2017年12月16日 (土)

師走の市民の森1

 腰痛が再発してからは出歩くことが億劫になりましたが、翌日からは寒気到来の予報を聞いて出歩くならこの日と決めていつもの市民の森までの散策をしました。
 ボランティアが管理しているバス通りの花壇は通行人の目を和ませてくれます。

 3週間前から咲き続けるリコリス。まだまだ元気に咲いていました。
1rikorisu_0001











 小型のリコリスもまだ頑張って咲いていました。
1rikorisu_0004












 スイセン 品種名は?
2suisen_0003












 ランタナ 寒さに耐えながらも元気な姿を見せていました。
3rantana_0005












 オレンジ色の小さな果実はフユサンゴでしょうか?
4fuyusango_0007










* * * 続く * * *

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

師走のボランティア

  冬本番を感じさせる師走になって、ボランティア活動が続きました。

 大阪市内のあるマンションで行われた子ども会のクリスマス会で、リースづくりを手伝いました。

 _0003_2









 子どもたちの作品です。
_0006










_0007










  翌日は春から続けてきた稲づくりの仕上げです。稲刈りをしたのち脱穀・精米が少し残っていたので子どもたちにそれらを体験してもらいました。

フォークや牛乳パックを使って脱穀
8tesagyou_0031_z1










8tesagyou_0032_z1










手作業の籾摺り
6momisuriita_0037_z1











 ’とうみ’を使う体験・・
4toumi_0047_z1










 今年は、もち米、うるち米、それぞれ約100Kgの収穫だったようです。


* * * 完 * * *

| コメント (8) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

やじろべえトンボ

 知人から竹細工のやじろべえトンボをいただきました。頭部しかも口だけで全身を支える竹トンボです。そのデザインの奇抜さに驚きました。
2taketonbo_0008








2taketonbo_0006











 これを真似て紙で作れないか挑戦してみました。竹ひご、折り紙、厚紙、ドングリと手元にある材料を使いました。バランスをとるために板おもり(鉛板)をはね先につけました。
1akatonbo_0004








1akatonbo_0001



















 両方を並べてみました。台は四角柱のコルク材のようなものを買い求めました。
3tonbo2hiki_0010











* * * 完 * * *

| コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

晩秋の市民の森:2

 市民の森のドウダンツツジが見事に紅葉していました。前日の風雨は影響なかったようです。
9doudantutuji_0043










9doudantutuji_0071











モクレンの黄葉
11mokureb_0057











ケヤキの黄葉
14keyaki_0079












 鏡伝池にそそぐ小さな溝に生えていたしだがホウライシダと知りました。
10houraishida_0044













 帰り道、バス通りの花壇に咲いていた赤い花はリコリスかなぁ・・・
2rikorisu_0005










2rikorisu_0009









* * * 完 * * *

| コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

晩秋の市民の森:1

 雨風が強かった翌日に植物園を訪れるといろいろなものが落ちているので訪れるには好都合と教えていただいたことがあります。
 紅葉した葉っぱを拾って押し葉にしておくといろいろな工作の材料になります。秋に拾っても押し葉が使える状態になるには数か月後です。
 朝方まで雨が降っていましたが観察会の予定が流れたので、久しぶりに市民の森を訪れました。

 ジョウビタキ
1jyoubitaki_0012












 市民の森の鏡伝池にはカルガモが多数来ていました。
3karugamo_0014











 珍しくオナガガモ♂が1羽いました。
7onagagamo_0022











 カイツブリが二羽。つがいでしょうか、色合いが違います。
5kaituburi_0021











 マガモ♂も1羽いました。
6magamo_0025












 オナガガモ、マガモ、カルガモの3匹がそろって飛び立ち、池上をぐるぐると飛び回った後、飛び去って行きました。
8kamo_sanba_0033











 コサギが舞い降りてきました。
12kosagi_0059











 オオバンが1羽いました。
13ooban_0073











 あいにくとカワセミとは出会いがありませんでした。
 落ち葉は、モミジ、ハウチワカエデ、トウカエデ、イチョウ、モクレン、サクラ、タイサンボクなどを拾いました。


* * * 続く * * *

| コメント (8) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

11月晩秋の里山:6

 晩秋の里山の続きです。
 コバネイナゴ
14kobaneinago_0083









 オオハナアブ
18oohanaabu_0038








 コカマキリ
22kokamakiri_0047










 ナメクジ ラブラブ真っ最中のようです…
62namekuji_0165










 ヤブキリ??
64yabukiri_ka_0171














 クビキリギス??
70kubikirigisu_ka_0187












* * * 完 * * *

| コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

11月晩秋の里山:5

 晩秋の里山の続きです。
 ツタの紅葉
12tuta_0024









 カキノキの紅葉
28kakinoki_0152









 ハゼの紅葉
37haze_0112










 コシアブラの黄葉
53koshiabura_0141












 ヤマコウバシの黄葉 春まで葉は落ちないから受験生のお守り・・・
54yamakoubashi_0149










 ウワズミザクラの黄葉
55uwazumizakura_0151











 イチョウの黄葉
67icyou_0177




















* * * 続く * * *

| コメント (12) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

11月晩秋の里山:4

 晩秋の里山の続きです。
 
 ソヨゴ・果実
33soyogo_0064










 カマツカ・果実
34kamatuka_0066
 
 










 ガマズミ・果実
51gamazumi0130
 
 









 トキリマメ
66tokirimame_0175
 
 











 ヤブコウジ
32yabukouji_0063
 
 












 キッコウハグマ
35kikkouhaguma_0068
 
 












 フユノハナワラビ
44fuyunohanawarabi_0104
 
 



















* * * 続く * * *
 

| コメント (8) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

11月晩秋の里山:3

 晩秋の里山の続きです。
 シロダモ 果実と花が同時期に楽しめる樹です。(写真は別々の樹です)
20shirodamo_0045









20shirodamo_0144












 サルトリイバラの果実が真っ赤に熟しています。
21sarutoriibara_0046











 その近くにはひっそりとヒサカキの果実が・・・
23hisakaki_0048












 カラスウリの果実は所々で見れました・・・
25karasuuri_0051





















 ヤブムラサキの果実も色濃くなっていました
27yabumurasaki_0053











 ツルリンドウの果実もしっかり色づいていました。
31tururindou_0061











* * * 続く * * *

| コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

11月晩秋の里山:2

 晩秋の里山の続きです。

 集合時間より少し早めに到着。バスを降りてすぐの歩道上にオレンジ色の蛾がじっとして動かないので生きているのか判断に迷いましたが、とりあえず撮影。
10usutabiga_0012









 触角が奇麗でした。
10usutabiga_0014











 斑紋が透き通って奇麗でした。他のメンバーが到着し、ウスタビガと教えてもらいました。
10usutabiga_0020











 ホトケノザ 春の花と図鑑には載っていますが、晩秋から咲き始めるようです。
11hotokenoza_0023












 春の花・ブタナがまだ咲いていました。
15butana_0032












 秋の花・ヤクシソウ
16yakushisou_0033










 秋の花・コウヤボウキ
17kouyabouki_0035












* * * 続く * * *

| コメント (8) | トラックバック (0)

«11月晩秋の里山:1