2018年7月19日 (木)

初夏の里山:8

 初夏の里山で出会った生き物たちの続きです。

 小さなオレンジ色のキノコ
141kinoko_0124











 ウマノアシガタ  別名:キンポウゲ
142umanoashigata_0133












 クモの巣にかかったウメエダシャク
143umeedasyaku_0136












 オオシオカラトンボ ♂
144ooshiokaratonbo_0208











 クララ
145kurara_0209











 モノサシトンボ
146monosashitonbo_0322












 ヒョウモンエダシャク(蛾)
147hyoumonedasyaku_ka_0290











 ウスノキ 食べられる果実
148usunoki_0220











 マダラアシナガバエ
149madaraashinagabae_0223









* * * 続く * * *

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

初夏の里山:7

 初夏の里山で出会った生き物の続きです。

 アレチハナガサ?
132arechihanagasa_0093t  




















 クサノオウ
133kusanoou_0099











 マメコガネ
134mamekogane_0105











 カモガヤ
136kamogaya_0108











 ウスタビガの繭
137usutabigamayu_0109











 シオヤトンボ♀

138shioyatonbo_0269










 ハラビロトンボ
139harabirotonbo_0117












 ヒメヨツバムグラ?
140himeyotubamugura_ka_0120











 タケカレハ(蛾)の繭
140takekareha_0135_2











* * * 続く * * *

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

初夏の里山:6

 初夏の里山で出会った生き物たちの続きです。

 サイハイラン
123saihairan_0068










 ママコナ
124mamakona_0070












 カワラマツバ
125kawaramatuba_0075






















 ホラシノブ?
121horashinobu_0065











 スイカズラ
126suikazura_0076  













 キキョウソウ  外来種ですので増えてほしくはない・・
127kikyousou_0077b











 ハエドクソウ
128haedokusou_0082












 ムラサキシキブ
129murasakishikibu_0085












 イチモンジカメノコハムシ
130ichimonjikamenokohamushi_0086












 ホタルブクロ
131hotarubukuro_0249












* * * 続く * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

初夏の里山:5

 ムシトリナデシコ
111mushitorinadeshiko_0037











 マツヨイグサ?
112matuyoigusa_0039w












 アカネ ただいま成長中です
113akane_0047












 ヤブカンゾウ 蕾

114yabukanzou_0049


















 ニガナ
115nigana_0050












 ウツボグサ
116utubogusa_0057












 コナスビ
117konasubi_0058












 ハキダメギク
119hakidamegiku_0061











 アブラムシと蟻
120aritoaburamushi_0062












 蜜を吸うのはアブ?
118abu_ka_0059











* * * 続く * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

初夏の里山:4

 先週は初夏の里山で出会ったチョウについて紹介しましたが、この観察会で出会ったその他の生き物たちを紹介します。

 ツバメは巣を壊されてもまた作り直していきます。多少の糞害には人間が耐えるべきだと思います。
101tubamenosu_0005











 今年生まれた若いツバメ。旅立ちまでに体力をつけるのでしょう。
103tubame_0020












 アジサイが満開でした。カタツムリもいましたが、熱いので閉じこもっています。
102ajisai_0009_2105katatumuri_0024_3










 ドクダミの花は1日1枚開くという話を聞いたことがあります・・・
104dokudami_0023











 アオツヅラフジの蕾
106aotudurafuji_0027











 ササグモ 暑くても葉の上で獲物を待つ・・・
107sasagumo_0028













 ホソムギ? ネズミムギ? 
108hosomugi_ka_nezumimugi_ka_0032












 ヒナギキョウ  外来ではなく国産?
109hinagikyou_0033












 コマツナギ  馬の手綱をつないでも抜けないからついた名前らしい
110komatunagi_0034











* * * 続く * * *

| コメント (6) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

初夏の里山:3

 初夏の里山でのチョウとの出会いの続きです。

 ツバメシジミ 撮影してみないと確信できないチョウです。
13tubameshijimi_1304_0273












 ウラギンシジミ  飛び回らないでとまってくれました。
14uraginshijimi_1512_0423













 モンキチョウの卵 運良く産卵を見た人がいました。よき向きの葉の上端の白い点がそうです。
15monkicyoutamago_1337_0286











 オオチャバネセセリ 早くも出会いがありました。
17oocyabaneseseri_1428_0333












 ルリシジミ  捕えるか撮影してみないと同定が難しい。
18rurishijimi_1505_0416













 クロアゲハ  アザミの花に次々と止まりました。撮影チャンスです。
19kuroageha_1433_0350_219kuroageha_1435_0366_219kuroageha_1436_0378_2











 ヒメアカタテハ この日はこの1頭だけ
20himeakatateha_1448_0396











 オオムラサキの羽根、タマムシの羽根が落ちていました。
21oomurasaki_1417_0417













* * * 続く * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

初夏の里山:2

 初夏の里山で出会ったチョウの続きです。

 モンシロチョウ 止まっているのはトウバナ?
7monshirocyou_1150_0137













 ツマグロヒョウモン♂
9tumagurohyoumon_1426__0331b











 モンキチョウ 花はヒメジョオン?
8monkicyou_1122_0102











 モンキチョウのラブコール 長々と続いて見とれてしまいました。
10monkicyou_1153_014410monkicyou_1154_0169_210monkicyou_1155_0201










 アカシジミ 翅模様がはっきりと見れました。
11akashijimi_1532_0438











 ヒカゲチョウ この日の出会いは少なかったです。
12hikagecyou_1214_0229
 











* * * 続く * * *

| コメント (10) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

初夏の里山:1

 毎月通っている里山の初夏の風情です。チョウとの出会いはいつもファンタジー、童心に帰れる瞬間です。

 ベニシジミ この日はベニシジミとの出会いが多かったです。
1benishijimi_1042_0053b












 ヤマトシジミ この日は出会いは少なかったです。
2yamatoshijimi_1026_0029













 ホシミスジ ホシミスジとの出会いは滅多にありません。
3hoshimisuji_1034_0042













 アゲハ ゼニアオイにとまってくれました。
4ageha_1035_0045

 










 ムラサキシジミ 運良く撮影できました。
5murasakishijimi_1119_0098b












 テングチョウ 頭上の葉に止まって翅の一部だけが見えます。
6tengucyou_1116_0090












* * * 続く * * *

| コメント (6) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

シジュウカラのヒナ

 デスクワークに追われて遠出のできない状態が続いていますが、孫の迎えになどで出たついでにちょっと気を付ければ以外と自然観察が楽しめます。
 ご近所の留守宅の雨戸の戸袋にムクドリが棲みついて、毎年子育てをしています。エサをくわえた親鳥が頻繁に電線に止まりますのでわかりやすいです。
 そんな折、ケヤキ並木で何やら野鳥が騒がしく鳴いているので何という鳥なのかと思って探しました。


 巣立ったシジュウカラのヒナに親鳥がエサを運んできていたようでした。
嘴がまだ黄色い(右側)
Shijyuukara_0001_2











 親から餌を受け取った幼鳥
Shijyuukara_0004













 ヒナを追いかけましたが、後姿しか撮影できませんでした。
Shijyuukara_0007












* * * 完 * * *

| コメント (8) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

オオキンケイギク

 ご近所のバス通りに、住民が手入れをしている花壇があり、季節ごとに花を観賞できる素晴らしい花壇があります。

 ところが、なんと特定外来生物法で栽培が禁止されているオオキンケイギクが咲いていました。
Ookinkeigikua_0010









 Ookinkeigikub_0014





















 花はまだ咲いていませんが、葉っぱを見ればオオキンケイギクと分かる小さな群生もありました。
Ookinkeigikucd_0016










 どなたも駆除されないのでやむを得ずお手伝い。芝生の中ですので小さな芽まで駆除できたのかわかりません。
 しばらくは監視を続けないといけません。

* * * 完 * * *

| コメント (12) | トラックバック (0)

«晩春の里山9