネカズラの果実は雨に洗われて奇麗に輝いていました。
31sanekazura_0061-2

 マツバラン 大阪府の絶滅危惧種だそうです。「ラン」という名前ですがシダ植物。
32matubaran_0065-2

 イチョウの黄葉 地面も黄色に染まっていました。
33icyou_0067-2

 朝方まで降っていた証拠が草の葉に残っていました。
34suiteki_0069-2

 キツネノマゴ まだ頑張って咲いていました。
35kitunenomago_0071-2

 アキノキリンソウ 奇麗な花が残っていました。
36akinokirinsou_0074-2

 リュウノウギク これも元気に咲いていました。葉っぱをもむとよい香りがします。
37ryuunougiku_0078-2

 リンドウ 雨に洗われて一層きれいに見えました。
38rindou_0080-2

**  **  ** 続く **  **  **










 

| コメント (2)

«11月中旬の里山1