2018年2月17日 (土)

冬の里山3

 1月下旬の里山の続きです。

 日当たりの良い場所のソシンロウバイは満開でした
20soshinroubai_0041









 あぜの流れでアカガエルの卵を探しましたがまだ早かったようです。巻貝がいました。
17makigai_0032










 ショウジョウバカマの蕾
18syoujyoubakama_0033












 ツルリンドウの果実もたくさん残っていました。増えてくれるといいなぁ‥
19tururindou_0129



















 ヤブコウジも目につきました
20yabukouji_0039











 イヌツゲの木にイヌツゲメタマフシができていました。
21inutugemetamafushi_0043










 この塊を切り開くとイヌツゲタマバエの幼虫がいました。1匹は切り裂けてしまいました。合掌!
21inutugemetamafushi_008021inutugemetamafushi_0080ss












* * * 続く * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

冬の里山2

 1月下旬の里山の続きです。

 道脇のロウバイはまだ蕾が固い。
8roubai_0018









 まだ時期が早いと思いながらも株本を探して見つけたハランの蕾
9haran_0019t_w1












 残された柿の木の果実に集まるメジロ
10mejiro_0022









 赤みを増したシロダモの果実
11shirodamo_0024t










 目につく高さのフユイチゴは数が少ないが、奥の藪の中にはたくさん残っていました。
12fuyuichigo_0025










 ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の青い実が美しい
13jyanohige_0026










 地衣類:ジョウゴゴケかな?
14jyougogoke_0028










 これも地衣類らしいが、名前を特定できません・・・・
15chiirui_0029










* * * 続く * * *

| コメント (8) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

冬の里山1

 毎月通っている里山での観察会の今年最初の観察会(1月下旬)は、寒いながらも好天気で、参加者もスタッフを含めて10名とにぎわいました。

 民家のウメモドキの赤い実
1umemodoki_0006









 ナナミノキの果実もまだたくさん残っていました
2nanaminoki_0007











 その木の脇にはカラスウリの実。種子は打ち出の小づちに似ている…
3karasuuri_0008










 民家の庭の梅が咲き出していました
4ume_0010









 サネカズラの果実 完熟して赤黒くなっていました

5sanekazura_0012










 道脇に大スズメバチの遺骸が・・・
6oosuzumebachi_0015











 キョウチクトウの果実は珍しい。この個体はほぼ毎年結実しています。
7kyouchikutou_0016








* * * 続く * * *

| コメント (8) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

冬鳥観察会5

 1月中旬の冬鳥観察会の続きです。

 イカルチドリ
30ikaruchidori_0220









30ikaruchidori_0226










 ケリ 水を飲む姿は珍しいと思います
31keri_0236











 イソシギ
32isoshigi_0251










 セグロセキレイ
34segurosekirei_0277










 カワセミ
35kawasemi_0278









35kawasemi_0281










35kawasemi_0284










* * * 完 * * *

| コメント (8) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

冬鳥観察会4

 1月中旬の冬鳥観察会の続きです。

 キジバト
23kijibato_0132









 この日は寒くうっすらと氷が張っていました。
26koori_0136










 カワラヒワ
27kawarahiwa_0142











 アオジ
28aoji_0152











 ツグミ
29tugumi_0286










* * * 続く * * *

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

冬鳥観察会3

 1月中旬の冬鳥観察会の続きです。

 カワウ
12kawau_0073










 ヒヨドリ
13hiyodori_0078_w











 キセキレイ
16kisekirei_0097











16kisekirei_0099










 ジョウビタキ ♀
22jyoubitaki_0129








 ジョウビタキ ♂
22jyoubitaki_0287










* * * 続く * * *

| コメント (6) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

冬鳥観察会2

 1月中旬の冬鳥観察会の続きです。

 ヒドリガモ  上♂・下♀
7hidorigamo_0069










 オナガガモ ♂
8onagagamo_0043











 ハシビロガモ  上♂・下♀
9hashibirogamo_0119








 ハシビロガモ ♂
9hashibirogamo_0058











 スズメ
10suzume_0267











 キンクロハジロ ♀
11kinnkurohajiro_0083











* * * 続く * * *

| コメント (12) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

冬鳥観察会1

 1月中旬に開催された冬鳥観察会に参加しました。お子さま4名、大人9名、スタッフ8名の集団になりました。

 この日観察できたのは29種。すべてを写真にとることはできませんでしたが、撮れた野鳥を紹介します。

 ハクセキレイ
2hakusekirei_0011










2hakusekirei_0156










 カルガモ
3karugamo_0014










 アオサギ  水面に浮かぶ姿は珍しい。
4aosagi_0046








 ムクドリ センダンの実を食べに来ていました
5mukudori_0059










 ユリカモメ
6yurikamome_0034









6yurikamome_0054









* * * 冬鳥観察会は続きます * * *

+*+*+*+* 皆既月食 *+*+*+*+

 寒い中、皆既月食を観察しました。欠けるまでは雲も出ていなくて観察ができました。

00160024








 欠ける部分が増えると明るさが足りなくなってきます
0047









 皆既月食から元に戻るときは雲がかかって奇麗には見えませんでした。

| コメント (10) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

石清水八幡宮:4

 石清水八幡宮初詣の際に観察した植物です。

 サカキ 神事に使用されるので神社にはよく植えられているようです。果実がなっていました。
18sakaki_0078








 サカキの新芽は薙刀状(三日月状)になっている・・・
18sakaki_0080









 サザンカ 白い花もなかなか美しいと感じました。源氏ゆかりの神社だから白い花がいいですね。
19sazanka_0082









 宇宙桜 宇宙遊泳した種子が芽生えたものを挿し木して増やした1本
22ucyuuzakura_0093_w22ucyuuzakura_0094













 ロウバイ 男山ふもとの住宅街で出会いました
24roubai_0111












 木守柿 季語にもなっているようです 撮影していたら「珍しいですか?」と声をかけられてしまいました。不審者と思われたのか・・・
28kaki_0120











ふもとの竹やぶでジョロウグモ2匹と出会いました。春までは生き延びないようです。
26jyorougumo_011626jyorougumo_0119











* * * 完 * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

初雪

 各地の大雪情報が流れる中、住んでいる周辺では粉雪が舞っても積もることはなかったのですが、27日(土)の朝はうっすらと雪化粧でした。

 アガパンサスやオオツワブキの葉には雪が積もって葉っぱはすっかりしおれていました。
1agapansasu_0001








2ootuwabuki_0002











 昨年10月に蛹になったアケビコノハ。アケビの葉はすっかり落ちてしまっていますが、蛹の周囲の枯葉はしっかり残っていました。
3akebikonoha_00033akebikonoha_0004






3akebikonoha_00053akebikonoha_0006









 プリムラ・マラコイデスが咲き出していました。
4purimura_0007










* * * 完 * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

«石清水八幡宮:3